FC2ブログ

『マイ・サンシャイン』 暴動のなかにも楽しさあり?

 『裸足の季節』デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督の最新作。
 原題は「Kings」。これは“王様たち”を意味するわけではなく、作品中で何度も映像が引用される“ロドニー・キング事件”から採られているらしい。

デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン 『マイ・サンシャイン』元ボンド・ガールのハル・ベリーと、現007のダニエル・クレイグの共演。


 ロサンゼルス暴動に巻き込まれることになるごく普通の人たちの物語。主人公のミリー(ハル・ベリー)は身寄りのない子供たちを自分の子供として育てている。隣人のオビー(ダニエル・クレイグ)はかなりキレやすいタチで、子供たちの騒音にもうるさいが、意外とやさしいところもある。そんなミリーたちがロサンゼルス暴動に巻き込まれることに……。

 1992年に起きたロサンゼルス暴動のことはニュースで見ていた記憶はあるけれど、黒人と白人との間の対立という認識だった。実際に暴動のきっかけになったのは“ロドニー・キング事件”の理不尽な判決だからそれでも間違いではないのだが、ほかにも住民の間に不穏な空気を醸成した事件があったらしい。それが“ラターシャ・ハーリンズ射殺事件”。これは万引きを疑われた黒人の少女が、韓国系アメリカ人の店で店主に射殺されたというもの。黒人対白人というだけではない様々な人種の対立があったということらしい。
 とはいえ本作はそうした人種間の対立を問題化しようという意図ではなさそう。たとえば1967年に起きた「デトロイト暴動」を描いた『デトロイト』が黒人に同情的だったのとはちょっと趣きが異なるのだ。

『マイ・サンシャイン』 ハル・ベリー演じるミリーは身寄りのない子供たちを育てている。

 ロサンゼルス暴動では、黒人は虐げられて暴動を起こす側にいることになるわけだが、『マイ・サンシャイン』では調子に乗って悪さをしている黒人たちがいることも描かれている。同時にそれを諌めるジェシー(ラマー・ジョンソン)のような黒人もいる。他方で白人警官たちのかなり偏った正義感も見せつつも、暴動でてんてこ舞いの白人警官の大変さも描写されている。どこかにいる悪者を糾弾しようというものではないし、黒人対白人といったわかりやすい対立の話に落とし込もうというものでもないのだ。
 ロサンゼルス暴動はあくまで背景とでも言うかのように、ごく普通の人々が混乱のなかで右往左往する様子が描かれていく。印象に残るエピソードは黒人同士の嫉妬から来る諍いであり、暴動が直接的原因となったわけではない(混乱がそれを誘発したとしても)。さらにミリーの子供たちは略奪に参加してテレビ番組に登場したりもするし、ミリー本人は子供たちを助けるために暴動の只中に入っていくけれど、隣人オビーに助けられてロマンスっぽい雰囲気を醸し出すことに……。
 監督のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェンはフランスのトルコ系というマイノリティであり、暴動が起きたロスの黒人たちに共感を抱いている部分はあるようだ。ただ、そんな黒人たちを虐げられる側としてだけではなく、混乱のなかでもずぶとく生きている現実的な人間として描いていると言えるかもしれない。ミリーの子供たちが万引きした食べ物でパーティーに興じる場面など、やっていることは褒められないけれどいかにも楽しそうなあたりに監督の想いが感じられるような気もした。

マイ・サンシャイン[Blu-ray]


マイ・サンシャイン[DVD]


関連記事
スポンサーサイト



Date: 2018.12.17 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>マイ・サンシャイン from 象のロケット
1992年、アメリカのロサンゼルス、サウスセントラル。 黒人女性ミリーは行き場のない近所の子どもたちを放っておけず、自宅で面倒を見ていた。 隣人の白人男性オビーは、騒々しいと文句を言いながらも彼らのことを気にかけている。 新たに素行の悪い少年ウィリアムと少女ニコールが加わり、長男的存在の真面目な少年ジェシーは落ち着かない気分だったが…。 社会派ドラマ。 >READ

2018.12.18

>>「マイ・サンシャイン」 from ここなつ映画レビュー
クリスマスだし…的な軽い気持ちで観たら大きな間違いであった。「マイ・サンシャイン」というタイトルに騙されたと言ってもいい。でも、このタイトルはこれで良しと思う。ハル・ベリーが身寄りに恵まれない子供達を全力で愛する様を見ていると。ネタバレしてしまうと、ロサンゼルス暴動の前から、その日に至るまでの日々を描いた作品である。前哨戦として、万引きを疑われた15歳の黒人の少女が、店主に背後から頭部を撃た... >READ

2018.12.25

>>マイ・サンシャイン from 映画に夢中
オスカー女優のハル・ベリーと、「007」シリーズで知られるダニエル・クレイグの共演で、1992年のロサンゼルス暴動に巻き込まれた家族を描いたドラマ。デビュー作「裸足の季節」がアカデミー外国語映画賞にノミネートされたデニズ・ガムゼ・エルギュベン監督がメガホンを取った。あらすじ:92年、ロサンゼルス・サウスセントラル。ミリーは家族と一緒に暮らすことができない子どもたちを、貧しいながらも愛情を注い... >READ

2018.12.26

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR