fc2ブログ

『アリータ:バトル・エンジェル』 「上の世界」に行かないの?

 原作は木城ゆきと『銃夢』という日本の漫画。
 『ターミネーター』『アバター』などのジェームズ・キャメロンが原作に惚れ込み、映画化を望んだとのこと。
 監督は『エル・マリアッチ』『シン・シティ』などのロバート・ロドリゲス

ロバート・ロドリゲス 『アリータ:バトル・エンジェル』 

 宙に浮いた都市ザレムと、そのゴミを引き受けているアイアンシティ。舞台となるアイアンシティでは人間の多くが身体をサイボーグ化していて、医者であるイド(クリストフ・ヴァルツ)の役割は病気を治すことではなく、手足に付けられた機械を修理すること。
 そんなイドが鉄屑のなかから拾ってきたのは300年前のサイボーグだった。イドは亡くなった自分の娘用の身体を彼女に与え、記憶を失った彼女をアリータと名付ける。

 原作漫画と似ているのかはわからないけれど、アリータの造形はモーション・キャプチャーを使ったフルCGでできているようだ。『アバター』も同様の技術でつくられていたわけだが、あちらは違う生物だったためにそれほど違和感はなかった。それに対して『アリータ:バトル・エンジェル』はサイボーグとはいえ人間と変わりない見た目。ただかなり目がデカい。もっと違和感アリかと思っていたのだが、アクションシーンが始まればそんなことは気にならなくなる。
 アクションは実際にはアリータを演じるローサ・サラザールの動きを撮影してCGにしているらしいのだが、アクションシーンのなかで髪の毛が妙に野暮ったく見えた。CGだから仕方ないのだろうか。
 『アクアマン』は水のなかで揺れる髪の毛を、実際には役者陣に風を当てて撮影し、それをCGで修正したとか。そっちのやり方のほうが自然に見えた。『バード・ボックス』(Netflix作品)にも顔を出していたローサ・サラザール自身も目が大きくてかわいらしい女性だし、実写とCGを部位ごとに組み合わせるというみたいな技術ができればさらによかったのかもしれない。

 パンツァークンスト〈機甲術〉と呼ばれる古武術を使うアリータのアクションが見どころ。ハンター・ウォーリアーたちのたまり場での乱闘とか、モーターボールでのローラースケートを履いた闘いはなかなか楽しめる。
 個人的にはグリュシュカ(ジャッキー・アール・ヘイリー)を倒したときの“回転式かかと落とし”が一番決まっていたと思う。あの技はブル中野の必殺技だった“回転ギロチン”をモデルとしているんじゃないかと勝手に思っているのだが、製作陣のなかに女子プロレスのファンも混じっていたのだろうか。もちろんアリータはあの頃のブル中野には似てはいないが……。
 この作品自体は序章的な扱いで、「上の世界」と「下の世界」というディストピアものなのにも関わらず、「上の世界」にたどり着く前に終わってしまうのが拍子抜けだった。

アリータ:バトル・エンジェル 2枚組ブルーレイ&DVD [blu-ray]



【Amazon.co.jp限定】アリータ:バトル・エンジェル 2枚組ブルーレイ&DVD (映像特典ディスク付き) [Blu-ray]


銃夢 Last Order New Edition コミック 全12巻完結セット (KCデラックス)


銃夢 Last Order コミック 全19巻完結セット (KCデラックス イブニング)


関連記事
スポンサーサイト



Date: 2019.02.24 Category: 外国映画 Comments (3) Trackbacks (5)

この記事へのコメント:

まれ

Date2019.02.25 (月) 08:37:04

色々面倒なことが多い昨今、CMの印象から、遠隔操作できる「身代わりロボット」のお話なのかと思ってました。サイボーグが「上の世界」と戦う”シリーズもの”ということですか??? 
勘違いから映画「インセプション」を彷彿させ、当時は、脳(=夢の中)だけで生きるなんて、なんの意味があるのだろう?と思ってましたが、今は「身代わりロボットがあればいいのに」と思え、ドラえもんの「どこでもドア」があればと思っていたイノセントな自分が懐かしいです・笑 
主人公の目、私も大きすぎて気持ち悪いと思ってました。ネット上のキャラだと思えば見慣れるものなのかと。そんなことを思ったので、遠隔操作ロボットと勘違いしたんですね、今、気が付きました。自己完結。

Nick

Date2019.02.26 (火) 23:13:10

アリータはサイボーグでも脳は残っているから人間とも言えるのかもしれません。
ラブストーリーでもありますし。

原作を読んでないからわかりませんが、
次は「上の世界」の話になるのでしょう。
最後に大物の顔が明らかになりましたし。

まれ

Date2019.03.04 (月) 07:26:59

返信、ありがとうございます。原作のある作品でしたか、不勉強で失礼しました。先日、ドラえもんたちが月へ行く、しかも「どこでもドア」で!と知り、驚きましたら、今年は月面着陸の50周年だったんですね、なるほど。子供のころ大好きでしたが、感動路線の映画は何か違うように思っていました。でも、これは面白そう。

脳が人間なら、サイボーグというより人間・・・ということは遠隔操作の分身ロボットもある意味人間になりうる!? 実際、技術革新で近いものが作られている感じもして、終わりのない人生はキツいのでは?と思うものの、そんなことを考える前に、それを手に入れれる世界に住んでいるか?が問題・・・Orz

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>アリータ:バトル・エンジェル from 象のロケット
はるかな未来。 世界は、天空に浮かぶユートピア都市“ザレム”と、廃棄物だらけのクズ鉄町“アイアンシティ”に分断されていた。 アイアンシティで暮らすサイバー医師の男性イドは、クズ鉄の山でサイボーグ少女の頭部を発見し、新しい機械の身体を装着し甦らせ、アリータと名付ける。 実は彼女は、300年前の大戦中に作られた“最終兵器”だった…。 SFアクション。 >READ

2019.02.26

>>「アリータ:バトル・エンジェル」 from 或る日の出来事
アリータ:テッペイ、(違った)、メガ、オオキイネ。 >READ

2019.02.26

>>『アリータ:バトル・エンジェル』('19初鑑賞15・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 2月22日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 12:50の回を鑑賞。 2D:字幕版。 >READ

2019.02.27

>>映画「アリータ:バトル・エンジェル(3D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし from ディレクターの目線blog@FC2
映画『アリータ:バトル・エンジェル(3D・日本語吹替版)』(公式)を2019年2月12日に、TOHOシネマズ試写会にて劇場鑑賞。 なお、原作とされる、木城ゆきとによる漫画作品『銃夢』は既読、福冨博監督の1993年公開アニメ『銃夢(GUNNM)』も鑑賞済み。 採点は、★★★★☆☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら85点にします。 【私の評価基準:映画用】 ... >READ

2019.03.01

>>「アリータ バトル・エンジェル」:いきいきCG少女   #アリータ #バトル・エンジェル from 大江戸時夫の東京温度
映画『アリータ バトル・エンジェル』は、実写キャラの中にCGキャラがほとんど違和 >READ

2019.03.06

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR