FC2ブログ

2018年の映画ベスト10!

マーティン・マクドナー 『スリー・ビルボード』 ミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は町外れに警察を非難する広告を出す。

  『スリー・ビルボード』
  『犬猿』
  『心と体と』
  『ザ・スクエア 思いやりの聖域』
  『ビューティフル・デイ』
  『ウインド・リバー』
  『きみの鳥はうたえる』
  『生きてるだけで、愛』
  『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』
  『ROMA/ローマ』
         (観た順に10作品)

 「ベスト10」としてすぐに思い浮かんだのは、『スリー・ビルボード』『心と体と』『ウインド・リバー』『きみの鳥はうたえる』『生きてるだけで、愛』あたり。残りはあれを入れればこっちが漏れる云々と悩ましいところだった。1970年代公開の作品があったり、Netflixオリジナル作品があったりもする。審査基準なんてあってないようなものだから良しとしておこうと思う。
関連記事
スポンサーサイト
Date: 2018.12.31 Category: 映画 Comments (4) Trackbacks (2)

この記事へのコメント:

Date2018.12.30 (日) 17:10:30

こんにちは。
10本、興味深く拝見しました。
私はネットフリックスに入っていないのですが、質の高いオリジナル作品が次々に出てきていますね。『ウィンド・リバー』のテイラー・シェルダンが脚本を書いた『最後の追跡』も評判でした。映画館の闇が好きな世代ですが、いよいよネットフリックスに入らなければいけないかと思案しています。

Nick

Date2019.01.02 (水) 20:45:45

私が最初にネットフリックスに入ったのも『最後の追跡』がきっかけでした。
オリジナル作品というだけあってネットフリックスでしか観られないものも多いですので、
ちょっと注意しておかないといけないのかもしれませんね。
個人的には結構お得な感じはします。

aq99

Date2019.02.11 (月) 20:24:31

また2年ぶりです。そんで、2年分のブロガーベスト10を、やっと発表できました。反映させていただきましたので、よろしく~。

Nick

Date2019.02.16 (土) 12:44:31

このブログも紹介していただきましてありがとうございます。
集計作業が大変そうですね。とても参考になりました。



管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>2018 映画Best10 from Days of Books, Films
今年もベスト10を選べるほどたくさんの映画を見ていない。特に秋以降はさまざまな >READ

2018.12.30

>>2018年マイベスト44(おまけで第14回シネマ停留所映画賞) from 或る日の出来事
「ベスト10」だけでは、ものたりない! 全部に順位をつけましょう! という、毎年毎年毎年恒例のお遊び。 >READ

2019.01.13

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR