FC2ブログ

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 見たことのない映像/どこかで見た映像

 『レオン』『グレート・ブルー』などのリュック・ベッソンの最新作。
 原作はピエール・クリスタンとジャン=クロード・メジエールによるバンド・デシネ『ヴァレリアンとローレリーヌ』。

リュック・ベッソン 『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 主人公ヴァレリアン(デイン・デハーン)とその相棒ローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は少年・少女みたいな雰囲気だった。

 冒頭、デビッド・ボウイの「Space Oddity」に合わせ、1975年のアポロ号のカプセルとソ連のソユーズとのドッキングする実際の映像が登場する。それから時代は流れに流れ、様々な種類のエイリアンたちと人間たちが握手する様子が描かれる。そして、その後のパール人の惑星の見たこともない映像へと続いていくあたりはなかなか快調で、ここまでほとんど台詞らしい台詞もなく映像だけで見せていく。(*1)
 どこかの政府の連邦捜査官という肩書きの主人公ヴァレリアン(デイン・デハーン)とその相棒ローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)のやり取りは賑やかで、ラブコメ風の味わいもある。SF的ガジェットも盛りだくさんで、拡張現実の世界での鬼ごっことか、巨大なエネルギー入っている真珠とか、何でもコピーしてしまう生き物など、その設定が十分に活かされているとは思えないけれど、とにかく色々と詰まっていて楽しめる作品となっている(やや上映時間が長いけれど)。

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 パール人の惑星の場面は究極のリゾート地みたいな風景が広がっている。

 先ほどは“見たこともない映像”などと書いたのだけれど、その一方でどこかで見たことのあるように感じられる部分も多々ある。原作であるバンド・デシネ(フランス語圏の漫画)『ヴァレリアンとローレリーヌ』は、あの『スター・ウォーズ』にも影響を与えた作品と言われているらしく、確かに『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』に登場するクリーチャーは、『スター・ウォーズ』のそれとよく似ているのだ。
 実際には『スター・ウォーズ』がその漫画から掠め取っていたとしても、「先にやった者勝ち」のところもあって、世界的に有名になったのは『スター・ウォーズ』のほうが先だから、『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』はその亜流のようにも見えてしまう部分はある。金をかけているだけあってパール人の惑星の映像は見事なのだけれど、パール人自体は『アバター』の影響も明らかだし、リュック・ベッソンは自分が子供のころに夢中になった漫画を純粋に映画化したいという一心だったのかもしれない。
 とにかく物語などあって無きが如しで、ビジュアルがすべてという作品。相棒ローレリーヌの危機に際し、ヴァレリアンはそんなことを忘れたかのように、リアーナ演じるバブルのポールダンスを堪能するという脱線ぶり。しかもその脱線のほうが本筋よりもおもしろかったりもするから困ったもの。そう言えば『フィフス・エレメント』でも、本筋ではない宇宙人のオペラのシーンが一番印象に残っている。これもリュック・ベッソンらしいと言えるのかもしれない。

(*1) 『最後の戦い』というベッソンの長編デビュー作品は、全編台詞なしの作品だった。個人的にはこの作品がベッソンのなかでベストなんじゃないかとも思う(観てない作品も多いけれど)。若かりし頃のまだ洗練されてない感じのジャン・レノも登場する。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主 [Blu-ray]


ヴァレリアン 千の惑星の救世主 [DVD]


ヴァレリアン 千の惑星の救世主(字幕版)


ヴァレリアン (ShoPro Books)


最後の戦い [DVD]


フィフス・エレメント [Blu-ray]


フィフス・エレメント [Blu-ray]


リュック・ベッソンの作品
関連記事
スポンサーサイト
Date: 2018.04.04 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>劇場鑑賞「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」 from 日々“是”精進! ver.F
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201804050000/ ☆ CD/オリジナル・サウンドトラック ヴァレリアン 千の惑星の救世主 (解説付) (輸入盤国内仕様)/アレクサンドル・デスプラ/RBCP-5521 >READ

2018.04.05

>>70『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 from シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ
リュックベッソン最新作は新感覚スペースオペラ! 『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 ~あらすじ~ 西暦2740年。宇宙の平和を守るため、銀河をパトロールしている連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)。アルファ宇宙ステーションに降り立った彼らは、長い時間をかけて規模を広げ、多種多彩な種族が共存している“千の惑星の都市”の繁栄を... >READ

2018.04.23

>>『honey』『ヴァレリアン』『ボクノ名前はズッキーニ』『トゥームレイダー』『ペンタゴン・ペーパーズ』 from ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
摘まんで5本まとめてレビュー。 ◆『honey』丸の内TOEI① ▲眠りトラップを発動する平パイセン。 五つ星評価で【★★★平佑奈が可愛ければ他はもうどうでもオマケ】 平祐奈パイセン、ちゃんと一作一作演技変えてくるから偉いわ〜。 どこかで見たような場面が続いてもそれが苦にならないのはキャラクターをきちんと許せるように構築してるから。 ジャニの彼も声がスリムクラブの真栄... >READ

2018.04.29

>>ヴァレリアン 千の惑星の救世主 from 銀幕大帝αTB受付
TBはここにお願い致します。 >READ

2018.09.21

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR