FC2ブログ

『ブラック・クランズマン』 作品の出来よりも主張が大事?

 『ドゥ・ザ・ライト・シング』などのスパイク・リー監督の最新作。
 アカデミー賞では脚色賞を、カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得した作品。
 原題は「BLACKKKLANSMAN」。中央に3つ並んだKがクー・クラックス・クランのことを仄めかしている。

スパイク・リー 『ブラック・クランズマン』 黒人のロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)とユダヤ人のフリップ(アダム・ドライヴァー)。

 時代は1970年代。コロラドスプリングスで初めての黒人警官であったロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、白人至上主義の過激派団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査することになる。
 これが実話なのだというから驚かされる。実際には黒人がKKKに潜入できるわけもないので、ロンがやるのは電話でKKK上層部の信頼を勝ち取ることであり、KKK内部に入り込むのは白人の相棒ということになる。
 原作となっている本ではこの白人の正体は明かされていないらしいのだが、本作ではそれがユダヤ人という設定となっている。KKKは黒人を忌み嫌っているわけだが、それだけではなくWASP(ホワイト・アングロ-サクソン・プロテスタント)以外はすべて劣っているという優性思想を抱いていて、ユダヤ人も黒人と同様の扱いになるらしい。だから実際にKKKに潜入することになるフリップ(アダム・ドライヴァー)は危ない橋を渡ることになっていく。

『ブラック・クランズマン』 パトリス(ローラ・ハリアー)のアフロヘアーがとてもカッコいい。

 KKKを描いた作品でありながら、たとえば『ミシシッピー・バーニング』みたいな深刻さよりも、アレック・ボールドウィン演じるトランプ大統領的キャラの暴言から始まる本作はコメディっぽい印象でもある(アレック・ボールドウィンのテレビ番組での持ちネタがトランプ大統領の真似なんだとか)。というのも登場してくる白人たちの多くはバカ丸出しで、そのおぞましい姿を嗤うことが意図されているからだ(『國民の創生』のKKK登場シーンに沸き立つ白人たちの姿は醜悪だった)。
 そして、その反対に「ブラック・イズ・ビューティフル」というスローガンを鮮明に感じさせる。ロンやパトリス(ローラ・ハリアー)のアフロヘアーには、黒人であることを肯定するような意味合いがあるらしい(町山智浩の指摘)。ロンは珍しい黒人警官として差別的扱いを受けながらも、本作では虐げられる側としての黒人の姿だけではなく、ロンとパトリスのダンスのような楽しい場面もふんだんに盛り込んでいるのも、そうしたスローガンを意識しているのだろう。
 それでもやはり黒人の置かれた状況は笑えないところもある。ラスト近くでハリー・ベラフォンテ演じる長老が語るのは、黒人がリンチされ焼き殺され、バラバラにされて記念品とされるという信じがたい話だ。さらにはそうした怒りが高じてきたのかのように、最後にはそれまでの物語を無視してまで最近の事件(こちらのページを参照)を無理やり挿入している。そして、トランプ大統領本人が差別主義者たちを擁護する発言のニュース映像が続いていく。作品の物語は1970年代のものだけれど、醜悪な事態は今も続いているということを明らかにしているのだ。

 スパイク・リーはアカデミー賞作品賞受賞の『グリーンブック』には不快感を示していた。『グリーンブック』の黒人ピアニストが、結局は白人にとって都合がいい存在になっているからだろう。もちろんそうした主張はわかるのだけれど、作品として『ブラック・クランズマン』が『グリーンブック』より出来がいいかは微妙な気もした。
 『ブラック・クランズマン』は構成がゆるく全体的にとりとめがない感じが否めなかった。私自身はスパイク・リー作品は『マルコムX』しか観てないので、それがスパイク・リーのスタイルなのかはよくわからないが……。
 特に最後のニュース映像は、その主張の正当性を印象付けるという意図は果たしてはいたとしても、作品としてのまとまりを欠くことにもなってしまっている。ただ映画の出来以上に、その主張を強調することが必要だったということでもあるのだろう。残念ながら警鐘を鳴らす必要性がまだまだあるわけだから……。

ブラック・クランズマン ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]


ブラック・クランズマン (字幕版)



ブラック・クランズマン


國民の創生 D・W・グリフィス Blu-ray


ミシシッピー・バーニング [AmazonDVDコレクション]


スパイク・リーの作品
関連記事
スポンサーサイト



Date: 2019.03.27 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>ブラック・クランズマン・・・・・評価額1750円 from ノラネコの呑んで観るシネマ
笑いと怒りのアメリカ史。 これは強烈にアツイ映画だ。 1970年代のアメリカで、白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(KKK)に潜入捜査する黒人刑事の物語。 もちろん、KKKのメンバーと顔を合わせたら黒人なのがバレちゃうので、電話で話すのはジョン・デヴィッド・ワシントンが怪演する黒人刑事のロン、実際に会いに行くのはアダム・ドライバー演じる相方のフリップ。 色々盛ってはあるもの... >READ

2019.03.29

>>ブラック・クランズマン from 象のロケット
1970年代、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングス。 この街で初の黒人刑事となった青年ロンは、自ら希望して潜入捜査官となる。 最初の任務は「ブラックパンサー党(黒人解放闘争組織)」演説会への潜入。 しかし、次の任務は何と「KKKクー・クラックス・クラン(白人至上主義団体)」への潜入捜査だった…。 実話から生まれたクライム・サスペンス。 >READ

2019.03.30

>>ブラック・クランズマン from 映画に夢中
黒人刑事が白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」潜入捜査した実話をつづったノンフィクション小説を、「マルコムX」のスパイク・リー監督が映画化。あらすじ:1979年、コロラド州コロラドスプリングスの警察署で、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース。署内の白人刑事たちから冷遇されながらも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていたKKKのメンバー募集に勢いで電話をかけ、... >READ

2019.03.31

>>「ブラック・クランズマン」 from ここなつ映画レビュー
スパイク・リー監督の思想や体験を共時性と共に語れるほどには、人生経験も知性も何もかもが足りない私であるが、ひとつだけ言えるのは、彼は凄い人だということ。言いたいことは山ほどあるのだろうが、その言いたいことを芯に据えて、重苦しくなく、極めて軽快に観客にメッセージを放つ。そしてそのメッセージがブレることはない。本作は、「KKK」(Ku Klux Klan)が目論むテロ行為を未然に防ぐために潜入捜... >READ

2019.04.22

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR