FC2ブログ

『長いお別れ』 祝! 蒼井優、結婚!!

 『湯を沸かすほどの熱い愛』などの中野量太監督の最新作。
 原作は直木賞作家の中島京子の同名小説。
 このレビューを書いていたら、ちょうど主役のひとりである蒼井優の結婚のニュースが……。劇中では彼氏にフラれ、認知症の父親に泣き事をもらすことになるのだが、実生活は別だったらしい。ご結婚はめでたいことだが、まだまだ蒼井優には日本映画界の第一線にいてほしいものだとも思う。

中野量太 『長いお別れ』 東昇平(山﨑勉)とその家族たち。

 タイトルを見るとチャンドラーの小説のことを思い浮かべてしまうのだが、これはまったく別の話。アメリカではアルツハイマー型認知症で亡くなることを「Long Goodbye」と呼ぶことがあるらしい。「少しずつ記憶を失くして、ゆっくりゆっくり遠ざかって行くから」だ。
 本作でも山﨑勉が演じる東昇平は、認知症になって7年の月日を過ごして死んでいくことになる。認知症はガンなんかの病気とは違うわけで、本人には痛みや苦しみもなく、症状の自覚すらないこともあり、それでも少しずつ調子が狂っていくことになる。
 昇平は校長先生をやっていたほどの人物で、孫の崇には漢字マスターと呼ばれるほど難しい漢字を知っている。そんな昇平も次第に漢字を忘れ、本を読むことも覚束なくなり、意味不明な言葉を使ったりするようにもなってくる。

『長いお別れ』 「そう、くりまるな」「ゆーっとするんだ」という意味不明な会話が微笑ましい。

 私自身は認知症のことについてはほとんど何も知らない。昔テレビで『恍惚の人』を見た記憶はあるが、結構シビアなものがあるんだろうとは思う。それではこの『長いお別れ』ではどうだったかと言えば、シビアな面もあるし、そうでない部分もあった。
 シビアな面というのは、昇平が粗相をしてしまうエピソードだったり、魚の解剖シーンなど。どちらもえげつない描写になっていて目を背けたくなる部分ではあるけれど、これは現実に行われている人の営みということなのだろう。介護の現場では粗相など当たり前だし、研究者にとっては魚の脳を取り出すことも必要なことなのだろう。
 本作は深刻な場面はほどほどに、あちこちに笑いが散りばめられているし、認知症の昇平を中心に据えた微笑ましい場面も多々ある。この作品が介護現場を美化しているのかどうかはわからない。ただ、まったくの嘘ではなさそうだし、シビアな面もそうでない部分も、どちらもあるということなのだろうと推測する。

 昇平は次女の芙美(蒼井優)の泣き言を聞いているのかどうかもはっきりせず、「そう、くりまるな」という意味不明な言葉を返す。ただ、そんな言葉でも昇平が彼女を励ましていることは何となく通じているのが微笑ましい。かつての父娘の関係とは変わったかもしれないのだが、別のコミュニケーションが成立しているのだ。
 それから長女の麻里(竹内結子)はカリフォルニアに居て、海外での生活になじめず、日本の家のことを“実家”と呼んで旦那にたしなめられる。“実家”という言葉はちょっと不思議で、漢字を見る限り住んでいる家よりもそちらのほうが本当の家のようにも思える。
 昇平も自分の家にいるにも関わらず、どこか別の場所に帰ろうとする。もちろんこれは認知症の症状なのだが、時間の感覚が曖昧となり今も昔も一緒くたになっている昇平には、本当に帰りたい場所を素直に感じ取っているということなのだろう。それが幼かった娘たちが遊んでいた遊園地だったというのは泣かせるところ。

 認知症という現実にはシビアな面があるのは当然だ。とはいえ、本作を観ていると認知症にならなければわからなかったこともあると教えてくれるようでもある。それがシビアな現実を受け入れるための強がりとも思えなかった。
 最後の呼吸器問題にしても、奥さんの曜子(松原智恵子)は介護が長引くのも厭わずに呼吸器を付けることを選択する。娘ふたりが迷っているにも関わらず、曜子だけははっきりと自分の意思を決めていたのだ。いつも隣にいて常に一緒だった曜子がそんなふうに決めたのも、介護現場にもシビアなことばかりではないということなんだろうと思えた。

長いお別れ [Blu-ray]


長いお別れ [DVD]



長いお別れ (文春文庫)


恍惚の人 [DVD]


関連記事
スポンサーサイト



Date: 2019.06.05 Category: 日本映画 Comments (2) Trackbacks (4)

この記事へのコメント:

ハイダウェイ

Date2019.06.11 (火) 11:16:51

きれいごとかもしれないけど、幸せな認知症って感じがして、素直にいっぱい泣けました。
このキャスティングだから期待してたけど、期待以上にヨカッタです。

Nick

Date2019.06.12 (水) 07:53:55

> きれいごとかもしれないけど

そんなふうに言う人はいるかもしれませんね。でも、それをわかってて作ってる作品なんでしょうね。
役者陣も良かったし、ほのぼのしてて素直にいい話でした。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>長いお別れ from 映画に夢中
初の商業映画監督作「湯を沸かすほどの熱い愛」が日本アカデミー賞ほか多数の映画賞を受賞するなど高い評価を獲得した中野量太監督が、認知症を患う父親とその家族の姿を描いた中島京子の小説「長いお別れ」を映画化。これまでオリジナル脚本作品を手がけてきた中野監督にとっては、初の原作ものとなった。一家の次女・芙美役を蒼井優、長女・麻里役を竹内結子、母・曜子役を松原智恵子が務め、認知症を患う父・昇平を山崎努... >READ

2019.06.07

>>長いお別れ from 象のロケット
中学校校長も務めた厳格な父・昇平の70歳の誕生日会で、母・曜子は父が認知症になっていると娘たちに告白した。 夫の赴任先アメリカで暮らす長女・麻里はどうすることもできず、カフェ開業の夢を抱く次女・芙美が、両親をサポートすることに…。 ヒューマンドラマ。 ≪だいじょうぶ。 記憶は消えても、愛は消えない。≫ >READ

2019.06.08

>>ショートレビュー「長いお別れ・・・・・評価額1650円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ
父が本当に「帰りたかった」ところとは。 山崎努演じる、認知症にかかった父親と、家族との7年間に渡る「長いお別れ」の物語。 これは、高い評価を受けた中野量太監督の商業映画デビュー作、「湯を沸かすほどの熱い愛」の対となるような作品だ。 不治の病に冒され、余命僅かの肝っ玉母ちゃんが、ダメダメな家族を立ち直らせるあの映画は、いわば壊れかけの家族を、強火で一気に修復する短期決戦。 対してこちらは、弱... >READ

2019.06.22

>>『長いお別れ』トーホーシネマズ日比谷2 from ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
『長いお別れ』トーホーシネマズ日比谷2 ▲自分でこーゆーの出来ないから感心するのだけど、男子が不在なので、このTV電話の設定とか、蒼井優がやったんだろうなあ。いいなあ、家に一人ほしいよなあ、蒼井優。 五つ星評価で【★★★悪くないけど良いともなあ】 凄く心を強打されるとかはない。色々な事件は起こるが、それは日常であり、殊更大事件として取りあげようと言う気はないようだ。なので、話は柔らかく淡... >READ

2019.06.23

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR