『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 見たことのない映像/どこかで見た映像

 『レオン』『グレート・ブルー』などのリュック・ベッソンの最新作。
 原作はピエール・クリスタンとジャン=クロード・メジエールによるバンド・デシネ『ヴァレリアンとローレリーヌ』。

リュック・ベッソン 『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 主人公ヴァレリアン(デイン・デハーン)とその相棒ローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は少年・少女みたいな雰囲気だった。

 冒頭、デビッド・ボウイの「Space Oddity」に合わせ、1975年のアポロ号のカプセルとソ連のソユーズとのドッキングする実際の映像が登場する。それから時代は流れに流れ、様々な種類のエイリアンたちと人間たちが握手する様子が描かれる。そして、その後のパール人の惑星の見たこともない映像へと続いていくあたりはなかなか快調で、ここまでほとんど台詞らしい台詞もなく映像だけで見せていく。(*1)
 どこかの政府の連邦捜査官という肩書きの主人公ヴァレリアン(デイン・デハーン)とその相棒ローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)のやり取りは賑やかで、ラブコメ風の味わいもある。SF的ガジェットも盛りだくさんで、拡張現実の世界での鬼ごっことか、巨大なエネルギー入っている真珠とか、何でもコピーしてしまう生き物など、その設定が十分に活かされているとは思えないけれど、とにかく色々と詰まっていて楽しめる作品となっている(やや上映時間が長いけれど)。

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 パール人の惑星の場面は究極のリゾート地みたいな風景が広がっている。

 先ほどは“見たこともない映像”などと書いたのだけれど、その一方でどこかで見たことのあるように感じられる部分も多々ある。原作であるバンド・デシネ(フランス語圏の漫画)『ヴァレリアンとローレリーヌ』は、あの『スター・ウォーズ』にも影響を与えた作品と言われているらしく、確かに『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』に登場するクリーチャーは、『スター・ウォーズ』のそれとよく似ているのだ。
 実際には『スター・ウォーズ』がその漫画から掠め取っていたとしても、「先にやった者勝ち」のところもあって、世界的に有名になったのは『スター・ウォーズ』のほうが先だから、『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』はその亜流のようにも見えてしまう部分はある。金をかけているだけあってパール人の惑星の映像は見事なのだけれど、パール人自体は『アバター』の影響も明らかだし、リュック・ベッソンは自分が子供のころに夢中になった漫画を純粋に映画化したいという一心だったのかもしれない。
 とにかく物語などあって無きが如しで、ビジュアルがすべてという作品。相棒ローレリーヌの危機に際し、ヴァレリアンはそんなことを忘れたかのように、リアーナ演じるバブルのポールダンスを堪能するという脱線ぶり。しかもその脱線のほうが本筋よりもおもしろかったりもするから困ったもの。そう言えば『フィフス・エレメント』でも、本筋ではない宇宙人のオペラのシーンが一番印象に残っている。これもリュック・ベッソンらしいと言えるのかもしれない。

(*1) 『最後の戦い』というベッソンの長編デビュー作品は、全編台詞なしの作品だった。個人的にはこの作品がベッソンのなかでベストなんじゃないかとも思う(観てない作品も多いけれど)。若かりし頃のまだ洗練されてない感じのジャン・レノも登場する。

ヴァレリアン (ShoPro Books)


最後の戦い [DVD]


フィフス・エレメント [Blu-ray]


フィフス・エレメント [Blu-ray]


リュック・ベッソンの作品
Date: 2018.04.04 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

『素敵なダイナマイトスキャンダル』 思いも寄らぬ人生

 『南瓜とマヨネーズ』『ローリング』などの冨永昌敬の最新作。
 「ウイークエンド・スーパー」「写真時代」「パチンコ必勝ガイド」といった雑誌の編集長として知られる末井昭。彼の自伝的エッセイ『素敵なダイナマイトスキャンダル』がこの映画の原作となっている。

冨永昌敬 『素敵なダイナマイトスキャンダル』 ダイナマイトで爆発する母親を演じた尾野真千子。撮影は月永雄太。

 この作品は末井昭の半生を追うクロニクル(年代記)である。と同時に、70年代初めから80年代の終わりという昭和の風俗史を描いたものでもある。このころの写真雑誌業界には荒木経惟がいて、そのほかにも南伸坊、赤瀬川源平、嵐山光三郎などのサブカル業界では名前を知られた人がうろちょろしていたらしい。映画のなかでも荒木経惟をモデルにした荒木さんというカメラマン(演じるのは菊池成孔)が登場したり、実在の誰かをモデルとしたらしき風変わりな人々が顔を揃える(嶋田久作が演じたダッチワイフ職人のキャラがいい)。
 もちろん末井自身も色々逸話を持つ人物だ。タイトルのダイナマイトというのは“ものすごい”を意味する形容詞ではない。末井昭という人の母親は、実際にダイナマイトで自殺したのだという。しかも隣人の不倫相手と一緒に。山奥の小さな村にとってはとんでもないスキャンダルで、末井の家族は村のなかで白い目で見られることになる。そんなこともあってか、末井は東京に出て働くことになり、紆余曲折を経てエロ雑誌業界で生計を立てることになる。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』 末井昭(柄本佑)は浮気相手・笛子(三浦透子)との逃避行に。

◆思いも寄らぬ人生
 おもしろいのはこの作品が「写真時代」「パチンコ必勝ガイド」といった雑誌を世に送り出した男のサクセスストーリーとは違うということだろうか。最初はデザインに興味を持った末井(演じるは柄本佑)は、デザイン系の学校に通い、自らの情念を表現したいといきり立つ。そのころ知り合った近松(峯田和伸)とは朝まで芸術論を語り明かしたりもする。
 そんな末井がエロ雑誌業界へと紛れ込むのは成り行き上で、ピンサロの看板描きの仕事からの人とのつながりによる。与えられた仕事をそれなりにおもしろがってやっていたら、いつの間にかに編集長にまでなり、30万部もの部数を記録するまでになってしまう。
 ただこの成功が末井の望んでいたもので、その仕事が彼にとっての自己表現だったのかというと、そうではないのだろうと思う。末井は成功を手にすると現実逃避的に浮気に走ったりもし、それと同時にわけのわからない行動も増えてくる。投資に大金をつぎ込んで散在してみたりするのはわからなくもないけれど、猥褻物を取り締まる警察官(松重豊)とのやりとりは官憲をおちょくってるようにすら見えるし、小銭をばら撒きながら街を徘徊する様子はちょっと狂気めいているのだ。表現者を目指していた人がいつの間にかそれを諦めたということなのかもしれないのだが、末井の姿には空虚ささえ感じられるのだ。
 考えてみれば末井の周囲の人々も、それぞれに思いも寄らぬ場所にたどり着いている。末井の妻・牧子(前田敦子)はペット相手に寂しさを紛らわす主婦となり、浮気相手・笛子(三浦透子)は精神を病み自殺未遂をする。夢を語り合った近松ですら、自分で描いたポスターのことを忘れてしまっている。そして何より末井の母親(尾野真千子)は、ダイナマイトで心中するという思いも寄らぬ最期を迎えたのだ。

 この作品では、昭和40年代後半から、末井が「パチンコ必勝ガイド」を出版する昭和63年までの約30年間が描かれる。上映時間は138分と結構長いし、時代を順に追っていくという構成はのんべんだらりとした印象を与えるかもしれない。前半はそんなところもあるのだけれど、後半になり浮気相手との逃避行でどこかの湖畔に「夢のカリフォルニア」が流れるあたりからちょっと趣きが変わる。夢は破れ――というよりどこかに雲散霧消し、もの悲しさみたいなものが感じられるようになってくる後半がとてもいい。末井が扱いに困っていた母親のダイナマイト心中も、最後には笑い話のように語ることができるようになり、同時に結核を病み医者からも見放され、ふたりの子供を残して死ぬことになった母親の心残りをも感じさせるのだ。
 もっとも実在の末井昭本人がそんなことを考えたかどうかはわからない。ただこの作品で脚本・監督を務めた冨永昌敬の構成した末井という人の半生の物語はそんなことを感じさせるのだ。末井は空っぽなのかもしれないのだけれど、空っぽだからこそ時代の空気を読むことに長け、エロ雑誌が廃刊になってもめげることもなく新しい鉱脈(パチンコ)を見つけ出してくる。そこにほかの人にはない才能とかエネルギーがあることは確かなんだろうと思う。それでもやはりとらえどころのない人という印象は変わらないけれど……。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』 末井の妻・牧子(前田敦子)の後年の姿。最初はもっとかわいらしい姿で登場する。

◆昭和の女たち
 南伸坊曰く「ボーヨーとした人物」であるという末井昭。そんなつかみどころがない人物を、やはりつかみどころがないままに演じてみせた柄本佑もいい味を出しているけれど、彼を取り巻く女性陣も印象に残る。
 妻役となる前田敦子はかわいらしいツインテールで登場するものの、寂しい主婦と成り果てるまでを演じている。仕事などで家に寄り付かない末井に、「あなたがいない間、私が何してるか考えたことある」と問いかける場面が結構怖い。
 愛人役の三浦透子『私たちのハァハァ』では女子高校生役だった人。あのときもちょっと狂気っぽい役だったけれど、この作品では精神病院に入院するほどになってしまう。退院した後に末井の職場に姿を現したのは、一体何を求めてのことだったのだろうか。自殺未遂で身体に残った傷痕を見せにきたわけではないと思うのだけれども、末井の見せるやさしさもホテルに行くことだけというあたりもどこかもの悲しいエピソードだった。
 荒木さんの「芸術だから」という口車で裸になる女性たちを尻目に、浴衣をちょっとはだけただけの末井の母を演じた尾野真千子が一番艶っぽい。母親の登場シーンは回想だからか、尾野真千子にセリフはまったくない。その代わりにエンドロールで主題歌「山の音」(音楽の担当は菊地成孔小田朋美)で歌声を聴かせてくれている。しかもデュエットの相手は末井昭本人。この曲がとても素晴らしく、ふたりの歌声が作品を見事に締めくくっている。



素敵なダイナマイトスキャンダル (ちくま文庫)



「素敵なダイナマイトスキャンダル」オリジナル・サウンドトラック


Date: 2018.03.25 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (2)

『時間回廊の殺人』 ホラー映画に付け加えたスパイス

 監督は『マッド・ドライバー』などのイム・デウン
 主人公ミヒには『シュリ』などのキム・ユンジン。チラシなどでは主人公と同じ扱いだけれど、実際には脇役の神父を演じるのはオク・テギョン(韓国のアイドルグループ2PMのメンバー)。

『時間回廊の殺人』 


 ※ 以下、ネタバレもあり!

 映画はいきなり事件の真っ只中から始まる。何者かが自宅に侵入し、主人公のミヒ(キム・ユンジン)の夫と長男を殺したというのがそのあらましなのだが、ミヒは訳もわからぬままに殺人事件の犯人として逮捕されてしまうことになる。25年後、仮釈放で自宅に戻ったミヒだが、自宅には何者かの気配が感じられ……。

 郊外の一軒家を舞台にしたホラー映画。冒頭からなかなかビックリさせるこけおどしも盛りだくさん。夫は死に、長男も消えたはずの自宅には、何やら蠢くものがいる気配がするはその家に憑いた地縛霊のようなものなのか。
 霊に対抗するためにはということで登場するのが、『哭声/コクソン』でも登場していた祈祷師。『時間回廊の殺人』の祈祷師は普通の人とのコミュニケーションすら不可能なようで、仲立ち役みたいな人まで付いている。出番は少ないのだけれどほとんど顔芸だけ不気味さを演出していてインパクトあり。途中では日本との因縁もあったりして、ごった煮のように色々と詰め込んだ作品となっている。
 ミヒには夫を殺したという記憶はないし、消えてしまった長男はどこへ行ってしまったのか。そのあたりはラストで一気に謎解きして見せる。それまでの伏線もきれいに回収され、母の愛を感じさせるという展開もエンターテインメントとしてまとまっていたと思う。
 惜しむらくは邦題がネタバレになってしまっていることだろうか(実際には邦題に惹かれて劇場まで足を運んだわけなのだけれど)。英題は「House of the Disappeared」となっている(「失踪者の家」だろうか)。どうやら韓国語のタイトルには“時間”という言葉が入っているようなので、邦題も原題通りなのかもしれない。そんなわけで邦題にある通り、この作品はホラー映画にタイムリープものを掛け合わせたものなのだ。これ以上は言わないけれど、タイムリープものが好きな人はそれなりに楽しめるんじゃないだろうか。

追記:調べてみると元ネタがあったようで、ベネズエラ映画の『マザーハウス恐怖の使者』のリメイクなんだとか。ベネズエラ映画ってところがちょっと惹かれる。

マザーハウス 恐怖の使者 [DVD]


Date: 2018.03.19 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』 笑えないコメディ

 『ロブスター』『籠の中の乙女』ヨルゴス・ランティモスの最新作。
 カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した作品。
 タイトルはギリシャ神話に基づいているなどとも言われているけれど作品内に説明はないし、公式ホームページにも特段の記載はない。

ヨルゴス・ランティモス 『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』 影絵のようなバリー・コーガンがこの作品の主役と言えるかもしれない。=


 心臓外科医のスティーブン(コリン・ファレル)は、眼科医の妻アナ(ニコール・キッドマン)とふたりの子供を持ち、悠々自適な生活を送っている。そんなスティーブンはこっそりマーティン(バリー・コーガン)という青年と会っている。マーティンとスティーブンの関係は一体?

 ふたりの関係性に妙なあやしさを感じていると、実は想像しているようなものではなくて、マーティンはスティーブンが担当した患者の息子だったことがわかってくる。その患者だった男は、スティーブンの手術を受けたあとに死亡した。そんなわけで父なし子となったマーティンに対し、スティーブンは負い目があるのだ。スティーブンがマーティンを家族に紹介すると、家族に不思議なことが起きるようになる。
 スティーブン家の誰かひとり犠牲にならなければならない。そんなことをマーティンは語る。最初に足が萎え、次第に食欲を失い、目から血が出て、最後に死に至る。そしてその犠牲者はスティーブンが選ばなければならない。そんなルールがマーティンから告げられることになる。

『聖なる鹿殺し』 長女のキムを演じるのはラフィー・キャシディ。足が萎えてしまった状態。

 ヨルゴス・ランティモスの作品では、独自のルールが設定される。『籠の中の乙女』では子供たちを守るため外界との接触を絶ち、犬歯が生え変わらなければ外に出ることができないとされた。『ロブスター』では独身者は動物にされてしまうという奇妙なものだった。
 『聖なる鹿殺し』ではマーティンが黒魔術でも使ったのか否かはわからないけれど、とにかく独自のルールが設定されるとそれは堅固なものとなる。スティーブンがマーティンの父親を医療事故で殺してしまったために、スティーブン家には呪いがかけられたのような事態が生じるのだ。家族がひとり減ったから、相手の家族からもひとり減らす。これは「目には目を、歯には歯を」的なルールと言える。これについては社会学者の宮台真司の簡潔な説明がわかりやすい。

 原初的な社会では民衆が司法に参加していました。血讐原理といいます。自分の部族の者が殺されたら相手方の部族を殺し返すこと。これは権利であると同時に義務です。報復しないと、対抗意思を表明しなかったので権利を放棄したと見做されるからです。


 この血讐原理で言えば、マーティンの家族はスティーブンに父親を殺されたわけだから、スティーブンの家族をひとり殺さなければならないということになるわけだ。
 一応マーティンはその前段で別の方法も検討している。スティーブンを父親としてマーティン家に迎えるという方法だ。スティーブンが妻アナと子供たちを棄て、マーティンの母親(アリシア・シルヴァーストーン)のパートナーなることを受け入れれば、スティーブン家の誰かが犠牲になることもなかったということなのだろう。マーティンは不気味な存在だけれど、意外と配慮があるのだ(だからこそ自分の行動を“正義”とまで言うことができるのだろう)。
 それでもスティーブンは自分の家に戻ることを選択したことで、マーティンのルールが発動することになる。最初は色々と足掻いてみるものの、そのルールが堅固なものであることが判明すると、犠牲になりたくない家族たちは延命のためにスティーブンに擦り寄っていく。その必至さが滑稽だった。この作品はコメディなのだ。
 ラストは運を天に任せたとも言えるわけだけれど、スティーブンは自分を犠牲にすることをまったく考慮に入れていないあたりがかなりブラックな味わい。アナが言う通り子供はまたつくればいいということなのかもしれないけれど、コメディとはいえちょっと笑えない話だった。

 ものすごいことを仕出かすわけではないのに観客を不安にさせるバリー・コーガンがいい味を出していた。『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』でも共演しているコリン・ファレルニコール・キッドマンは脇に回った印象だけれど、どちらも真っ裸になって奮闘してもいる。長女のキムを演じるのはラフィー・キャシディで、彼女は『トゥモローランド』で美少女ターミネーターみたいな役柄だった子。そのラフィー・キャシディがアカペラで歌うポップミュージックすらなぜか不気味なものに聴こえてくるような作品だった。

籠の中の乙女 [DVD]


ロブスター スペシャル・プライス [Blu-ray]


ロブスター スペシャル・プライス [DVD]


Date: 2018.03.13 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)

『シェイプ・オブ・ウォーター』 様々な愛の形

 『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』などのギレルモ・デル・トロの最新作。
 アカデミー賞では作品賞・監督賞など4部門を受賞した。

ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター』 アカデミー賞作品賞を受賞した作品。きれいなグリーンの色合いが印象的。


 政府の研究施設で清掃員として働くイライザ(サリー・ホーキンス)は、アマゾンの奥地から連れてこられた不思議な生き物を目撃し、それに興味を抱く。その生き物は施設の研究材料とされ、警備主任のストリックランド(マイケル・シャノン)はそれを目の敵にしていた。

 半魚人のような生き物と人間の女性の恋物語。そんなふうに要約すると聞こえはいいのだけれど、ディズニーの『美女と野獣』のようなおとぎ話とは趣きが異なる。ギレルモ・デル・トロは『美女と野獣』のラストが気に入らなかったようで、野獣がハンサムな王子様に戻ってしまったら意味がないじゃないかと考えているようだ(「見た目なんか関係ない」って話だったはずだから)。
 『シェイプ・オブ・ウォーター』では半魚人は半魚人のまま女性と愛し合うことになるわけだけれど、人間の側のイライザもお姫様というわけではない。イライザは夜勤で働く中年女性で、夜になると目覚め、朝方仕事から帰ってくるという生活をしている苦労人なのだ。しかも目覚めたあとには風呂で自慰に耽るのを習慣にしている。そんなわけでディズニー作品の主人公とは相容れないようなキャラクター造形なのだ。

イライザ(サリー・ホーキンス)は半魚人と恋に落ちる。

 私自身はモンスター映画には不案内なので、『シェイプ・オブ・ウォーター』の半魚人を最初に見たときは何となく『河童』(石井竜也監督)のクリーチャーを思い出したのだけれど、実は『シェイプ・オブ・ウォーター』には元ネタがあって『大アマゾンの半魚人』からかなりインスパイアされているようだ。モンスター映画がアカデミー賞作品賞というもの珍しいような気もするけれど、エメラルドグリーンの色合いが印象的な水中撮影は見事だったし、セットなどの美術造形も凝っているところが評価されたということなのだろう。
 ギレルモ・デル・トロが子供のころに観た『大アマゾンの半魚人』が出発点だったとしても、それだけではかなりマニアックな作品というだけになりそうなものだけれど、この作品では主人公イライザの部屋の下が映画館となっていて、古い映画への目配せもある。イライザは生まれ持った声帯の傷のために言葉をしゃべることができないという設定で、その相手となる半魚人も人の言葉を解しないために、サイレント作品のような雰囲気も持ち合わせている。それからイライザの周囲には、ゲイの画家ジャイルズ(リチャード・ジェンキンス)とか、黒人の同僚ゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)など、マイノリティの人たちを配置して多様性にも配慮しているようなところもある。そんなあれこれひっくるめてアカデミー会員にウケたということなのかもしれない。
 個人的な感想を言えば、芸術点が高いのはもちろんわかるのだけれど、なぜかあまり琴線に触れなかったというのが正直なところ(アカデミー賞を争った作品のなかでは『スリー・ビルボード』のほうが好み)。半魚人に対する思い入れというものに欠けるからだろうか。
 一方で主役のイライザを演じたサリー・ホーキンスはとてもよかった。『ハッピー・ゴー・ラッキー』などでも白痴すれすれの無垢さを感じさせる人で、イライザにもストリックランドに虐待される半魚人を放っておけないという人のよさが感じられた。それが男女(?)の行為にまで発展していくところも無垢さがあればこそということだろう。タイトルは“水の形”とされている。水は入れ物次第でどんな形にでもなるわけで、それと同様に愛にも様々な形があるということなのだろう。

大アマゾンの半魚人 (2D/3D) [Blu-ray]


大アマゾンの半魚人 [DVD]


河童 デジタルリマスター [DVD]


ハッピー・ゴー・ラッキー [DVD]



ギレルモ・デル・トロの作品
Date: 2018.03.09 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)
プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR