FC2ブログ

『サンセット』 手法にこだわりすぎ?

 『サウルの息子』(アカデミー賞外国語映画賞)のネメシュ・ラースロー監督の長編第2作目。

ネメシュ・ラースロー 『サンセット』 イリス(ヤカブ・ユーリ)はブダペストの街の帽子店に現れる。


 舞台は1913年のブダペスト。高級帽子店に現れたイリス(ヤカブ・ユーリ)は、その店の創業者の娘だった。現オーナーであるブリル(ヴラド・イヴァノフ)は、「両親が遺した店で働くのが夢だった」と語るイリスを適当な理由を付けて厄介払いしようとするのだが……。

 ブリルがイリスのことを不審に思っているのは、彼女の兄のことがあるかららしい。イリスの兄カルマンはかつてその店で働いていたのだが、伯爵殺しという大事件を起こしていた。ブリスが警戒するのはイリスがカルマンのようなトラブルを持ち込むんじゃないかということだったのだ。
 しかし追い払われたイリスはそれにめげることもなく、いつの間にか帽子店に雇われることになり、さらにそれまでは知ることもなかった兄のことを探るようになっていく。

◆独特な撮影手法
 本作は手法としては前作『サウルの息子』と同様のものを引き継いでいる。主人公イリスの視点となるカメラは、彼女に密着して移動していくことになるのだが、その被写界深度は極端に浅く彼女以外の周囲はぼんやりとした状態になっている。
 『サウルの息子』の場合は、こうした手法は物語上理に適っている部分があったようにも思えた。というのも主人公サウルはアウシュヴィッツに収容されたユダヤ人であり、同胞たちの死体処理係として働かされているからだ。そこでは衣服を剥ぎ取られたユダヤ人たちが次々殺されていく。そんな非現実的な状況では、なるべく感覚を遮断して悲惨な状況を見ないようにしようとする対処法が、サウルにとって生き残る術となっていたとしてもおかしくはないだろう。
 それに対して『サンセット』では、イリスが担うことになるのは探偵役とも言える。ほとんど初めてとも言えるブダペストの街をあちこち徘徊し、兄に関する情報を集めていく。彼女はブリルに追い払われても諦めないし、勝手にあちこちの施設に入り込んでは聞き込みを行っていく。
 探偵役として情報を収集するはずのイリスの視点がぼやけているというのでは、それを追う観客も途方に暮れるということになるんじゃないだろうか。一応『サウルの息子』のときのスタンダードサイズとは異なり、本作ではアメリカンビスタ(1.85:1)となっていて、余白が大きいためにそこに映し出されるものも多いはずなのだが、周囲はピントがあっていないわけでそれほど印象は変わらなかった。
 ネメシュ・ラースロー監督によると、この手法は主観的なものを狙っているとのこと。われわれは神の視点のように世界を把握したりはしないということらしい。とはいえ、われわれの目は常にぼんやりとしか物を見ていないわけではないわけで、この状態を主観的というのはどうなのかとも感じられた。カメラはほとんどイリスの顔だけに焦点を当てていて、イリスが相対する人物くらいまでしかピントが合わない状態になっている。だからほとんどがイリスの後頭部ばかりが追うことになり、周囲の状況を見ようとしてもぼんやりとしているということになり、ストレスが溜まる作品となっているのだ。

『サンセット』 ブリル(ヴラド・イヴァノフ)はイリスを追い払おうとするのだが……。

◆イリスが追っていたものは?
 物語はイリスが拙いながらも兄カルマンを探していくうちに、カルマンの仲間が画策している様々な事件を目撃することになる。実は帽子店では王侯貴族に対する接待なのか、店の女の子たちを差し出しているという秘密があるらしい。そうした闇の関係性に反抗しているグループがカルマンたちらしい。そして帽子店は彼らによって襲撃されることになっていくのだが、そうした騒動が実はオーストリア=ハンガリー帝国のフランツ・フェルディナント大公殺害という事件に結びつくということらしい。つまりは第一次世界大戦につながるブダペストの状況を描いているということなのだ。
 ただ、これはとてもわかりにくい。本作の最後で第一次世界大戦の塹壕が出てくるから何となくそれを理解する人もいるのかもしれないのだが、帽子店のいざこざを第一次世界大戦のきっかけとまで結びつけるには、それなりの知識が必要とされるだろう。前作のアウシュビッツならばある程度は知っていても、100年以上前のヨーロッパの複雑な事情が前提とされるとなるとなかなか難しいところがある作品であるとは言えるかもしれない。

◆なぜ“サンセット”なのか?
 本作のタイトルはヨーロッパの没落というイメージでもあるのだが、それに加えてF・W・ムルナウ『サンライズ』を意識しているとのこと。ムルナウは『サンライズ』でひとつの街をセットで作り上げたらしく、『サンセット』もブダペストの街をすべて作り上げたとのこと(この記事を参照)。
 『サンライズ』では路面電車が街を移動していく場面がとても素晴らしいのだが、その車窓を流れていく風景がとてもセットとは思えないほどよく出来ていた。しかし『サンセット』では、せっかくブダペストの街を作り上げたのにその全体を捉える視点がないし、街の風景は視野の周囲でぼんやりとしか見えないためにとてももったいないことになっているようにも思えた。やはり手法は作品ごとに選ぶべきなんじゃないだろうか。

 傑作として名高い『サンライズ』だが、実は今回初めて観た。サイレントというだけで敬遠しがちなのだが、『サンライズ』はとても楽しい作品だった。ソフトはかなり高価だが、パブリックドメインとなっているためにYou tubeなどでも観ることができる。『サンセット』は結構な苦行だが、『サンライズ』は傑作の名にふさわしい感動的な作品だから一度は観てみてもいいんじゃないかと思う。

サンライズ クリティカル・エディション [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2019.03.17 Category: 外国映画 Comments (4) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

まれ

Date2019.03.23 (土) 12:59:01

タイトルからあまり興味のない作品だと思ってましたら、史実ベースの作品のようなので、とても面白く拝読しました。監督の国籍を調べたらハンガリー人とのこと、納得しました。最近、ポーランドが歴史から4度も消えた事実を知り、東ヨーロッパの歴史は厳しいと強く感じていて、少し勉強したいと思っていました。私ごときが知ったところでとは思いますが、少しでも多くの人が暗い歴史を知ることも何か意味があるのではと思ったりしてます。美しい絵画に隠された当時の闇を暴くみたいな感じで、関わった国民や歴史好きには興味深い作品じゃないかと思いました。

実は、最初に映像手法についての記述を読み、先週から数年ぶりに見始めている「3D写真で目が良くなる本」を思い出してました。中心視野を周辺視野にスイッチすることで、脳の視覚領での情報処理が成立すると立体画像に見えるのですが、見えた時のスッキリ感がちょっと病みつきになります。なぜか、奥行きと共に絵や写真が明るく見えるんです。ただ、パラレルはできても、どうしてもクロスができません。パラレルだけでも見えると良いらしいですが・・。

そんなことを考えながら、映像方法について読んでいると、観客もそれぞれ視点があり、スクリーン全体を正確には観えていないと思うんですよね。その上、映像もぼやけてると、多分、ぼんやりの二乗になって、これは観ずらいかもと感じました。感想に書かれている「サウルの息子」のように見たくないもの無意識的に視野から外すのには効果的でも、この映画には向いてない感じがしました。その方が映画に集中できると思われたのか、現存する貴族の末裔達が観たくない対象として葬っている闇を映像で表現したのか監督に尋ねてみたいものですね。

Nick

Date2019.03.26 (火) 20:09:44

『サンセット』はあまり評判は芳しくはないようです。
『サウルの息子』もそうですが、結構な苦行ですからね。
独特な手法は一度くらい観てみてもいいのかもしれませんが、
お薦めはできないかもしれません。

3Dの本はちょっとだけ本屋で見たことがあるくらいですが、
すぐにあきらめてしまった気がします。根気がないのかもしれません。
視力が回復する効果もあるんですね。

まれ

Date2019.03.31 (日) 11:10:24

私もこの映画、観たいとは思いませんね。ただ、映像手法が気になり、監督インタビューの海外記事を読みました。
作品は中央ヨーロッパやその文化への、ほの暗い個人的な問いから着想したオリジナルで、彼の中の20世紀初頭のブタペストはセットを組まないと表現できない程のカオスで、その混乱具合が”全て”を曖昧にしていたから、あのようなカメラワークにしたようです。
主人公が、視線を遮るカーテンを開けようとするシーンを何度も入れたり、彼女の周辺の不要な世界を遮る効果を上げるため、セットやデジタルより画面が小さいフィルム撮影、球面レンズを使ったといってました。あくまでも主人公の視点を重視したようですが、その効果は監督の”カメラ目線”でしか表現できていなかったようですね。
ただ、記事で興味深かったのは、監督はカフカやドフトエスキーに影響を受け、彼らの作品の魅力は、”全て可能”と言う新しい国アメリカとは対象的に、作品中の乗り越えられない壁の存在は”当たり前”であるという点だと言ってました。
彼の地では”何もできない”と現在形でいっており、混沌とした社会の苦しさを観客に体験させるための手法なら、成功ということですね。

乗り越えられない壁が存在し続け、水平線に回答が見出せないイスラエルや中央ヨーロッパで、掘り続ける作品を書く村上春樹氏が賞を取った理由、わかった気がしました。

3D本、軽い近視の矯正に買いました。コツをつかむと、いつでも3Dで見えるようになり、少なくともピントを合わせる筋肉の筋トレになるので、悪くないですよ!

Nick

Date2019.04.02 (火) 23:28:49

>”全て可能”と言う新しい国アメリカとは対象的に、作品中の乗り越えられない壁の存在は”当たり前”であるという点

なるほど。
監督がそんなことを語ってましたか。
情報提供、ありがとうございます。
私は外国語がダメなのでそこまでは調べられませんでした。

確かに『サンセット』はカフカ的迷宮のように主人公が訳もわからず振り回される話でした。
苦しさの体験という意味では『サンセット』は大成功ということですね。

「何もできない」と感じている彼の地(ヨーロッパ)と、
「全て可能」と思っているアメリカという部分も示唆に富むものがありますね。
カフカは『アメリカ』という小説も書いているようですね(私は読んでませんが)。

村上春樹氏の作品は最近のものまでは手を出せていないのですが、
壁と井戸というのは村上作品にはよく登場するモチーフですね。
「掘り続ける作品」というところがいいですね。
今度村上作品を読むときはそうしたところも念頭においておこうと思います。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR