FC2ブログ

『ジュリアン』 どちらが嘘をついている?

 グザヴィエ・ルグランの初の長編映画監督作品。
 ヴェネチア国際映画祭の銀獅子賞(最優秀監督賞)受賞作。

グザヴィエ・ルグラン 『ジュリアン』 ジュリアン(トマ・ジオリア)の暗い表情が印象的。
 
 冒頭では離婚調停の場面が丁寧に描かれている。ここではジュリアン(トマ・ジオリア)の親権を巡っての母親と父親双方の言い分が明らかにされ、さらにジュリアンの陳述書が読み上げられる。そこには「あの男が来るのが怖くて外で遊べない」などと書かれている。
 ジュリアンの言葉を素直に受けとれば、父親は完全に嫌われているということになるのだが、そこにジュリアンはいない。もしかすると母親が入れ知恵をしている可能性もある。その場では母親側と父親側の言い分は食い違い、どちらかが嘘をついていることも指摘されるのだが、結果的にはジュリアンは2週間に一度週末を父親と過ごすことが決められる。

 親ならば自分の子供はかわいいだろうという思い込みがあるからか、離婚調停の決定に私自身もさほど違和感は抱かなかった。しかし、その後のジュリアンの様子を見ていると、どうもそうした判断は間違いだったのかもしれないとも思えてくる。
 父アントワーヌ(ドゥニ・メノーシェ)がジュリアンに会いにくるのは、息子への愛情からではなく、別れた妻ミリアム(レア・ドリュッケール)への執着心だということが明らかになってくるからだ。アントワーヌはジュリアンを利用してミリアムの情報を引き出そうとするのだが、ジュリアンは健気にも母親を守るのは自分だと考えていて、父親には嘘をついても母親につながる情報を避けようとするのだが……。

『ジュリアン』 母親ミリアムと父親アントワーヌ。どちらかが嘘をついているということが指摘されるのだが……。

 たとえばハリウッドがこうしたストーカーものを製作するとするならば、その男の異常性をサイコスリラーなどのジャンルものとして描いていきそうだ。しかし、『ジュリアン』はあくまでもリアルに見せていく。観客を怖がらせる効果音などはなく、シートベルトの警告音や、携帯電話の呼び出し音、エレベーターの音など、日常的な音が緊張感を高めていく。そして、子供を気にかける父親を装っていたアントワーヌは次第に本性を露わにしていき、最後はホラー映画のモンスターそのものとなる。

 決定的な出来事が起きてからでは遅いはず。ただ、実際に起きてみなければわからないこともある。現実世界においては、よくあるサイコスリラーのように結末への伏線が張られていたりするわけではないからだ。調停のときにもDVの話は出ていたにも関わらず、明確な証拠が何もないことからアントワーヌを家族から引き離すということにまでは至らなかった。
 そもそも家庭内には第三者的な目撃者はいない。証言する人も利害関係のある人とみなされれば、公平な見方とは認められないわけで、離婚調停での判断もやむを得ないのかもしれない。恐らく観客の多くもその決定を不当なものだとは思わなかったのではないだろうか。そこにこそ家庭内でのDV被害の根深い問題があるということなのだろう。
 リアルなストーカーの怖さをたっぷり味わえる作品で、自らを犠牲として差し出すかのようなジュリアンの暗い表情が印象的だった。それからモンスターと化す父親の目の据わりっぷりも怖い。

ジュリアン[Blu-ray]


ジュリアン[DVD]


【Amazon.co.jp限定】ジュリアン[Blu-ray](2L判ビジュアルシート付き)


【Amazon.co.jp限定】ジュリアン[DVD](2L判ビジュアルシート付き)


関連記事
スポンサーサイト



Date: 2019.01.29 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>ジュリアン from 象のロケット
裁判所で、妻ミリアムと夫アントワーヌの離婚調停が行われた。 娘ジョゼフィーヌは18歳なので対象外だが、妻と暮らす11歳の息子ジュリアンの親権は共同となり、夫は隔週で息子と面会する権利を得る。 父は執拗に、母親の連絡先と新しい住所を尋ねるが、母から口止めされているジュリアンは答えようとしない…。 サスペンス。 >READ

2019.01.30

>>「ジュリアン」 from ここなつ映画レビュー
恐ろしい、というか、恐るべき、というか。何にせよストーカーというものは時に身近な人間がなるということの典型だと思う。っていうか調停員なのか裁判官なのかわからないけど、無能過ぎやしないか?ある意味一番真実を伝えようとしていたのは幼い息子なのに。その声にきちんと判断を下してあげなければ。ただでさえ無力な存在なのだから。11歳のジュリアンは、供述をするだけでも勇気が必要だったことだろう。だから、父... >READ

2019.01.30

>>ジュリアン from 映画に夢中
ヴェネチア国際映画祭で監督賞に輝いた衝撃のサスペンス・ドラマ。グザヴィエ・ルグラン監督がアカデミー賞短編賞にノミネートされた自作「すべてを失う前に」を基に、記念すべき長編デビューを飾った。離婚した両親の間で苦悩する少年を主人公に、両親の不和の行方を緊張感ある筆致で描き出す。出演は両親役には短編に引き続きレア・ドリュッケールとドゥニ・メノーシェ。息子のジュリアンにはトマ・ジオリア。あらすじ:両... >READ

2019.04.12

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR