ソダーバーグ監督 『マジック・マイク』 昼の世界と夜の世界

 引退を表明したスティーブン・ソダーバーグ監督の作品。今年は、この『マジック・マイク』のほかにも『サイド・エフェクト』『恋するリベラーチェ』と、3本のソダーバーグ作品が日本で公開された。『マジック・マイク』は8月に劇場公開され、12月20日にDVDがリリースされた。
 出演はチャニング・テイタム、アレックス・ペティファー、マシュー・マコノヒー、コディ・ホーンなど。

『マジック・マイク』 個性豊かなキャラ。左からアレックス・ペティファー、マシュー・マコノヒー、チャニング・テイタム

 ヒッチコック流サスペンスを見せてくれた『サイド・エフェクト』マイケル・ダグラスの熱演が見事だった『恋するリベラーチェ』は、きらびやかな芸能の世界でのゲイ・ムービー。そして、この『マジック・マイク』は男性ストリッパーの話だが、予告編にあるようなサクセスストーリーというよりは青春映画といった印象。多彩な3作だが、個人的な好みとしては『マジック・マイク』が一番よかった(特段、男性ストリップが好みなわけではないが)。


 主人公マイク(チャニング・テイタム)は夜には“マジック・マイク”と呼ばれるストリッパーだが、昼には起業家としての顔を持ち、将来は手作り家具の商売を目論んでいる。ストリッパーは起業のための資金集めの手段でしかない。ある日、マイクは19歳のアダム(アレックス・ペティファー)と出会い、ストリップ・クラブの仕事を紹介する。アダムは姉ブルック(コディ・ホーン)と同居しているニートみたいなものだが、ストリップの仕事をするようになって次第にその世界にはまっていく。


 “昼の世界”と“夜の世界”。マイクはその世界の違いを弁えている。というよりも30代のマイクには、ストリップで女性客を沸かせ、その後3Pを楽しむような放蕩生活には限りがあることを知ってしまっているのかも。ストリップ・クラブの経営者ダラス(マシュー・マコノヒー)には“夜の世界”で生きていくという決意があるが、マイクはそうではない。だから、朝が来れば「確かな人生がほしい」と陽の光の下を起業家として活動したりもする。どこかで真っ当な世界への憧憬を捨てきれないようなのだ。マイクがたまたまその世界に引き込むことになってしまったアダムは、もしかすると“夜の世界”から抜け出せなくなってしまう側の人間なのかもしれない(はたまた、マイクと同じような経緯を辿って“昼の世界”に回帰するのかもしれない)。

ソダーバーグ監督 『マジック・マイク』 黄色い色調の“昼の世界”

 昼の場面は、フロリダの太陽で灼かれたかのような黄色い色調に統一されている。ちなみにフィルターを使ったこの撮影もソダーバーグが担当している。この手法は『トラフィック』でも3つのエピソードを区別するのにうまく活用されていた。“昼の世界”に憧れるマイクは、アダムの母代りの姉ブルックに好意を抱くが、ブルック家のシーンでは照明の影響で夜でも黄色系の暖かい印象になっている。
 ソダーバーグの演出はそつがなく、様々なアクションを同時に処理して過不足がない。たとえばタンパでの最後のショーの場面。マシュー・マコノヒーが尻を丸出しで女たちに揉みくちゃにされているのと同時に、“昼の世界”への逃走を図るマイクが描かれ、マイクが明け渡した“夜の世界”のメインアクトに登りつめるアダムも姿までもしっかり押さえているのだ。
 これはどちらもひとつの達成であり、それがその場限りのものに過ぎないとしても、後味は悪くない。マイクが“夜の世界”を捨て朝食愛好家のブルックのもとに走るラストは、ベタなラブシーンだけれどちょっとにんまりさせる。

 主役の“マジック・マイク”を演じるのは、『サイド・エフェクト』にも出演していたチャニング・テイタム。『マジック・マイク』のアイディアは、チャニング・テイタムが若い頃の経験を基にしているのだという。『サイド・エフェクト』ではあっけなく殺される犠牲者役だったが、この作品でのストリップ=ダンスシーンでは、身体能力の高さを発揮して圧倒的なパフォーマンスを見せている。それから『ペーパーボーイ』でもびっくりさせたマシュー・マコノヒーは、この作品でもエロ担当といった感じで、女性サービスに徹している。とはいえ、ストリップシーンはなかなかどぎつい部分もあるので、微笑ましかった『フル・モンティ』なんかよりはターゲットが狭いようにも思えなくもないが、アメリカでは女性客に大人気だったらしい。

マジック・マイク DVD


ソダーバーグの作品
関連記事
スポンサーサイト
Date: 2013.12.31 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>マジック・マイク from 象のロケット
アメリカ・フロリダ州タンパ。 自称・青年実業家のマイクは、ストリップダンサーとしてクラブ“エクスクイジット”のトップに君臨してきた。 19歳の青年アダムは、マイクに誘われてクラブの舞台に上がりたちまち人気者となるが、アダムの真面目な姉ブルックは弟がストリッパーになると知り衝撃を受ける。 マイクはそれまで付き合ったことのないタイプのブルックに惹かれていくのだが…。 セクシー・コメディ。  >READ

2014.01.02

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR