FC2ブログ

『麻雀放浪記2020』 タイミングがね……

 『麻雀放浪記』(和田誠監督)のリメイク。
 監督は『止められるか、俺たちを』『孤狼の血』などの白石和彌

白石和彌 『麻雀放浪記2020』 主役を演じるのは斎藤工。

 1984年の白黒作品『麻雀放浪記』は傑作として名高いわけで、それを今さら素直に作り直しても無謀なことは製作陣も当然わかっているわけで、オリジナルとはまったく毛色の違った作品になっている。
 舞台となるのは2020年で、日本が戦争に負け、予定していた東京オリンピックも中止となってしまったという無茶な設定。オリジナルの舞台が1945年の第二次大戦後だったわけで、『麻雀放浪記2020』は新たな戦後という設定なのだが、それが特段活かされているわけでもなく、そんな時代に1945年から坊や哲(斎藤工)がタイムスリップしてきたらというコメディとなっている。
 学ランに腹巻で首にはタオルというスタイルの坊や哲は、メイド姿のコスプレーヤーのドテ子(チャラン・ポ・ランタンのボーカル・もも)に拾われるものの、1945年の人間とは思われず、奇妙な設定のコスプレ男とみなされてしまう。しかも賭け麻雀は違法だからと禁止されていて、ゲームとしての麻雀しかない2020年の世界に坊や哲は失望することになる。

 来年の2020年はすでに「令和」の時代。そこに「平成」を飛び越えて「昭和」の男がやってきてしまう。そのズレが生み出すアレコレはなかなかおもしろい。テレビの麻雀番組でふんどし姿で人気者となる斎藤工の姿は、イロモノという自覚が潔い感じすらした。ただ、後半の見せ場となるはずの「麻雀オリンピック」の場面が盛り上がりに欠けたようにも思えた。
 というのも坊や哲の目的は、勝負そのものよりも九蓮宝燈を揃えて元の時代に戻るということだけだから。オリジナルでは命のやりとりめいた勝負ごとも、本作ではコンプライアンスへの配慮からかゲームとしての麻雀となってしまっているし、オリジナルでは登場人物が自分の女を売り飛ばしてまで勝負するのと比べると、『麻雀放浪記2020』は何かを失うかもしれないヒリヒリするような感覚がほとんどなかったのは残念なところ。
 オリジナルの『麻雀放浪記』はもちろんのこと、マット・デイモン主演の『ラウンダーズ』とか、ヒッチコック劇場の「南から来た男」あたりには、そうしたヒリヒリする感覚があってギャンブルにはまったく縁のない人間でも引き込まれるところがあったように思う。

『麻雀放浪記2020』 スキャンダラスな顔ぶれ? ピエール瀧の容疑はもちろんアウトだが、ベッキーは単なる色恋沙汰だったわけでちょっとかわいそう?

◆公開前のいざこざについて
 『麻雀放浪記2020』は公開前に別のことで話題となってしまった作品でもある。出演者のピエール瀧が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたからだ。しかも保釈されてメディアの前で謝罪したのは公開日の前日だったりもする。某国営放送なんかは有料配信サービスでピエール瀧出演作品を配信停止にしたりもしているなかで、配給会社の東映の社長は「作品に罪はない」としてそのまま公開することになったようだ。
 ここでもしピエール瀧の出演場面をカットするなどの配慮をするとなると、過去の作品にまで影響が出る可能性もあるからだろうか。白石作品には欠かせない役者となっていたとも言えるピエール瀧だけに、その他の作品を守るためにもそうした釈明が必要とされたということなのかもしれない。
 ただ、ちょっとタイミングが悪かったような気もする。「作品に罪はない」と大見得を切って公開した作品が、いざフタを開けてみると悪ふざけとも思えるコメディで、一部ではかえって反感を買っているようでもある(もちろん製作陣は真面目に悪ふざけをしているわけだけれど)。たとえば評判のよかった『孤狼の血』(ピエール瀧も出演)のときだったら釈明も受け入れやすいんじゃないかと思うのだが、何ともタイミングが悪いのだ。
 それから本作には世間で注目を浴びた役者がほかにも顔を出している。AIユキを演じたベッキーと、大会の解説者として本人役で登場する舛添要一元都知事だ。今回のピエール瀧の逮捕も重なって、妙にスキャンダラスな顔ぶれになっているのだ。しかも劇中では「謝罪会見なんて形だけやればいい」みたいな場面もあって、先ほど触れた東映社長の会見さえも形だけのものと受け取られかねない状況とも言えるのだ。
 確かにほかの白石作品と比べると出来がいいとは言いかねる作品とはいえ、色々と不運が重なった作品とも思えた。一方で話題づくりにもなっていたとも言え、私自身はクリスチャン・ベールの化けっぷりが見事な『バイス』と迷っていたのだが、最終的にこちらを選んでしまったわけで一応客を呼ぶ効果はあったのかもしれない。

麻雀放浪記 角川映画 THE BEST [Blu-ray]


麻雀放浪記 角川映画 THE BEST [DVD]


ラウンダーズ [Blu-ray]


ラウンダーズ [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2019.04.10 Category: 日本映画 Comments (8) Trackbacks (2)

この記事へのコメント:

まれ

Date2019.04.17 (水) 09:42:04

映画化された短編小説「納屋を焼く」を読みながら、崩壊しかけてる納屋を”だれかに焼かれるのをじっと待っている”と表現していて、ふと、ピエール瀧氏を思い出しました。護送車の中で顔を隠さずにいた瀧氏が、私には逮捕されて安堵しているように見えたからです。
晩年に超売れっ子になってしまったものの、断ち切れない薬物使用に怯えて暮らしていたのではないかと思うと、やり直しができる今、逮捕されて良かったとではないかと。小説読了後に新しくUPされた「麻雀放浪記2020年」の感想を読み、リンクしたのでコメントを書きました。確かにタイミングの悪い作品のようですね。でも、それをもバネにし、しっかり治療して、復帰してくれたらいいなと思いました。
今後はCGで該当俳優の顔と声を変え、作品の取り直しやお蔵入りを無くせるといいですよね。CGによる違和感が、逆に”事件”を抹消せず、社会的制裁や薬物への抑止力にもなるような気がします。

Nick

Date2019.04.25 (木) 00:12:58

捕まるかもしれないという恐怖のなかで過ごすってのはイヤですね。
「逮捕されて安堵している」ということはあるかもしれませんね。
どのみちいつかはバレることになるのでしょうし……。
薬で逮捕された人が出ている作品がすべてお蔵入りになったら大変ですね。
たとえば勝新の『座頭市』なんかをCGで変えようとしてもまったく別物になってしまいそうですね。

個人的に心配しているのはキム・ギドクという映画監督のことです。
韓国でセクハラで訴えられたらしく、
新作も日本ではお蔵入りになってしまったようです。
どんな事件があったのかもよくわかりませんが、
彼の映画を楽しみにしていた者としては残念なことです。

それから『バーニング』のほうの拍手欄にもコメントいただきありがとうございます。
まれさんにとっては「2度と読みたくないくらい怖い作品」とのことでしたが、
私はぼんやりしてて仄めかしに気がつかなかったような気がします。
村上作品では悪の存在がクローズアップされてきたようですが、
初期のころからそうした種子はあったということなんでしょうね。



まれ

Date2019.04.30 (火) 07:31:17

管理社会に物を申すわけではないですが、スマホやネットで個人情報や動きが把握される現代、新しい犯罪も増えますが、今までの犯罪は発覚しやすいのかもしれないですね。瀧氏の保釈時のさっぱりした顔を見て、克服できる人なのでは?と思いました。

作品のCG処理は、”被害者のいない”事件で、直近上映予定作品に関して、お蔵入りにするより良いのではないかと思い、思いつきました。DVDや有料サイトでの配信は、個人が選択できる媒体なので、”犯罪者名と罪名”を明記して!?販売し、彼らに収益がいかないようにすれば良いのではないかと思ったりしました。いかがでしょうか?

まれ

Date2019.04.30 (火) 07:49:01

キム・ギドク監督を知りませんでしたが、Nickさんがお好きなのはサイトのカテゴリーで気付いていました。いつか作品の感想を読んでみようと思っていたので、今回、勝手ながら事件についての海外メディアを検索しました。

2018年2月の記事によりますと、証拠不充分で無罪判決が下ったものの、罰金約42万円を司法手続き簡略化費用として支払ったそうです。訴訟内容は2013年発表した「メビウス」の撮影時、監督が、原告である女優(匿名)を平手打ちし、シナリオにないのに裸と性行為のシーンを強要し、断ったために降板になったことへの訴えのようです。記事は2018年の無罪判決後のベルリン映画祭に、最新作「Human Space,Time and Human」を発表した時のコメントとインタビューがもとです。

判決について、監督は不服ではあるものの、過激な内容の作品だとしても、その撮影にかかわる全ての人が傷つくことはあってはならないし、自分はそういう考えで製作していること、そして、映画業界も、今までとは違う流れになってきて、このことが良い影響をもたらしてくれることを願うともいってました。事件について、訴えられたのは4年も前のことで、撮影中は特に集中しているため全く記憶になく、もしも、原告に酷いことをしたなら、今後の撮影で同じことを繰り返さないよう、覚えているはずとも言っており、最終的には、双方の考え方の違いからくる(シナリオの)解釈の違いだったのかもしれないと締めてました。

海外Wikiでは、監督の作品は貧困による厳しい生い立ちが大きく影響している的なことが書かれていて、どのような作品なのか興味を持ち「メビウス」の感想をました。本国の韓国では無罪となりましたが、国家間の緊張もあり、ハラスメント、暴力、薬物事件が明るみに出続けている昨今、忖度必須な日本の配給会社はどうするのか難しいところですね。でも、実力のある監督のようのなので、DVDや有料配信で観ることができるのではないかと思ったりします。欧米もSNSという”世間”の目もあり、今後も”加害者”出演の作品は上映されない傾向なのではと思えます。

Nick

Date2019.05.06 (月) 17:04:14

まだソフト化されていない作品ならばそうした処理も可能なのかもしれませんね。
収益の動きのことはわかりませんが、
多く出演者は出演自体にお金が発生しそうな気がします。
ソフト化されたものの収益はプロデューサーとかに入るんですかね。
そうだとすると余計に金を出す側は問題を起こす人を避けそうなことになりそうですね。

Nick

Date2019.05.06 (月) 17:07:15

いろいろ調べていただいてありがとうございます。
日本語になっている記事はかなり少ないのでとても参考になりました。
最新作の「Human Space,Time and Human」は、
いつの間にか日本での公開すら見送られた形になってしまっているみたいですね。
ファンにとっては残念なことです。

ギドクには前からそういう傾向はあったのかもしれません。
『キム・ギドクの世界』という本では、ギドクの初期作品に出演した女優さんが、
監督が無茶な撮影をさせられたとか愚痴っていましたし。
インタビューなどから推測すると、
撮影時には作品を予算内に収めようという意識からか、
無理しがちなのかもしれません。
無責任で個人的な意見ですが、
監督本人がどういう人物かは別にして、
やはり作品はそれ自体で評価するべきなんじゃないかとは思います。

まれ

Date2019.05.11 (土) 11:37:59

今回、ギドク監督の作品の複雑さを通し、彼個人だけではなく、韓国という国が中央ヨーロッパのような、とても複雑な国なのかも?という思いがしてきました。なんとなく、小さい国だからまとまっていると思っていましたけど、良く考えると侵略され続け、南北に分断され、上下関係が厳しいこの国は、日本より”大陸的”だけでは済まないことに、今更ながら気付きました。だから、韓国作品が日本人の心を掴むのかもしれないですね。韓国作品は数本しか観たことがないので、門外漢な意見かもしれませんが、撮影条件が劣悪というのは聞いたことがあり、昨今の財界や芸能界が横暴さを知ると、権力下の人々の闇はより深い気がしました。

闇を抱えた人にしか描けない作品があり、そこに何かを見出すことは多々あります。でも、私は監督や演者その人の暴力性が作品以外に出てしまったら、それはもう評価の対象ではないと思います。ただ、そこに本人が気付いたなら、やり直すことができる社会であればいいと願います。監督も今回の裁判で気付かれたとようなので、これからも彼にしかできない作品を撮り、何かを発信し続けて欲しいとは思いました。裁判は無罪判決だったので、日本未公開作品をいつか有料配信などで観れるといいですね。

Nick

Date2019.05.16 (木) 00:02:22

私も韓国映画全般に詳しいわけではありません。
韓国のお国事情も知りませんが、
芸能人が自殺したりとか、
結構息苦しそうな感じはしますね。

>本人が気付いたなら、やり直すことができる社会

ホントにそうですね。
やり直しができないほど叩くのは考えものですね。

ギドクは結構韓国内では叩かれる側になってるようにも見えます。
配信でも何でも観られないよりはマシですから、
新作も早く観たいものです。


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>麻雀放浪記2020 from 象のロケット
1945年の“戦後”の焼け跡からタイムスリップし、2020年へやって来た二十歳の天才ギャンブラー“坊や哲(ボーヤテツ)”。 そこは、第三次世界大戦後の“東京オリンピック”が中止となった東京だった。 芸能プロ社長・クソ丸と麻雀アイドル・ドテ子に拾われ、ふんどし姿で麻雀を打つ“昭和哲”として人気者になるが…。 センセーショナル・コメディ。 ≪ボーッと生きてんじゃねえよ、ニッポン!≫ >READ

2019.04.12

>>『麻雀放浪記2020』('19初鑑賞26・劇場) from みはいる・BのB
☆☆★-- (10段階評価で 5) 4月9日(火) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 16:10の回を鑑賞。 >READ

2019.04.17

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR