FC2ブログ

『ファースト・マン』 月までの推進力

 『ラ・ラ・ランド』『セッション』デイミアン・チャゼルの最新作。
 アポロ11号の月面着陸を成功させ、人類で初めて月に降り立ったニール・アームストロングを描いた作品。

デイミアン・チャゼル 『ファースト・マン』 ニール・アームストロング船長を演じるのはライアン・ゴズリング。

◆成功の裏側
 月面着陸と聞けば、誰もがアメリカが成し遂げた偉業だと刷り込まれていると思うのだが、当時から「そんな無駄なことに金を使うなんて」といった反対意見もあったようだ。しかし、今では反対意見は忘れ去られていったらしい。
 『ファースト・マン』では、その偉業を達成する前に犠牲となった多くの人々についても描かれている。莫大な予算を蕩尽しつつも簡単には成し遂げられない月面着陸という計画を、黒人たちは「俺は病院代を払えない。なのに白人は月に行く」と非難することにもなる(「whitey on the moon」という曲らしい)。
 その流れのなかで作家のカート・ヴォネガットも少しだけ顔を出していた。そう言えば、ヴォネガットは『タイタンの妖女』(1959年)の冒頭で宇宙開発のことを皮肉っていた。

 これらの不幸な手先(引用者注:宇宙開発のために送り出した先遣隊)が見出したものは、すでに地球上でもいやというほど見出されているもの――果てしない無意味さの悪夢だった。宇宙空間、無限の外界の報賞は、三つ――空虚な英雄趣味と、低俗な茶番と、そして無意味な死だった。


 ヴォネガットが言うように、人類史上初めて月面を歩いたニール・アームストロングは英雄として崇められることになったし、今では偉業の影で忘れられている“無意味な死”も多かった。宇宙開発の当事者たちは“無意味な死”とは言わないだろうが、ともかくも大きな犠牲が払われたことも確かなのだ。冷戦時代における国家の威信をかけた戦いだったのかもしれないのだが、同じことを再びやろうとしないのは、その犠牲があまりにも大きかったことの証左とも言えるのかもしれない。だからだろうか、アポロ11号という輝かしい成功を収めたミッションを描きつつも、本作はどこか陰鬱でもある。

『ファースト・マン』 ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)と妻ジャネット(クレア・フォイ)。ジャネットはアポロ11号発射前に怒り狂う?

◆期待の若手デイミアン・チャゼルの最新作
 『セッション』『ラ・ラ・ランド』と立て続けに満足度の高い作品を世に送り出したデイミアン・チャゼルにしては、本作は評判があまり芳しくないようだ。『セッション』『ラ・ラ・ランド』が音楽を題材にしたすこぶる気分が高揚する作品だっただけに、陰鬱な雰囲気に戸惑ったということかもしれない。
 同じアポロ計画を題材とした『アポロ13』は、実際には月に着陸できなかった失敗したミッションであるにも関わらずエンターテインメント作品となっていたのと比べると、本作のアプローチは意外だったようにも思える。ただ、チャゼルは初めからエンターテインメントなどやる気はなかったようでもある。
 『アポロ13』のようなハラハラドキドキの展開のためには、客観的な情報が不可欠だろう。そのために『アポロ13』では宇宙船を外から見た描写が度々挟まれるし、地上の管制室でのスタッフのやりとりによって状況を説明したりもする。それによって「酸素がなくなるから対策を」とか、「電源を節約して地球まで帰還するには」といった問題設定も明確になり、それを克服していくというスリルが生まれる。
 それに対して『ファースト・マン』は、X-15航空機でもジェミニ8号でもアポロ11号でも、ほとんどがアームストロングの目線になっていて、狭いコックピットのなかからカメラが動くことがないのだ。だからアームストロングたちがどういう状況にあって何をなすべきなのかもよくわからない。観客はその息苦しいほどの狭さと船体が軋むほどの揺れのなかで恐怖を感じたとしても、困難な障害を克服していくといったエンターテイメント性には欠けるのだ。

◆月までの推進力
 『宇宙からの帰還』という本を書いた立花隆によれば、ニール・アームストロングは「精神的に健康すぎるほど健康な人で、反面人間的面白みにはまるで欠けた人物」なのだそうだ。本作でライアン・ゴズリング演じるニール・アームストロングは確かに面白みに欠けている。しかもバズ・オルドリン(コリー・ストール)の軽口をたしなめる生真面目もあって、無駄口を叩くこともない。そんなアームストロングがどれほどの想いを月面着陸に抱いているのかがその冷静な表情からは読み取れなかったのだが、月面でのある行動によって急に本作の憂鬱さも理解できるものとなったような気がする。
 アームストロングは技術屋と呼ばれたりもして、飛行機や宇宙船の操縦の腕前はずば抜けているし、危機的な状況においても常に冷静さを保つという精神力も兼ね備えている。ただ、それだけでは何人もの犠牲者を目の当たりにしても、彼が月に行くことをあきらめようとはしなかったことがよくわからない。チャゼルはそこにフィクションをひとつ付け加えた(もしかしたら本当だったのかもしれないのだが)。アームストロングは月のクレーターに亡くなった娘カレンの遺物を置いてきたのだ。
 上記のアームストロングの行動から推測するに、彼は娘に近づくために宇宙飛行士となり、月へ向かったとも言えるのだ。宇宙飛行士の訓練には困難がつきまとい、様々な事故によって同僚も犠牲になっている。さらには月に行って、そこに着陸するという前代未聞の事柄にはさらなる困難が予想される。もしかするとアームストロングは“死の世界”に近づくことで娘に近づけると考えていたのかもしれないし、向こう側に行ってしまっても構わないとすら考えていたのかもしれない。
 そんなふうに推測するのは、アポロ11号の発射前の妻ジャネット(クレア・フォイ)の怒りっぷりが異様なほどだったからだ。アームストロングが家に残していくふたりの息子ではなく、亡くなったカレンのいる“死の世界”に魅せられているようにすら見えたからこそ、ジャネットとしては再び地上に帰還することを彼に釘を刺しておきたかったのだろう。国家の威信をかけた旅に出る旦那に対しての態度としては場違いにも思えたのだが、アームストロングが“死の世界”に魅せられていたとすれば、“生の世界”に引き戻すためにも息子たちの前に彼を引きずり出すというジャネットの行動も理解できるのだ。
 そしてアームストロングにとっては、月こそが“死の世界”ということなのだ。(*1)アームストロングは“死の世界”にたどり着き、カレンの存在を身近に感じることができたのだろうか。とりあえず言えることは、チャゼルの描いたアームストロングにとっては、娘への想いが月にまでたどり着くための推進力になっていたということだろう。だからこそ本作は気分が高揚するような展開ではなく、どこか陰鬱とした雰囲気を選んだのだ。アームストロングは国家の威信のためではなく、“死の世界”にたどり着き娘の近くに行きかったからこそ月へと向かったのだから。

 様々な困難のあとにたどり着いた月面世界はIMAXで撮られているとのこと。しかもコックピット内から出た瞬間からそこには無音の世界がある。ただ何もなく無闇に広い岩だらけの空間。生命が存在することのできない領域。この場面はずっと狭いコックピットからの視線に慣らされていただけにインパクトがあった。チャゼルは音楽を題材としたエンターテイメント作品だけに留まる監督ではなかったようだ。

(*1) たしか星野之宣の漫画で月にたどり着いた宇宙飛行士が、そこを「死の世界だ」と感じる作品があったと思うのだが……。

ファースト・マン ブルーレイ DVD [Blu-ray]


【Amazon.co.jp限定】ファースト・マン ブルーレイ DVD(特典映像ディスク付き) [Blu-ray]


ファースト・マン 上: 初めて月に降り立った男、ニール・アームストロングの人生 (河出文庫)


ファースト・マン 下: 初めて月に降り立った男、ニール・アームストロングの人生 (河出文庫)


アポロ13 [Blu-ray]


アポロ13 [DVD]


宇宙からの帰還 (中公文庫)


タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2019.02.21 Category: 外国映画 Comments (15) Trackbacks (3)

この記事へのコメント:

まれ

Date2019.02.23 (土) 09:19:30

この映画も気になってました。感想、ありがとうございます!先ずはアメリカの人類月面着陸は嘘だったというは嘘だったということなんだと思いました・笑 コックピットの息苦しい描写がアームストロング船長の内面を表している感じなのでしょうか..。実話ベースの新しい解釈なのかもしれませんが、月(宇宙)=死の世界というのは当時の人の考えのような気がしました。多くの人が宇宙へ行っている今、宇宙と生命になんらかの関係はあったとしても、私には死の世界というより、宇宙人の存在の方が現実的!?のような気がします・笑 実話なら、月面に降り立った船長の心が癒されたならいいなと思いました。
アポロ13号、面白かったですよね。常々「事実は小説より奇なり」と思っていますが、このお話もその一つです。

Nick

Date2019.02.24 (日) 17:44:09

>アメリカの人類月面着陸は嘘だった

『カプリコン・1』という作品もありましたね。『アポロ13』も面白かったですが、『カプリコン・1』もよかったです。
『ファースト・マン』はニール・アームストロング船長の自伝が元になっているようです。私は原作本を読んでいませんが、アームストロング船長は月の上で何をしていたか誰にも語っていない部分があるようですね。そのあたりを映画ではフィクションで補っているということのようです。

>コックピットの息苦しい描写

 チャゼル監督は「真の没入型の映画を作りたい」と考えていたようですね。
 それが宇宙飛行士の視点だけからの描写になっていたようです。
 「コックピットが棺桶のようだった」と指摘しているブログもあって、これにはなるほどと納得しました。

まれ

Date2019.02.25 (月) 08:23:20

返信ありがとうございますm(__)m 船長の自伝ベースでしたか。実際に何をされたのか不明ですが、奥さんの行動などから、制作者の解釈は当たっているような気がしました。
昔観たドキュメンタリーで、アポロ11号の飛行士全員が帰還してから人生観のみならず、人生が大きく変わった人もいたと知りました。当時は宇宙や地球を観たら変わっても仕方ないと思っていましたが、実は宇宙人を観てしまったのでは?と今は思ったりしてます・笑 映画の観客が「コックピットが棺桶」のように感じるくらいなら、実際の飛行士たちの精神は極限状態だったのではないかと思え、やはり人生観、大いに変わりますね。

没入型映画。面白い映画は時間が経つのが速いので、その求心効果も狙いだったかもしれませんが、息苦しく感じるのは、本当に息苦しくなっていると思うと、心臓の弱い方にはちょっと心配な作品ではないかと・笑

「カプリコーン・1」は知りませんでした。Wikiで見ると噂の元ネタはこの映画れかもしれませんね。NASAが協力しなかったところが逆に怪しく思えました。成功したなら堂々たれ!ということで、”無きにしも非ず”派です。
船長の人生観の変わった理由は・・・国家に騙され、世界にも大嘘をついてしまったせい、とか!?

Nick

Date2019.02.26 (火) 23:09:54

>人生が大きく変わった人もいたと知りました。

宇宙人なのか何なのかはわかりませんが、人生観が変わるみたいですね。
映画の最後は奥さんとの場面で終わりますが、
現実ではその後ふたりは離婚してしまったようですね。

それにアームストロング船長だけではなく、
宇宙飛行士は地球に帰ってくると離婚してしまうことが多いとか。
宇宙での体験があまりに強烈で、
地球の人間とは分かり合えなくなるんでしょうかね。

まれ

Date2019.03.04 (月) 07:21:58

宇宙飛行士は帰還後に離婚される方が多いんですね、知りませんでした。
前回、人生観が変わったと書きましたが、実際はスピリチュアルに傾倒していったとドキュメンタリーでいってました。スピリチュアルという単語が出てこなくて・・・Orz 彼らは月探索を成功させたのだから、その後の宇宙開発を表舞台で全面的にバックアップしてきたと思っていたのに、実は乗組員全員が表舞台から身を引いたというのが不思議で、とても印象に残っていました。

そこで、後に、強烈な体験は正ではなく負だったのでは?という疑問がわきました。もしも正の衝撃なら、支えくれた家族に感謝し、前向きに宇宙開発にも意気揚々と参加されていたのではないかと。宇宙は未知の世界ではあるものの、誰とでも共有できる正の体験だけなら、帰還した飛行士たちの人生観は変わらないような気がして、どうしても月面着陸や宇宙には何か隠されているのでは?という思いがあるんですよね・・・勝手に温めておけ!ですね・笑

Nick

Date2019.03.06 (水) 23:44:20

> 強烈な体験は正ではなく負だったのでは?

そういうこともあるのかもしれませんね。
隠し事があるのかは不明ですが。

スピリチュアルな方向に行くというのは、
もしかすると悪い体験だったからかもしれませんね。

まれ

Date2019.03.23 (土) 12:01:46

先頃、トヨタが軽装備で人が乗車できる与圧式の月面走行車両開発に乗り出したという記事を読み、開発する意味を見出せずに止めた月面探索をまた始めるって、ついに宇宙人の存在が公に!?と一瞬思いましたが、単に飛躍的な技術革新で宇宙や月が開発可能な場所になっただけですね・笑 先の大航海時代みたいなものでしょうか。様々な利害関係はあるとは思いますが、月や宇宙空間は無人な上、共同開発が必要というのも閉鎖的な今、ある種の平和的活路のような気もします。
「月の裏」という言葉の神秘性がなくなるのはちょっと残念ですけど。キリンジさんの「エイリアン」という曲を聴いて、初めてその言葉の意味を知り衝撃でした。間違いなく学校で学んだと思いますが、確かに地球にはうさぎに見える面しか見せてないですよね。満ち欠けに気を取られていました・笑 以前「月の裏側」の感想、読みました。異星人よりももっとタイトルの神秘性を生かした小説、読んでみたいですね。どんな小説?といわれても想像できませんが、何か心を鷲掴みされるような・・・誰か書いて欲しい・笑

Nick

Date2019.03.26 (火) 20:06:22

トヨタまでが月面探査に協力しているとは知りませんでした。
この間のコメントにドラえもんたちも月に行ったという話がありましたが、
何だか急に月面探査が賑やかになったような気もしますね。
50周年だったからなのかどうなのかはわかりませんが……。

キリンジという人たちの曲は、
テレビの深夜番組で誰かが紹介していたのを拝見しました。
とてもいい曲ですね。
歌詞が意味ありげでもあって、
様々な解釈を書かれている人がいるみたいですね。

恩田陸『月の裏側』はなぜそんなタイトルだったのか今となっては忘れてしまいました。
そのうち読み返してみようとか思います。

まれ

Date2019.03.31 (日) 11:17:56

Nickさんの返信を拝見し、”50年”という年数に、アメリカの機密文書公開期限が頭をよぎりました!50周年とはいえ、宇宙開発関連のニュースも増え、やはり、月面探査に関する機密文書が存在し、その内容が宇宙開発を正当化するものなのかと思ってしまいます。「科学で証明できない=存在しない」が成立しなくなっている昨今、個人的にはいろんな可能性を考慮する方が物事を理解するのに妥当だと思ってます。

「月の裏側」の感想を読み、謎の生命体=エイリアン=異星人と自動変換で記憶してしまい、またしても、本の内容を混乱させてしまって、すみませんm(__)m
 「月の裏側」の持つイメージに合った”SF的ではない”テーマで書かれた、心を鷲掴みにされる小説を読んでみたい、と書きたかったのに言葉足らずで失礼しました。

曲「エイリアン」は他のアーティストがカバーしているのを聴いてからオリジナルを探して聴きました。ギターのみで歌っているカバーも素敵でしたが、歌詞を知るとオリジナルの方が雰囲気に合ってると思いました。キリンジはもう活動されてないようで残念ですが、曲は残っていて、何かのタイミングで素敵な曲に出会えるとうれしいですね。

Nick

Date2019.04.02 (火) 23:30:22

>”50年”という年数に、アメリカの機密文書公開期限が頭をよぎりました!

何かしら隠していることがあるのかもしれませんね。
そういえばケネディ暗殺に関する文書も50年経って公開されるはずが、
先延ばしになってしまったようですね。

『月の裏側』に関しては自分でも忘れてしまっていました。
というか自分の言いたいことを人に伝えるってのはなかなか難しいですよね。
たかが映画の感想でもそんなことは常に感じています。

まれ

Date2019.04.08 (月) 01:39:43

私も機密文書公開といえば、ケネディ暗殺事件を思い出していました。いよいよと思っていたのに延期になってしまいましたが、それは逆に重要人物の関与を裏付けた気もします。その人が重要であればあるほど、その子孫も重要な人達だろうと思うと、公にはできない理由はわかります。JFK等、どこまで迫っているかわからないものの、その手の映画や小説は割と”真実”に近いのかもしれないと最近思い始めています。

動画のおすすめに出てくるので、久々にキリンジさんの「エイリアン」を聴きましたら、この世界観こそ、心を鷲摑みにされていたと気が付きました。SFとは関係ない”郊外の街で”月の裏を夢見る異端な二人と、彼らの生きづらさが心に刺さっていて、そんな普通の生活における心を打つ物語を読みたかったようです・笑 井上靖氏の「わが母の記」を目にし、この小説のラストに心を鷲摑みにされたのを思い出しました・笑

Nickさんの文章、伝えたいことを上手に書かれていると思います。「ブリーダ」のコメントで、昔は小説を多く読まれていたと書かれていたので、その蓄積のなせる業ではないかと。私は読み書きド素人ですが、そんな私が分かりやすいと思う文章は上手なのだと思います!色々な映画の考察や批評、本当に興味深く拝読していますm(__)m 感謝

Nick

Date2019.04.11 (木) 23:46:10

>重要人物の関与

何かしらの陰謀めいたものはありそうですね。
色々な説があって私にはどれが正しいのかわかりませんが……。
重要人物となると副大統領でしょうかね。

>普通の生活における心を打つ物語を読みたかった

まれさんは自分の読みたいものがわかっているということなんでしょうね。
私自身はそんなふうに内側から出てくるようなものはあまりないような気がします。
映画の感想なんかは昔からよく書いていたので、
題材があればそれに何かコメントを付けることはできるかもしれませんが、
自分から何か生み出そうとするとまったく何も浮かばない気がします。
自分のなかで望むものがわかっているような人は、
創作とかにも向いているのかもしれませんね。
井上靖氏の「わが母の記」は今度読んでみたいと思います。

まれ

Date2019.04.17 (水) 09:24:11

重要人物の関与というより、政府関与が正しいですね、失礼しましたm(__)m 私もなんとなく入った情報ばかりなので、何が真実に近いかは全くわかりませんが、それらしい映画は、割と近いのかも?と思うように。真実は墓場まで持っていかれるでしょうが、いくつかの史実を読むと、個人的にですが、明治維新も含め、多くのクーデタ―は大国の関与なしには起きないと思っています。

作家や芸術家は内から溢れ出るものを作品にされますが、私は自分では創作できないので、感動や心に響く作品を読みたい、観たい、という自力で見つけられないもどかしさからの”欲求”が溢れ出ているだけです・・・Orz コンスタントに映画を鑑賞され、丁寧で奥深い感想を書かれていて、いつも感銘を受けながら拝読してます。そして、お忙しいのに返信、ありがとうございますm(__)m 

Nick

Date2019.04.25 (木) 00:06:56

政府関与ということですね。
確かにそういうことなんでしょうね。
その目的が私腹を肥やすためとか言いそうだから怖い気がします。

>もどかしさからの“欲求”が溢れ出ている

確かにもどかしい感じはあるかもしれないですね。
そうじゃなければ足しげく映画館に通ったり、
無闇に本を読み漁ったりもしないかもしれません。
どこかに答えを探しているということなんでしょうね。
こちらこそいつも丁寧なコメントをいただきましてありがとうございます。

まれ

Date2019.04.30 (火) 06:55:25

世紀の事件であるJFKの真相が私腹を肥やすだったら・・。関わった人たちも浮かばれませんね・・。最近、紀行本を読み、本当に旅をしたくらい満足しました。映画や本の魅力は、手軽に”トリップ”させてくれることだと改めて感じました。映画も本も、ほぼ無限にあるのはありがたいですね。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>ファースト・マン from 象のロケット
1961年、アメリカ空軍でテストパイロットを務めていたニール・アームストロングは、幼い娘を病で亡くしてしまう。 その悲しみから逃れるように、彼はNASA(アメリカ航空宇宙局)ジェミニ計画(二度目の有人宇宙飛行計画)の宇宙飛行士に応募する…。 人類で初めて月面に降り立った男の、実話から生まれた物語。 >READ

2019.02.24

>>「ファースト・マン」 from ここなつ映画レビュー
1966年、アメリカは世界初の宇宙空間での有人宇宙船のドッキングを行い、1969年、アポロ11号で月面着陸と月表面へ降り立つことに成功。この大事を成し遂げたのが、ニール・アームストロングである。本作はアームストロングが過去の痛みを背負い、仕事に殉じる可能性を現実に突きつけられながら、それらに向き合いつつ遂には月面着陸に成功するまでの軌跡を描いた作品である。「鷲は舞い降りた」「これは一人の人間... >READ

2019.03.04

>>ファースト・マン from 映画に夢中
「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督&主演ライアン・ゴズリングのコンビが再びタッグを組み、人類で初めて月面に足跡を残した宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を描いたドラマ。ジェームズ・R・ハンセンが記したアームストロングの伝記「ファーストマン」を原作に、ゴズリングが扮するアームストロングの視点を通して、人類初の月面着陸という難業に取り組む乗組員やNASA職員たちの奮闘、そして人命... >READ

2019.03.26

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR