『15時17分、パリ行き』 未然、突然、偶然、必然……

 『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』などのクリント・イーストウッド監督の最新作。
 2015年に起きたタリス銃乱射事件の映画化。実際に犯人を取り押さえた3人が、映画のなかでも本人役として登場する。最後はフランスのオランド大統領から勲章を授与されるという実際のニュース映像へとつながっていくのだが、さすがに本人が演じているだけにその移行もスムーズだった。

クリント・イーストウッド 『15時17分、パリ行き』 タリス銃乱射事件の映画化。

 『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』などで何度も実話の映画化してきているクリント・イーストウッド監督。今回のタリス銃乱射事件がほかの実話と異なるのは、事件を未然に防いでしまったというところにある。この事件では乗客の一人が重傷を負うことになったわけだけれど、列車という密室に自動小銃などを持ち込んでテロ行為に及ぶという絶体絶命の状況のなか、被害が最小限で済んだのは奇跡のような出来事だったのかもしれない。
 この映画はそれが奇跡ではなかったということを示してみせようという意図なんだろうと思う。映画のなかでは描かれていないけれど、ウィキペディアによると実際の事件では、事件に気づいた乗務員は乗務員室に逃げ込んで鍵をかけてしまったのだという。そんななか偶然その列車に乗り合わせたアメリカ人の軍人2名とその友人が犯人制圧に成功することになる。

『15時17分、パリ行き』 スペンサー・ストーンは事件に遭遇し自分のなすべきことをなす。

 この作品の脚本はドラマツルギーとしては失敗していると言ってもいいのかもしれない。というのも事件は未然に防がれたからで、ドラマとしては盛り上がりに欠けるからだ。たとえば『ハドソン川の奇跡』でも飛行機事故自体はあっという間に終わってしまうから、視点を変えて3回事故を描いたり、国家運輸安全委員会での聴き取りをクライマックスに持ってきたりもしている。
 しかし『15時17分、パリ行き』では事件は唐突に起き、あっという間に終わってしまう。主役の3人スペンサー・ストーンアレク・スカラトスアンソニー・サドラーは、偶然にもその列車に乗り合わせ、しかも犯人が銃を持って姿を現すことになる一等車両に席を移動している。チャンスは多分一瞬しかなかったはずだ。それでも中心人物となるストーンは、その一瞬に自分のなすべきことをなす決断をすることができたのだ。
 この映画では一応事件が起きることは最初から触れられていて、そこに至るまでの長い時間が追われることになる。3人の出会いから始まって、久しぶりに再会しての初めてのヨーロッパ周遊のエピソードが丁寧に描かれる。つまりは事件の前の何気ない日常の場面が続いていくことになるのだ。
 事件を起こしたテロリスト側から描いたとしたら、緊張感のあるドラマを積み上げていくこともできたはずだけれど、この映画ではたまたま事件に遭遇したヒーローの側から描いていくために、楽しい観光旅行の最中に事件は唐突に生じることになるのだ。

 「幸運の女神には前髪しかない」という言葉がある。幸運の女神をつかまえようとしたら、すれちがって振り返ってからでは遅いということだ(後ろ髪はないから)。つまりはチャンスをつかみ取るには、常に準備をして、待ち構えていなければならないのだ。
 この事件の場合はストーンたちが遭遇したのは女神でもチャンスでもないけれど、決断の瞬間がわずかでも遅れていたら、事件を未然に防ぐことはできなかっただろう。ストーンが紆余曲折あって学んできたことのすべてがその瞬間の決断に活かされ、その後の人命救助にも役立っている。彼が「大きな目的」に向かって動かされていると感じているように、運命的に事件に導かれていったようにすら感じられる。3人が事件に遭遇したのは偶然なはずだけれど、後から振り返ると事件を未然に防げたのは必然のようにも思えてくるのだ。
 それでも突然の事件、しかも未然に防がれた事件を描くというのはなかなか難しい仕事だ。事件が唐突すぎて物語の盛り上げようがないからだ。ただ現実はそんなものだから仕方ない。普通はそんな話を映画化するのは難しそうだ。この企画をほかの監督がやろうとしても企画倒れになったんじゃないだろうか。クリント・イーストウッドだからこそ成り立った作品だと言えるかもしれない。

15時17分、パリ行き (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2018.03.04 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (6)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>15時17分、パリ行き from 象のロケット
2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。 フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。 乗務員は乗務員室に逃げ込み、554名の乗客全員が恐怖に怯える中、乗り合わせていた3人の若者が立ち上がった…。 実話から生まれたサスペンス・スリラー。 >READ

2018.03.08

>>15時17分、パリ行き from 映画に夢中
「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」の巨匠クリント・イーストウッドが、2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役に、事件に至るまでの彼らの半生を、プロの俳優ではなく本人たちを主演に起用して描いたドラマ。あらすじ:2015年8月21日、オランダのアムステルダムからフランスのパリへ向かう高速列車タリスの中で、銃で武... >READ

2018.03.08

>>映画「15時17分、パリ行き」 from FREE TIME
映画「15時17分、パリ行き」を鑑賞しました。 >READ

2018.03.10

>>『15時17分、パリ行き』('18初鑑賞24・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 16:50の回を鑑賞。 2D:字幕版。 >READ

2018.03.17

>>「15時17分、パリ行き」:普通の人々 from 大江戸時夫の東京温度
映画『15時17分、パリ行き』は、主役の3人や列車の乗客に、事件の当事者が多く含 >READ

2018.03.17

>>「15時17分、パリ行き」 from ここなつ映画レビュー
クリント・イーストウッドが放つ実話に基づいた社会派作品。こうくれば、どうしても真面目に捉えた作品だろうし、襟を正して観るべきだと思う。実際に本作の作りは大変真面目だ。「15時17分、パリ行き」の国際列車に乗り合わせたテロリストを身を呈して捕まえた3人の若者の、その生い立ちから友情の成立からを描いている。その列車に乗るまでの彼らの日常まで描いている。単なるパニックものではないぞ、と。真面目だ。... >READ

2018.03.27

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR