FC2ブログ

『サバービコン 仮面を被った街』 輝かしかったあの時代……

 監督は『グッドナイト&グッドラック』などのジョージ・クルーニー
 脚本に名前を連ねているのは、コーエン兄弟とジョージ・クルーニー、グラント・ヘスロヴの4人。
 原題は「Suburbicon」で、「Suburb(郊外)」から派生した造語っぽい。

ジョージ・クルーニー 『サバービコン 仮面を被った街』 ガードナー(マット・デイモン)とマーガレット(ジュリアン・ムーア)。閑静な郊外に住む彼らの秘密は?


 時代は1950年代。閑静な郊外の街“サバービコン”。そこに住むロッジ家の平穏な日々は、突然の強盗事件によって一変する。足の不自由なローズ(ジュリアン・ムーア)が殺されてしまうのだ。ローズの夫であり一家の主であるガードナー(マット・デイモン)は、遺された息子ニッキー(ノア・ジュープ)を心配し、ローズの姉マーガレット(ジュリアン・ムーアの二役)に母親代わりを頼むことに……。

 この作品の主な筋は上記のようにまとめられるもので、絵に描いたような幸せの風景が、ひとつの事件をきっかけにして悪い方向へと転がっていくあたりは、『ファーゴ』を思わせるブラック・コメディっぽい。
 ただ、この作品にはもうひとつの筋がある。それが“サバービコン”に引っ越してきたマイヤーズ一家のエピソードだ。それまで白人だけしか住むことのできなかった“サバービコン”に、黒人の一家が現れたから周囲の人々は騒然となる。そしてマイヤーズ家の周囲に壁を建て、騒音による嫌がらせで立ち退きを迫るようになっていく。

『サバービコン 仮面を被った街』 マット・デイモンは体重を増やして50年代風の男に。眼鏡も壊れて血に塗れているのは一体?

 公式ホームページによれば、マイヤーズ一家のエピソードは実話に基づいている。ペンシルベニア州レヴィットタウンで起きた事件がそれで、『Crisis in Levittown』というドキュメンタリー作品もあるらしい。ジョージ・クルーニーと共同脚本のグラント・ヘスロヴがその事件の映画化を検討している際、コーエン兄弟が書いたままお蔵入りとなっていた『Suburbicon』の脚本を思い出し、それらを組み合わせて出来上がったものが『サバービコン 仮面を被った街』らしい。
 この作品の評判がよくないのは、ふたつの筋が全然交わることもなく進行していくという部分にあるようだ。冒頭はマイヤーズ一家の引越し風景から始まり、夜になるとその周囲には物見高い人々が監視を始めている。しかし、主な物語はそれとは関係のない、隣のロッジ家でひっそりと進行していく。マイヤーズ一家に対する立ち退き要求が暴動となり、焼き討ちのような酷いあり様となっている頃、ロッジ家ではまったく関係ない別の騒動が展開している。
 こんなふうにわざわざ別のものを組み合わせた意図を考えると、悪意を感じなくもない。それはロッジ家で起きた災難すらも、マイヤーズたち黒人が“サバービコン”にやってきたから生じたこと違いないという思い込みだ(周囲の人も黒人たちが現れ、かつての輝かしい時代は失われたのだと勝手に信じ込んでいる)。ふたつの出来事に因果関係などありはしないわけだけれど、人はどうしても犯人探しや原因追及をしなければ気が済まないのだ。誰かが悪者にならなければ事が済まないとき、ターゲットとされるのはマイノリティである黒人だったということなのだろう。
 ただ、その仄めかし方があまりうまくいっているとは言えない部分は確かにあるのかもしれない。そう言えば、ニッキーにマイヤーズ一家の一人息子と遊んでくることを推奨したのは、ローズではなくマーガレットのほうだった(もしかしたら記憶違いかも)。ロッジ家の騒動を裏で操っているのはマーガレットであったはずで、その後のロッジ家の趨勢を決めたのは、黒人と付き合うようなタチの悪いことをしたからということが仄めかされているのだろうか。それからロッジ家がユダヤ系であることが仄めかされる(ガードナーは聖公会だと否定するのだが)のも意味ありげにも思えるのだけれど、そのあたりの事情に疎いのでよくわからず……。
 騒動の最中、逃げ回るニッキーの目線でベッドの下から足元だけで格闘シーンを描くあたりとか、その後の「背中に突き刺さるナイフ」や「毒の入ったミルク」などヒッチコックを思わせる演出はなかなか楽しめた。

ジョージ・クルーニーの作品
コーエン兄弟の作品

関連記事
スポンサーサイト
Date: 2018.05.07 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>サバービコン 仮面を被った街 from 象のロケット
1950年代、アメリカ郊外の閑静な新興住宅地サバービコン。 白人ばかりが住むこの街に、黒人の家族が引っ越してきた。 自治会は大騒ぎとなり、一家への嫌がらせが始まる。 一方、その隣のロッジ家には強盗が入り、足の悪い主婦ローズが殺されてしまう。 残された夫ガードナーと息子ニッキーの世話をするため、ローズの姉マーガレットがしばらく滞在することに…。 サスペンス。 >READ

2018.05.11

>>「サバービコン 仮面を被った街」:トランプへの怒りと・・・ from 大江戸時夫の東京温度
映画『サバービコン 仮面を被った街』は、ジョージ・クルーニー監督作品ですが、脚本 >READ

2018.05.13

>>サバービコン from 映画に夢中
コーエン兄弟の脚本をベースに、ジョージ・クルーニーが共同脚本と監督を務め、マット・デイモンが主演した異色のクライム・ドラマ。1950年代の一見平和なニュータウンを舞台に、住民たちの秘められた悪意が引き起こす2つの醜悪な事件の顛末をブラックかつオフビートなタッチで描き出す。共演はジュリアン・ムーア、オスカー・アイザック。あらすじ:アメリカン・ドリームを絵に描いたような明るく平和なニュータウン、... >READ

2018.05.25

>>「サバービコン 仮面を被った街」☆コーエン味たっぷり from ノルウェー暮らし・イン・原宿
1950年代に実際に起きた人種差別暴動をモチーフにジョージ・クルーニー監督がコーエン兄弟と脚本を練り上げた傑作。 かなり「ファーゴ」に近いテイストで、カラフルで鮮やかな色合いがどこか毒々しくて着色料たっぷりの体に悪そうなまるでジェリービーンズのようなお話。 思いもよらないような方向へどんどん転げ落ちて行く様が、「酷過ぎる」のにどこかコミカルで、皮肉たっぷりなブラックさがまさにコーエンちっ... >READ

2018.05.27

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR