FC2ブログ

『グリーンブック』 骨はOK、カップはNG

 監督は『メリーに首ったけ』などのピーター・ファレリー
 アカデミー賞では作品賞と脚本賞と助演男優賞(マハーシャラ・アリ)を獲得した。

ピーター・ファレリー 『グリーンブック』 トニー・“リップ”・バレロンガ(ヴィゴ・モーテンセン)はドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)という黒人の運転手となる。

 トニー・“リップ”・バレロンガ(ヴィゴ・モーテンセン)は職を失い困っていたところ、ある人物の運転手としてスカウトされる。ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)というその人物は、カーネギー・ホールの上に住む黒人のピアニストだった。彼は南部への演奏旅行に行くために、運転手兼用心棒のような人物を探していたのだ。

 トニーはイタリア系で腕っぷしが強いガサツな人間。一方でシャーリーは黒人でありながらホワイトハウスでも演奏しているという上流階級。そんなふたりが演奏旅行で旅を続けるうちに、というロードムービー。
 タイトルとなっている“グリーンブック”とは「黒人のために作られた施設利用ガイド」のこと。旅の舞台となるのは1962年のアメリカ南部で、登場人物は実在の人物がモデルとなっている。この時代は黒人は公共施設の利用を禁止されていたために、そうしたガイドブックがなければ快適な旅を過ごすことができなかったのだ。本作のなかでもシャーリーはVIPとして招待されているにも関わらず、黒人だからそのレストランを利用することはできないという理不尽なことが平気でまかり通っている。
 なぜシャーリーは黒人が差別されている南部へわざわざ出かけていくのか? これは作品の後半になって明らかにされることだが、シャーリーは自分の才能を理解しているがそれだけで満足する人間ではなく、人々の心を変えるために勇気を持って行動を起こしているということになる。

『グリーンブック』 トニーはシャーリーに対する差別に怒りを露わにする。

 長い旅を通してふたりもそれぞれに変化していく。トニーはシャーリーから美しい手紙の書き方を学ぶことになり、黒人に対する差別意識を捨て去ることになる。シャーリーはそのピアノの腕前で上流階級のなかで地位を築いたわけだが、逆に仲間であるはずの黒人たちとは距離があった。道中で畑を耕す黒人たちをただ見つめていたシャーリーは、後半では黒人たちが集まるジャズバーで即興を披露する。そして最後にトニーの家に現れることからも、自分から人に歩み寄ることの大切さを学んだということだろう。
 
 監督のピーター・ファレリー『メリーに首ったけ』などで品性に欠けるコメディ作品が売りだったファレリー兄弟の片割れ。しかし本作はシャーリーの説教が影響したのか、品格を持ってまとめている。情感に訴え過ぎるのではなく、ほどよく抑制が効いているところがアカデミー賞でも評価されたんじゃないだろうか。フライドチキンの骨は捨ててもいいけれど、ドリンクのカップはNGという絶妙な感覚がよかったのかもしれない。
 ただ、アカデミー賞作品賞の受賞には政治的なものを感じさせる部分もある。というのも監督賞においてピーター・ファレリーは無視されていることからすると、作品そのものの出来よりもそのメッセージのほうがハリウッドが思い描くものにほどよく合致していたからなんじゃないかとも思えるからだ。スパイク・リーあたりを筆頭に批判の声も出ているのもわからなくはない気もする。
 とはいえ普通のおじさんになりきったヴィゴ・モーテンセンは見どころだし、澄ました感じで大物の風格を見せるマハーシャラ・アリがフライドチキンのエピソードでちょっとかわいらしく見えたりするあたりなどはにんまりさせる。小ネタが効いた笑いもよかったと思う。

【Amazon.co.jp限定】グリーンブック (非売品プレス付) [Blu-ray]


グリーンブック [Blu-ray]


グリーンブック [DVD]



メリーに首ったけ (完全版) [Blu-ray]


メリーに首ったけ もっと過激に全開(フルスロットル)バージョン(1枚組) [DVD]



ファレリー兄弟の作品
関連記事
スポンサーサイト



Date: 2019.03.06 Category: 外国映画 Comments (18) Trackbacks (3)

この記事へのコメント:

まれ

Date2019.03.23 (土) 13:37:58

この映画は作品内容から観たいと思っていますが、「マリーに首ったけ」のファレリー兄が監督というのには本当に驚かされました。「マリーに首ったけ」は大好きでDVDももってます。笑えない部分も多々あるものの、観てるとなんだか楽しくなるのキャラばかりなのが好きな理由かもしれません。キャメロンディアスがとにかく可愛いくて、”個人ランキング”で上位な映画です。

Nick

Date2019.03.26 (火) 20:11:27

キャメロン・ディアスはとても可愛らしかったですね。
最近は見ないなと思っていたら、
引退したとかいう話もあるみたいですね。

まれ

Date2019.03.31 (日) 10:33:57

たしかに、キャメロン・ディアス、見かけませんね。年齢的に役がなくなってしまったのかと思いましたら、2018年初めに妊娠を発表されており、今は育児真っ只中ですね。海外Wikiにご本人が多動性発達障害を患っていると記載がありました。その辺の理由から事実上、映画から引退と発表されたようです。でも、いつでもカムバックできる世界なので、落ち着いたら復帰されるかもしれませんね。デビュー作、ジムキャリーの印象が強過ぎて忘れてましたが「マスク」でした。ジムキャリーといえばリアリティショーの先駆け的映画「トゥルーマン・ショー」を思い出し、なんとなく、この映画を観たくなりました。

Nick

Date2019.04.02 (火) 23:26:02

『トゥルーマン・ショー』はよかったですね。
キャメロン・ディアスが出演している作品としてブログで取り上げたのは『悪の法則』ですが、これも個人的には好きな作品です。キャメロン・ディアスらしいコメディとはまったく違う作品ですが。

まれ

Date2019.07.07 (日) 08:33:49

DVDを借りて観ました!こんな美しい実話があるのかと感動し、流れで3回程続けて観ていましたら、こんなに美しい話が今まで知られていなかったなんて・・・という思いが、ふと沸き起こり、気になって検索してみると、Drシャーリーの身内から賛同する声がなく、Drには親しい友人もいたようなので、実話ベースとはいえ、主人公の息子さんが製作に大きく関わっていて、当事者は逝去。そして、当初から驚きだった、この感動的な映画の監督が”あの”ファレリー監督となれば、ストーリーの9割は作り話なのでは?と思えてしまいました・笑 
もしも9割が作り話であっても、心温まるとても良い映画だと思いました。白人救世主的な批判もあったようですが、差別是正を問題視すらしない層が娯楽として観ることで、多様性について考える素地になり得るならアカデミー賞に相応しい作品だったのではないかと思いました。

地場産業の担い手である黒人を強固に差別をしているのに、著名とはいえ黒人の音楽家を招く白人富裕層の思考がわかりませんでしたが、クリスマスシーズンに、南部のド田舎まで来てくれる音楽家がいなかったからなのでしょうか? ディープサウスに興味を持ち、今頃ではありますが「ドライビングMissデイジー」を観ました。南部での差別はユダヤ人にも及んでいたんですね。アメリカの歴史には全く興味がなかったのですが、同じ白人移民でもアイルランド、イタリア、そしてユダヤ人への差別が存在したことを知り驚きと共に興味を持ちました。当時、イングランド人は米国で幅を利かせていたのに、現在、本国に残ったイングランド労働者階級は、英国に富みをもたらす移民より蔑まれ、Brexitの強力な支持層になっていると思うと、因果応報では全くないのですが、歴史は面白いですね。昨夜、なかなか観れなかった「黄金のアデーレ」を観ました。ユダヤ人の渡米は土地の開拓というより、ナチズムから逃れてきたという理由が、差別対象になったのかもと思いました。「黄金のアデーレ」は、乗り越えられない壁はない開拓精神のアメリカらしい映画で、そして、この映画はほぼ実話なんでしょうね・笑 2年前に知人に勧められ、DVDは入手したものの、なかなか観れずにいました。移民映画の流れで観たわけじゃないのに、移民の苦悩と彼らの勝利を観れた3作でした。

Nick

Date2019.07.13 (土) 11:16:00

「グリーンブック」は確かに批判もあったけれどいい話でした。
実話なんですが白人側が製作していることもあって、
Drシャーリー側からすれば疑問符が付くのかもしませんね。

>多様性について考える素地になり得るなら
その意味では十分に役目を果たしていたと思いますし、
娯楽作としてもよかったですね。

「ドライビングMissデイジー」も「黄金のアデーレ」もまだ観てません。
いろいろと宿題ばかり溜まっていくようです。

>アイルランド、イタリア、そしてユダヤ人への差別
なぜ何でしょうね?
「アンタッチャブル」とかでも、
ショーン・コネリーの役に対して「アイルランドのブタ野郎」みたいなセリフがありました。
同じ白人なのにと思ってしまうのですけどね。
イタリア系もイタ公とか言われてますし……。

まれ

Date2019.07.24 (水) 09:48:45

北米の植民地化を始めたのは主にイングランド、フランス、スペインの3国だったようなので、開拓が進んでからの移民は、ユダヤ系以外の白人は、経済力のない国、中でも暮らし向きが悪い人達が多かったから、先人移民より格下に見られていた感じでしょうか。イタリア移民はシチリアや南部、アイルランドも豊かな土地とは思えない上、カトリック教徒というのも、プロテスタントであるイングランドからの開拓移民から格下に思われていたような気がします。

ケネディ家はカトリック教徒・アイルランド移民。この国出身の大統領はJFKが初めてだったという点で、彼の政治方針や暗殺に意味がありそうな気がしました。ケネディ兄弟が南部の人種差別を糾弾した理由は、彼らが被差別側だったのもあると思いますが、映画にも登場したロバートは貧困の激しい地域を実際に訪れ、その悲惨さんさを本気で改善しようとしていたようです。彼らが大統領になることを見過ごせない層が、米国の真の支配者ということなんでしょうかね・・。

Nick

Date2019.07.29 (月) 21:01:06

なるほど。
「後から来たのに」という意識があるわけですね。
こちらのほうが先にこの土地に目をつけたんだぞという……。
人は既得権益を手放したくはないものですからね。

>ケネディ家はカトリック教徒・アイルランド移民。
ケネディ暗殺にはそっち方面からの力もあるかもしれないんですね。

>米国の真の支配者
というフレーズはたまに聞きますが、
副島隆彦という人の本によるとロックフェラーだとか。
この人の本は「トンデモ本」だとも言われてますからどこまで信用していいのかはわかりかねますが、
意外と的を射ているのかもしれないとも思える部分もあったりもして微妙なのですが……。

まれ

Date2019.08.03 (土) 09:09:27

偶然ですが、一昨日、ロバート・ケネディの孫娘が薬物過剰摂取で亡くなってしまいましたね。JFKジュニア以来のケネディ家の悲劇。薬物なので自・他殺かはわかりませんが、ロバートは子供が11人もいて、弟は健在なので、一族が絶えることはないでしょうが、JFKが大統領だったことで、多方面から邪魔だとみなされていたなら、暗殺は、もう、「オリエント急行殺人事件」の様相で、機密文書が公開されても、真犯人を知ることは不可能かもしれませんね。

富を有する者が団結すれば、大きな権力を持つことになり、国内外に強力な影響を及ぼすことは有り得ますよね。

アイルランド移民は、当時、英語が話せたことから、警察などの下級公務員になっていたようです。言われてみると、アイルランド人の警察官がドラマや映画でも多いですよね。イタリア人は言葉ができなかった為、まともな職につけず新天地でも貧困層に。自営業を始めても、子供は学校に行かず手伝いをしていたので、その後も学がなく格下だったようです。ただ、出身が南イタリアやシチリアなので、のちに巨大な悪の組織を構成していくわけですが、観ている映画がどこかしら繋がっていて面白いです。

Nick

Date2019.08.06 (火) 00:27:55

「ケネディ家の呪い」とか言われるようですが、
またひとり犠牲になったということですね。
呪いなのか陰謀なのかよくわかりませんが。

イタリア人には言葉の問題があったんですね。
差別される側が反社会的勢力を形成していくというのは、
日本のヤクザなんかと同じことなのでしょうね。

>観ている映画がどこかしら繋がっていて
それはそうですね。
特に歴史とかに詳しいと、より発見があるかもしれませんね。
違った視点から同じ出来事を描いた作品というのも結構ありますし。

まれ

Date2019.08.06 (火) 12:38:55

ネット配信で初めて観たのが無料枠の「J・エドガー」でした。なんとなく目に止まり、試しに観てみると、ケネディ暗殺にも関与したかもと言われている初代FBI長官の映画。当時を描くアメリカ映画の中で、たまに耳にする人物なので、まさに歴史の”別の視点”的で面白いと観ていました。が、描きたかったのは彼の活躍ではなく、知られざる人物像。映画や劇画でフーヴァー長官をよく知っている人には衝撃な内容だったのではないかと。偶然にも、FBI発足の鍵となる事件はアガザ・クリスティが作品のインスピレーションを得た事件で、その小説は「オリエント急行殺人事件」。映画の途中でその事に気付き、この事件がなければ、あの衝撃的なラストの不朽の名作が誕生しなかったのかと思うと、適当に選んだ割には、悪くない映画でした。老年期の特殊メイクがイマイチだったのが残念でしたが・・・。鑑賞後知りましたが、イーストウッド監督作品でした。この監督作品を全て観たわけではないですが、個人的には好きな作品が多いです。

「運び屋」、期待せずに観ましたが、面白かったです。DVDを3枚借り、仏映画、「ロブスター」、「運び屋」の順で観たのですが、それぞれ観終わった時点で、面白いと思っていたのに、最後の「運び屋」を観終わり、前の2作の面白さとは違う、エンタメの王道のような作品に、もはやアメリカ映画(ドラマ)で面白くない作品は、無いのでは?と思ってしまいました。映画のラストが”複雑化”するのも仕方ないですね 笑

Nick

Date2019.08.10 (土) 10:46:11

「J・エドガー」も観逃してました。
イーストウッド監督作品だし観ないといけませんが。
フーヴァー長官にはどうも悪いイメージがあるのは何かの本で読んだからのような気もしますが、
ケネディ暗殺にも関与とまで言われている人なんですね。
「オリエント急行殺人事件」との関わりというのは興味が湧きますね。
「J・エドガー」を観た後で調べてみます。

イーストウッド監督作品はどれもおもしろいのですが、
困ったことになぜおもしろいのかうまく説明することができない感じがします。
そんなこと考えずに楽しめばいいのかもしれませんが。

まれ

Date2019.08.14 (水) 08:31:08

前回のコメントに「イーストウッド監督作品」と書きましたが、Wikiを読むと、監督作品の多さに驚きました。鑑賞したり、記憶にあるのは、ほんの数作品でした、すみませんm(__)m なぜ面白いのかうまく説明できない・・・。考えたこともありませんでしたが、嘘くさくない人間臭さと、滲み出る格好良さ? 笑 記憶に新しい「運び屋」では、家族や戦友とのやり取りより、刑事との攻防戦?が面白く、最後に運び屋が誰か分かったシーンは、心に響きました。刑事役のブラッドリー・クーパーも、泣くシーンではないのに涙が出たとインタビューで言ってました。あと、花畑のシーンでは、1日しか咲かない花なので、撮影当日の朝か前日に畑一面に、咲いたばかりの花を植えたという後日談もあり、映像ではわかりませんが、かなりの凝りよう。”神は細部に宿る”的に、そーっと心に響く作品なんでしょうか・・・洗脳系!?笑 キャリアや年齢から、明らかに経験値の高い監督ですが、頭も良い方なのではないかと思ったりしました。

Nick

Date2019.08.20 (火) 00:33:12

頭が良くなければ監督にはなれないのかもしれませんが、
それだけでもダメそうですよね。
経験値からくる勘なのか現場でも結構な早撮りらしいですね。
頭で作っていると分析できそうですがそれだけではない感じがします。
「嘘くさくない人間臭さ」というのはあるでしょうね。
嘘くさくて寒気を感じるような作品もあるわけで、
やはり何か違うものがあるのかもしれません。

まれ

Date2019.10.21 (月) 05:29:20

何かのインタビューで、俳優が「イーストウッド監督は、リハーサルは絶対しないし、俳優陣にも”影で練習してはいけない”と言っていて、撮影当日、失敗できない、という緊張感が、役者同士を強固なものにし、良い作品になるのではないか」と言っていました。扱う題材も、実話ベースが多く、どこか是枝監督に似ている気がしました。だからといって、なぜ面白いのか?の理由にはならないでが・・・。
今後も、少しづつですが、監督の他作品を観ていきたいと思っています。

Nick

Date2019.11.01 (金) 01:40:15

>イーストウッド監督は、リハーサルは絶対しない
これは初めて知りました。
練習もしてはいけないのだからぶっつけ本番ということですね。
確かに緊張感は増しますね。
監督によっていろいろな方法論があるものですね。

まれ

Date2019.11.11 (月) 11:27:06

「アメリカン・スナイパー」と「ハドソン川の軌跡」、観たいと思っていますが、それより、今まで全く興味のなかった「西部劇」を1本くらい観てみたいと思ったりもしてます。

Nick

Date2019.11.15 (金) 00:30:18

イーストウッドは西部劇が出世作としてあるようですから、
思い入れを持っているみたいですね。
監督作としても『許されざる者』はアカデミー賞の作品賞も受賞してますし、評価が高いですね。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>グリーンブック from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
この映画は60年も昔の出来事なんだけど、現在と共通する普遍性を持っている。規則だからそれを絶対に曲げようとしない警官、習慣として定着しているから無理難題を押し通す人々。自分と違う肌・趣味嗜好の者を排除しようとする意識は、今も残っている。それらの思い込みから >READ

2019.03.07

>>グリーンブック from 象のロケット
1962年、アメリカ。 ニューヨークの一流ナイトクラブ「コパカバーナ」で、用心棒を務める白人男性トニー・リップ。 店が一時休業となった時期、彼は黒人男性ピアニスト、ドクター・シャーリーのコンサートツアー運転手として雇われた。 黒人用旅行ガイド〈グリーンブック〉を頼りに、2人は人種差別の激しい南部へと向かうことに…。 実話から生まれた音楽ヒューマンドラマ。。 >READ

2019.03.08

>>「グリーンブック」 from ここなつ映画レビュー
心温まる良作。それは間違いない。ただ温まるだけでなく、笑いも痛みも伴って。題名の「グリーンブック」とは、人種差別が公然であった1960年代に、アメリカ本土を旅する黒人向けのガイドブックのこと。そこには黒人が宿泊できる…宿泊してもいいホテルが書かれている。本作では、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)が、当時人種差別が最も激しかった南部にコンサートツアーに出る際に同行した... >READ

2019.03.15

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR