『愛しのフリーダ』 ある女性のちょっと特別なビートルズの想い出

 ザ・ビートルズの秘書だったフリーダ・ケリーという女性が、初めてビートルズについて語ったドキュメンタリー。監督はライアン・ホワイト

『愛しのフリーダ』 当時の写真。リンゴとジョージに挟まれているのがフリーダ。

 “5人目のビートルズ”という呼ばれる人がいる。もちろんビートルズは4人だ。ジョン・レノンポール・マッカットニーリンゴ・スタージョージ・ハリスンが正式メンバーで、5人目は存在しないのだが、ビートルズに非常に近い立場にある人物がそんなふうに呼ばれることがある。
 有名なのはジョージ・マーティンで、プロデューサーとして音楽面でビートルズを支えた。この映画にも登場するマネージャーのブライアン・エプスタインもそのひとりで、ビートルズが世界的な成功を獲得するための戦略面で大きな役割を果たした(たとえば野暮ったい皮ジャン姿から、スマートなスーツにイメチェンした)。ほかにも『バック・ビート』という映画でメインのキャラクターにもなった、元メンバーのスチュワート・サトクリフも“5人目のビートルズ”と呼ばれることがある。
 この『愛しのフリーダ』の主人公フリーダが“5人目のビートルズ”と呼ばれたわけではないが、ビートルズと近いところにいたという意味では負けていないかもしれない。フリーダはブライアン・エプスタインの秘書として、またファンクラブの会長として、ビートルズ結成前から解散に至るまで、彼らと一緒にいた。映画のなかでは、フリーダとビートルズのメンバーそれぞれの家族との写真が登場する。フリーダは彼らの妹的存在として可愛がられたようだ。

 リアルタイムのファンではない私はまったく知らなかったが、当時はポールとの根も葉もない噂をゴシップ紙に書かれたりして話題になったこともあるらしい。だから一部の人には知られていたのかもしれないが、音楽には相当詳しいはずの音楽評論家ピーター・バラカンもフリーダのことは知らなかったようなので、ビートルズファンの間でもそれほど一般的な名前ではないのかもしれない。それでもフリーダがビートルズのすぐ側にいたのは、映画で使用される当時の写真でよくわかる。
 そんなフリーダだからうまく立ち回れば一財産稼ぐことも夢ではなかったのだが、彼女は今までほとんどビートルズについて語ることはなかったようだ。それは「わずかなお金で魂を売る気はない」という誠実さなのだが、その誠実さはビートルズへの限りない崇拝があるからだろう。フリーダはビートルズのキャバーン・クラブでのライヴに足しげく通っていた。300回近く行われたライヴのうち、フリーダは190回以上も見ているというのだから筋金入りのファンなのだ。今でもビートルズへの崇拝はそのままで、彼らへの配慮からかこの映画も内幕暴露的な話題はない。「メンバーの誰かとデートしたのか」なんて質問は、笑いながらはぐらかしてしまう。
 だからこの映画にビートルズについての隠された真実なんてものを求めるとしたら、何も得られないだろう。フリーダがこの映画に参加するきっかけになったのはごく個人的なことであり、今まで子供たちにもあまり語っていなかったビートルズとの交流を孫に伝えたいということなのだ。その意味で非常に個人的な想い出の域を出ないと言ってもいい。
 ただフリーダのいいところは誰の悪口も言わないことだ。メンバー4人に平等に恋していたみたいに、ひとりひとりの魅力を語るあたりは、その人のよさが出ている。解散についてもブライアン・エプスタインの死が影響していると語るだけ。ありがちなポールのスタンドプレーとか、オノ・ヨーコが云々とか、そんな話はまったく出てこない。フリーダが言うには、ポールが主導した『マジカル・ミステリー・ツアー』も、ブライアンという精神的支柱を失ったビートルズを結束させるためだったのだとか。悪者になりがちなポールを弁護している。そして、金が欲しいという欲求にキリがないように、夢の舞台も長続きはしないなどと語って、ビートルズの解散も誰かを悪者にすることもなく必然的な流れとして受け止めている。フリーダは物事を前向きに捉えることのできる人であるようで、そんな真っ直ぐな生き方だからこそビートルズのメンバーに愛されたのだろうと思わせる。とにかくビートルズを語るフリーダは本当に楽しそうだった。

 

 この映画にはビートルズの曲はそれほど使用されていない。どうやら著作権の問題があるようだ。しかし、ビートルズメンバーが出演しない映画に4曲もビートルズナンバーが使用されるのは異例のことなんだとか。(*1)個人的にはクレジット前の「I Will」が沁みた。「どれだけ君を愛してきたか……」なんてポールが歌うわけだけれど、それがフリーダに向けて歌われているように編集されていて泣かせる。

(*1) 実際にはリンゴ・スターがエンドクレジットに出演している。ポールはツアーで忙しかったのだろうか? ちなみにピーター・バラカンは日本で行われたポールのコンサートでフリーダ本人とばったり出会ったのだとか。フリーダが映画の宣伝で来日したのと、ポールの来日が重なったのだろう。

愛しのフリーダ [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2013.12.14 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>愛しのフリーダ from 象のロケット
17歳でマネージャーのブライアン・エプスタインに“ザ・ビートルズの秘書”にならないかと誘われたフリーダ・ケリー。 解散後、一切の沈黙を守っていた彼女が、ザ・ビートルズとの11年間、当時の仕事やメンバーとの交流について初めて語ったドキュメンタリー。 >READ

2013.12.16

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR