FC2ブログ

『日日是好日』 お茶の効能はマインドフルネス?

 監督は『光』『セトウツミ』などの大森立嗣
 原作は森下典子のエッセイ『日日是好日‐「お茶」が教えてくれた15のしあわせ‐』
 タイトルは有名な禅の言葉。後先考えずに始めてしまったこのブログのタイトルもこれをもじったもの。似たようなタイトルのブログを見かけたりもするのでありがちな言葉だったらしい。今となっては遅いけれど……。

大森立嗣 『日日是好日』 多部未華子、黒木華、樹木希林の主だった女優陣。


 「本当にしたいことが何なのかわからない」と感じていた典子(黒木華)は、親の薦めもあって従妹の美智子(多部未華子)と一緒に茶道を始める。茶道教室の武田先生(樹木希林)は、そのたたずまいからして人と違って見えるということで、その先生に教えを受けることになる。

 エッセイを元にしているからか物語らしい物語もなく、まったくの素人だった典子が茶道を通して成長していく月日を追っていく。武田先生曰く、茶道は「始めに形をつくっておいて、後から心が入るもの」とのことで、典子はわけもわからぬまま様々なお茶の作法を学んでいく。
 描かれるのはほとんどが茶室での出来事だが、四季折々に窓の外に見える自然の様子が美しい。途中で美智子が結婚したりもするし、典子も彼氏と別れたりもするけれど、そうしたことにはあまり触れられない。新しい彼氏も顔すら映らないくらいで、徹底的にお茶のことだけに題材を絞っている(あとは家族の話くらいだろうか)。そう言えば茶道教室の生徒にも男性は皆無だったし、お茶の道にはそうしたドロドロしたものは不要ということなのかもしれない。

『日日是好日』 典子(黒木華)は茶道を習う。窓の外の自然が美しく描かれている。

 「日日是好日」の意味は、「毎日がいい日」とかいう単純なものではないらしい。もともとは禅の言葉で、そこには深い意味があるのだとか。作品中には長い茶道の稽古の末に、典子がその言葉の意味を感得する場面もあって、簡単に言ってしまえば「一期一会」に通じるようなものになるだろうか。
 個人的にはこの場面で典子が感じていると思われるお茶の効能は、「マインドフルネス」などと言われるものとよく似ているように思えた。「マインドフルネス」とは簡単に言えば、「今ここで起こっていることに注意を向けること」だ。これはもともと仏教などで行われていた瞑想の効能であり、その宗教色を除いた西洋的な実践が「マインドフルネス」ということになる。
 典子は茶道によって、それまで見えなかったものが見え、聞こえなかったものが聞こえてくる。それまでは微妙過ぎて感じ取れなかった「お湯の音」と「水の音」の違いがわかるようになり、かつては「四季」というだけで済ませていた季節の移り変わりも「二十四節気」という細かい区分で感じられるようになる(「清明」なんて区分もあるのだとか)。かつてはつまらなかった映画『道』(この選択は“道”つながり?)が大事な作品と思えるようになったのも、典子の成長ということなのだろう。
 茶道は禅とは別のものだけれど、その境地には似たような部分があるのかもしれない。武田先生が達観しているように見えるのも、茶道の効能によって人生が豊かになっていることの表れなのだろう。
 この作品を観ることだけでは茶道の効能はないかもしれないけれど、のんびりと落ち着いた作風に癒しは感じられるんじゃないだろうか。先日亡くなられた樹木希林の演技はあまりに自然でアドリブかとも思われるようだったし、「毎年同じことができるってことが幸せ」という劇中の台詞は樹木希林自身の言葉のようにも響いた。それから『リップヴァンウィンクルの花嫁』に陶酔した者としては、黒木華の和服姿というのも見逃せないところじゃないんだろうかと思う。

日日是好日 豪華版 [Blu-ray]


【Amazon.co.jp限定】日日是好日 通常版 (『日日是好日』オリジナル一筆箋 缶バッチ付) [DVD]


日日是好日 通常版 [DVD]


日日是好日 通常版 [Blu-ray]



日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)


道 Blu-ray


道 [DVD]


関連記事
スポンサーサイト



Date: 2018.10.18 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (2)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>日日是好日 from 映画に夢中
茶道教室に通った約25年について記した森下典子のエッセイを映画化した人間ドラマ。母親の勧めで茶道教室へ通うことになった大学生が、茶道の奥深さに触れ、成長していく姿を描く。メガホンを取るのは『ぼっちゃん』などの大森立嗣。主人公を『小さいおうち』『リップヴァンウィンクルの花嫁』などの黒木華、彼女と一緒に茶道を学ぶ従姉を『ピース オブ ケイク』などの多部未華子、茶道の先生を『わが母の記』などの樹木... >READ

2018.10.25

>>『日日是好日』シネ・リーブル池袋1 from ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
▲顔の形が将棋の駒、米、将棋の駒で、オセロだったらひっくり返される黒木華。 五つ星評価で【★★★★これはこれでよし】 黒木華+多部未華子+樹木希林の割合が見る前は「4:3:3」くらいかと思い込んでた。 黒木華と多部未華子が茶と出あい惑いながらも、樹木希林に教えを受けて少しずつ茶に親しんでいく、そんな軽コメディーという認識だった。見終わった後は「7:1:2」。もう、純粋に黒木華の... >READ

2018.10.27

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR