FC2ブログ

『デス・ウィッシュ』 ヴィジランテからグリム・リーパーへ

 監督は『ホステル』などのイーライ・ロス
 チャールズ・ブロンソン主演の『狼よさらば』(マイケル・ウィナー監督)のリメイク。

イーライ・ロス 『デス・ウィッシュ』 ブロンソンの『狼よさらば』のリメイクにブルース・ウィリスが挑む。

 強盗たちに愛する妻(エリザベス・シュー)を殺され、娘(カミラ・モローネ)も昏睡状態にされたポール・カージー(ブルース・ウィリス)は、頼りにならない警察の仕事に業を煮やし、自らの手で悪党を懲らしめることを決断する。
 設定はオリジナルの『狼よさらば』(1974年)と同様だが、主人公の職業が建築技師から外科医に変更されていたり、SNSでの動画拡散など現代に合わせた改変もなされている。
 きっかけとなる強盗事件の描写はオリジナル版のほうがえげつないし、リメイク版は弟のフランク(ヴィンセント・ドノフリオ)とのやり取りもあって、暗い話の割にはどこかちょっと微笑ましい感じもする。あまりに激辛にしすぎると受け入れられないという判断からか、かなりマイルドな味付けになっていて(イーライ・ロス監督だけに一部ゴア描写はあるけれど)、ブルース・ウィリスが活躍するヒーローものとして楽しめる作品となっていたと思う。

『デス・ウィッシュ』 顔バレすると困るからフードを被ったまま仕事をする主人公。最初はつたなかった銃さばきもすぐに達人の域になってしまうのはブルース・ウィリスだからか。

 オリジナルは西部開拓民が持っていたような自警主義(ヴィジランティズム)が、現代においても必要なんじゃないか、そんな問題提起を意図していた部分もあるが、リメイク版ではあまりそうした側面は感じられない。自警主義を強く打ち出すことは銃社会を推進することになるわけで、銃社会への嫌悪感に対しての配慮が働いているかもしれない。
 だからオリジナルのポール・カージーがアマチュア刑事(ヴィジランテ)と呼ばれていたのに対し、リメイク版のポールは死神(グリム・リーパー)と呼ばれている(SNSで拡散された動画でポールがフードを被っていたからだろう)。そして、自警主義というよりも私的な怨みを晴らす方向に展開することでカタルシスのある話になっている。ラストの秘密兵器が通販番組なんかでも売っているお薦めの品だというのも笑わせるところ。
 ブルース・ウィリスのポール・カージーは、一気に街のヒーローに祭り上げられた動画を見てちょっと嬉しそうで、あまり悲壮感はない。銃など持ったことがないという設定なのに、初めて銃を構えるシーンがやけに決まってしまうのは、『ダイ・ハード』シリーズなんかで銃の扱いに慣れているブルース・ウィリスだから仕方ない。
 タイトルの『デス・ウィッシュ』「死の願望」を意味するのだと思われるが、オリジナル版のチャールズ・ブロンソンには自殺願望めいたものを感じさせる部分もあるけれど、リメイク版では昏睡状態だった娘も回復して「めでたし、めでたし」というスッキリしたラストだった。

デス・ウィッシュ[Blu-ray]


デス・ウィッシュ[DVD]



狼よさらば [Blu-ray]


狼よさらば [AmazonDVDコレクション]


関連記事
スポンサーサイト



Date: 2018.10.21 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>デス・ウィッシュ from 象のロケット
アメリカ・シカゴ市。 救急救命医ポール・カージーの自宅に強盗が侵入。 妻ルーシーは殺され、大学進学を控えていた娘ジョーダンも重傷を負い昏睡状態に陥ってしまう。 孤独と捜査が進展しないことに悶々としていたポールは、自ら街の悪人どもを処刑しようと決意する…。 リベンジ・アクション。 ≪悪人には、問答無用。≫ R-15 >READ

2018.10.22

>>デス・ウィッシュ from 映画に夢中
チャールズ・ブロンソン主演で1974年に映画化され、日本では「狼よさらば」のタイトルで公開されたブライアン・ガーフィールドの同名小説を、ブルース・ウィリス主演、「グリーン・インフェルノ」のイーライ・ロス監督のメガホンで再映画化。ウィリスが主人公ポール・カージーを演じるほか、「ジュラシック・ワールド」のビンセント・ドノフリオ、「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のエリザベス・シュー、モデルのカミラ... >READ

2018.10.25

>>『旅猫レポート』『音量を上げろタコ!~』『デス・ウィッシュ』『プーと大人になった僕』『バタリアン』 from ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
摘まんで5本まとめてレビュー。 ◆『旅猫レポート』トーホーシネマズ渋谷5 ▲『ブリーチ』の死神と『残穢』の先生の間を行ったり来たりする業の深い猫。 五つ星評価で【★★★思ったよりも予告編以上の物がなかった】 予告編通りの泣き活映画。 予告編から窺い知れないのは、主人公と父母の関係性の話くらいか。 それにしても、もう全体像もやり口も読めてるのに、 着実に堂々と拷問のよ... >READ

2018.11.18

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR