FC2ブログ

『ゲティ家の身代金』 じいさんたち頑張る

 『エイリアン:コヴェナント』『悪の法則』などのリドリー・スコット監督の最新作。
 巷で話題になっていたのは、この作品の出演者だったケビン・スペイシーがセクハラ騒動で大問題となって出演シーンが使用できなくなり、その部分を急遽再撮影したということ。代役となったクリストファー・プラマーは、その役でアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされた。

リドリー・スコット 『ゲティ家の身代金』 一応の主役はゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)なのだが、扱いはちょっと小さい。

 石油王の孫が誘拐されたという実話をもとにした作品。ただ、この作品では誘拐事件よりも、石油王ジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)のキャラのほうが目立つ。身代金を払わないとマスコミの前で宣言して、誘拐犯どころか世間まで驚かすことになる。
 とにかく世界一の金持ちとまで言われたゲティじいさんの守銭奴ぶりが見もの。ホテルではランドリー・サービスをケチって自分で下着を洗うし、屋敷にやってくる客のための電話代がかさむからと公衆電話を設置したりする。あげくの果てには身代金を値切ってみたり、身代金を利用して税金対策をしてみたりもする。そこまでやらないと世界一にはなれないということだろうか。守銭奴と資本家は似ている部分があるらしいのだが……。
 そんなゲティじいさんと向かい合うことになるのが、誘拐されたジャン・ポール・ゲティ3世(チャーリー・プラマー)の母親ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)。ゲイルはすでに離婚していてゲティ家の人間ではないが、巨額の身代金を出すほどの金はどこにもなく、元義父であるゲティじいさんを頼るほかなく、何とか金を出させるよう奮闘することになる。

 ※ 以下、ネタバレもあり!


『ゲティ家の身代金』 石油王ジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)は世界一の大富豪。その孫が誘拐されることになる。

 時代は1970年代だからかちょっとのんびりしている。電話を逆探知するようなこともできないし、犯人たちマフィアの人質の扱いも酷いものではないから緊迫感には欠けるのだ。不思議だったのは誘拐事件自体がマスコミにバレているというのに、マフィアは警察が動いていないと信じ込んでいるあたり。ゲティ3世を解放したあとになって慌てて捜し回るというのは間が抜けている気もする。
 それでもちょっと怖かったのはそのマフィアの描き方で、彼らが町ぐるみでその仕事に取り組んでいるところ。一度は逃げ出したゲティ3世も人のいい警察官に保護されて事件解決かと思われた矢先に、どこからか情報が漏れていて連れ戻されてしまう。その地域のすべてを取り仕切っているのは警察などではなくマフィアなのだ。受け取った身代金は地域のおばさまたちが総動員されて、人力で大金を数え上げる。誰もがそれを仕事として当たり前のようにこなしていて、悪事に加担している風が一切ないのがかえって怖い。マフィアの生き方が地域に根付いているということなのだろう。

 ゲティじいさんは金に関わる交渉では誰にも負けない。アラブの石油を仕切っている地元部族ともうまく交渉して権利を買い取ったのだろうし、身代金を求める犯人との交渉でもゲティじいさんのほうが上手だったと言えるかもしれない。ただ、息子を奪い返したい母親ゲイルや、ゲティの業突張りに嫌気が差したフレッチャー(マーク・ウォールバーグ)のように、金以外のものに突き動かされている人間にはその手腕も通じないらしい。
 ゲティじいさんを急遽演じたクリストファー・プラマーは現在88歳だとか。主演作品『手紙は憶えている』も記憶に新しいところだが、まだまだ頑張っている。監督であるリドリー・スコットももう80歳。この作品でも人質の耳を切り取り血が噴き出してくるシーンを嬉々として描いていて、その悪趣味ぶりも健在だった。

ゲティ家の身代金 [Blu-ray]


ゲティ家の身代金 [DVD]


関連記事
スポンサーサイト



Date: 2018.05.27 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (6)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>ゲティ家の身代金 from 象のロケット
1973年、アメリカの石油王で世界一の大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫息子ポールがローマで誘拐され、身代金1700万ドル(約50億円)が要求された。 ところが、ゲティは支払いを拒否。 離婚によりゲティ家を離れていたポールの母ゲイルに支払いは不可能。 ゲティの部下で元CIAのチェイスが、犯人グループとの交渉を任されるが…。 クライム・サスペンス。 >READ

2018.05.28

>>ゲティ家の身代金 from 映画に夢中
1973年に起こったアメリカの大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された事件を、「オデッセイ」「グラディエーター」など数々の名作を送り出してきた巨匠リドリー・スコット監督のメガホンで映画化したサスペンスドラマ。ゲイル役をミシェル・ウィリアムズ、ゲイルのアドバイザーとなる元CIAの交渉人フレッチャー役でマーク・ウォールバーグが出演。ゲティ役をケビン・スペイシーが演じて撮影されたが、完成間近に... >READ

2018.05.29

>>『ゲティ家の身代金』('18初鑑賞42・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 5月25日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン3にて 12:10の回を鑑賞。 字幕版。 >READ

2018.05.30

>>「ゲティ家の身代金」:「ハンニバル」との共通点 from 大江戸時夫の東京温度
映画『ゲティ家の身代金』は、リドリー・スコットらしい重厚な娯楽作。これぞ正攻法と >READ

2018.06.15

>>「ゲティ家の身代金」 from ここなつ映画レビュー
本当にあったお話。石油開発で巨万の富を築き上げたゲティ家の当主ジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)は、老いて尚現役で事業を展開し、屈指の石油王となっている。そのゲティ氏の孫息子がローマで誘拐され、犯人グループは、大金を要求してきた。身代金目的の誘拐で、恐らく組織が絡んでいる。つまり、かなり組織的に仕組まれた犯行のため、カネさえ払えば孫息子は助かるはずだった。ゲティ氏の息子は親父... >READ

2018.06.20

>>「ゲティ家の身代金」 from 或る日の出来事
世界中すべてのカネより大切なもの。 >READ

2019.09.03

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR