『ジュピターズ・ムーン』 ヨーロッパにおける奇跡待望論?

 『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』コーネル・ムンドルッツォ監督の最新作。
 タイトルの“ジュピターズ・ムーン”とは、いくつもある木星の衛星なかの「エウロパ」のことを指している。「エウロパ」には生命体が存在する可能性があるとも言われており、「エウロパ」つまり「ヨーロッパ」に新しい可能性が秘められているかもしれないという希望が込められているようだ。

コーネル・ムンドルッツォ 『ジュピターズ・ムーン』 アリアン(ジョンボル・イェゲル)はなぜか空中浮遊する能力を獲得することになり……。

 この作品はハンガリーを舞台にしている。ハンガリーはEUの辺境にあり、EU以外の国と接するところに位置していることから、ヨーロッパ諸国で問題となっている移民問題がより深刻なものとなっているようだ。この作品の冒頭もシリア難民たちの不法入国の場面からスタートする。
 国境警備隊の見つかった難民たちは四方八方に散らばりつつ無我夢中で逃げ惑う。全速力で走り抜けていく主人公アリアン(ジョンボル・イェゲル)をカメラが併走してながら追いかけていくという長回しの撮影がとても見事(後半のスリリングなカーチェイスも)。主人公となる少年アリアンはこの際に国境警備隊の銃弾に倒れてしまうのだが、なぜかアリアンは死ぬこともなく、あろうことか重力に反するように身体を宙に浮かべる能力を獲得してしまう。
 この空中浮遊の撮影がまた幻惑的で、無重力空間を漂うようなアリアンを、カメラも彼の周囲をぐるぐる回りながら捉えていく。何が起こっているのかわからないままに展開していく“つかみ”の部分はとても素晴らしかった。このあたりだけでも「一見の価値あり」とも言えるかもしれない。

『ジュピターズ・ムーン』 医師シュテルン(メラーブ・ニニッゼ)はアリアンの能力を金儲けに利用しようとする。

 ただ、このアリアンの空中浮遊という能力を登場人物ばかりか、製作陣も使いあぐねているようにも感じられる側面もあった。「空中浮遊できたから何?」というツッコミも当然あるだろうし、実際にアリアンを利用して金を稼ごうという医師シュテルン(メラーブ・ニニッゼ)の方法も見世物の類いを超えるものではないからだ。
 さらにアリアンの能力は空中浮遊だけではなく、重力そのものを操ることであり、その能力を神の戒めの如くに使い人を殺めたりするエピソードによって、アリアンの立場がどっちつかずなものに感じられてしまうところもある(見世物としておもしろいのだけれど)。

 『ジュピターズ・ムーン』での空中浮遊は“奇跡”の象徴ということになるのだろう。そうした超自然現象を前にして、アリアンを利用するつもりだったシュテルンも、アリアンを撃ってしまって自ら立場を危うくしたラズロ(ギェルギ・ツセルハルミ)にも、回心(改心)のような瞬間が訪れることになるというラストはよかったと思う。
 難民の問題は土地の問題ということになるだろう。人間は地べたを這って生きるほかないわけで、空を見上げるよりも足元ばかりを気にしている。空を見上げればそこには何の境界もないわけで、土地にだって本来何の境界もないはず……。そんな希望が空中浮遊という奇跡には込められているようだ。

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ) [DVD]



関連記事
スポンサーサイト
Date: 2018.02.04 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>ジュピターズ・ムーン from 象のロケット
セルビアとの国境に近いハンガリーの難民キャンプ。 医療ミスで病院を追われた医師シュテルンは、違法に難民を逃がすことで賠償金を稼ぎ訴訟を取り下げてもらおうと目論んでいた。 そんなある日、傷を自力で治癒できる上に浮遊する能力を持つ少年アリアンと出会う。 シュテルンはアリアンを金儲けに利用しようと、病院から連れ出すことに…。 SFファンタジー。 >READ

2018.02.04

>>『ジュピターズ・ムーン』('18初鑑賞10・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月31日(水) シネ・リーブル神戸 アネックス にて 13:35の回を鑑賞。 字幕版。 >READ

2018.02.05

>>『ジュピターズ・ムーン』 都市の空中浮遊 from Days of Books, Films
Jupiter's Moon(viewing film) シリア難民の青年アリア >READ

2018.02.06

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR