FC2ブログ

『君が君で君だ』 幻想を捨てて現実に生きる?

 監督は『私たちのハァハァ』『アズミ・ハルコは行方不明』などの松居大悟で、脚本も松居大悟が長年温めてきたオリジナルとのこと。
 タイトルは登場人物が合唱する尾崎豊「僕が僕であるために」を受けてのものかと思われる。

松居大悟 『君が君で君だ』 坂本竜馬(大倉孝二)、尾崎豊(池松壮亮)、ブラッド・ピット(満島真之介)になったつもりの三人。
 
 わかりやすくこの作品を紹介するとすれば、ストーカーを描いたものということになるのだろうと思うのだけれど、実際にこんなストーカーがいるのかどうかはわからない。登場する三人の男たちは、ソン(キム・コッピ)という韓国人の女性を好きになり、彼女の家の向かいに住み込み、彼女を監視するストーカー行為を続ける。その間、なんと10年間。
 さらに風変わりなのは、彼らは自分の名前すら捨てて、ソンが好む人物に成りきって生きていること。ひとりはブラッド・ピット(満島真之介)に、ひとりは坂本竜馬(大倉孝二)に、ひとりは尾崎豊(池松壮亮)になったつもりなのだ。というのもソンはブラピのような顔が好きで、坂本竜馬のような生き方に憧れ、尾崎豊の歌をよく聴いていたから。
 そんなふうに彼女の好きな人物に成りきったとしても無駄とすら思えるのは、彼らはソンを遠くから見守るだけで干渉しようとはしないから。ソンを見守り、彼女と一緒のことをして彼女に同化しようとし、彼女の気持ちを知ろうとはするものの、彼女と接触を試みるのは避けているのだ。

 ↓ キム・コッピ演じるソンは映画のなかでは「ブスなのに」とか言われているけれど、実は松居監督のお気に入りらしい。



 松居大悟の作品ではどこかとち狂った人が登場することが多いけれど、『君が君で君だ』はオリジナル作品だけあって主要三人のこじらせ方が異様だった。そもそもの始まりはプラピがソンのことが気に入ったからで、尾崎豊はそれを見守るような立場だった。しかしそこにさらにソンの元彼だった坂本竜馬まで加わって、姫と呼ぶソンの日常を垣間見ては悦に浸るという監視生活を続けてきたらしい。
 ソンに干渉することを禁じているのは、そうすることで長らく続いてきた監視生活が壊れてしまうことを恐れていたのかもしれない。実際にソンのピンチに三人が干渉してしまったことで、そうした関係性が壊れていくことになる。
 ソンは現在のクズ彼氏・宗太(高杉真宙)の借金を肩代わりする羽目になっているのだけれど、その借金取りたち(YOU向井理の二人組)はソンのことを監視している三人からも金を取り立てようと部屋に乗り込んでくる。そして素朴な疑問として「何のためにそんなことをしているのか」と聞いてみるのだが、三人の答えは「姫を守っている」などと言いつつも、借金のためにソンがピンサロで働くことすらも止めようとしないわけで、三人が何を守っているのかはよくわからないのだ。

 そもそも最初は何をしたかったのか。それがわからなくなっているのに、それに気づかないフリをしている。もはや意味不明だが、やり始めたからやる。わけがわからないけどもはや止められない。男のこじらせ方にはそんなところがあるというのは何となくわかる気がする。
 この三人の男たちの壊れ方はすさまじくて気味が悪いほど。ただ、それを通り越すと次第におもしろくなってきて、彼らが愛おしく感じられるかもしれない。もちろん三人を受け入れ難いという人もいるだろう。そもそものきっかけをつくったブラピですらも、尾崎豊がソンの切り落とした髪を食べるという段になって目が覚めるように、彼らにドン引きするかもしれない。それまではブラピに追随していたようにも見えた尾崎豊は、女性用の下着に身を包んだままモリモリ髪を食べてソンと同一化しようとするのだ。このシーンにはちょっと唖然とさせられた。

 一応の結末としては三人の幻想も終わりを告げることにはなる。しかし一方では、監督・脚本の松居大悟は幻想のなかで映画を終わらせたがっているようにも思えた。ラストでは尾崎豊がソンとひまわりの咲く場所で結婚式を挙げるという妄想が描かれるけれど、そこに留まることはせずにとりあえずは現実に着地する。ゴスロリの少女が主人公だった『ワンダフルワールドエンド』が、幻想のなか(桜と菜の花が咲く場所)で映画を終えていたのと比べると結末は抑制されている。というのは松居大悟にとって女の子自体がすでに幻想だからなのだろう。一方でこじらせた男たちを幻想のなかに放置するのはあまりにグロテスクすぎるという判断があったのかもしれない。もう若くはない男たちも幻想が崩壊することで現実を生きていくということになるのだろうか。松居監督は未だにちょっと逡巡しているようにも思えたのだけれど……。

ワンダフルワールドエンド [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2018.07.12 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (1)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>君が君で君だ from 象のロケット
韓国から日本へやって来た女の子“姫”ことソンのことが大好きな男3人は、10年間ひたすら彼女を見守ってきた。 彼女が好きな尾崎豊、ブラピ(ブラッド・ピット)、坂本龍馬になりきり、彼女の生活には立ち入らずただ見つめるだけ。 そんなある日、ソンの部屋に彼女の彼氏が作った借金の取り立て屋がやって来た…。 ラブ・ストーリー。 >READ

2018.07.13

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR