『ブリムストーン』 西部劇版サイコスリラー

 監督はオランダのマルティン・コールホーヴェン
 ベネチア国際映画祭のコンペティション部門にノミネートされた作品。

マルティン・コールホーヴェン 『ブリムストーン』 リズ(ダコタ・ファニング)と牧師(ガイ・ピアース)の関係は?

 口のきけないリズ(ダコタ・ファニング)がいる小さな村に、顔に傷のある牧師(ガイ・ピアース)がやってくる。なぜかリズはその牧師のことを避けるようにしている。ふたりの過去に何があったのかという疑問を抱かせながら物語は進んでいく。
 この作品は4章構成で成り立っていて、第1章「啓示」においてある事件が起きたあと、第2章「脱出」、第3章「起源」と時間を遡っていき、第4章「報復」においてまた第1章の続きへと戻ってくる。
 「口のきけない女とそれを追う牧師の関係は?」という謎で引っ張っていくところはよかったと思うのだけれど、明らかにされる過去にちょっと拍子抜けだった。神の名の下に自分の欲望を正当化する牧師の姿はおぞましいけれど、ネタが明かされてみると西部劇版のサイコスリラーといった趣きに留まってしまっているように思えた。残虐な殺しのシーンもふんだんに盛り込まれていて退屈することはないのだけれど……。

 『ブリムストーン』チャールズ・ロートン監督の『狩人の夜』(1955年)という作品にインスパイアされているとのこと。牧師が殺人鬼という点や、神の視点からのカットなど色々と影響関係は認められるのだけれど、まったく別のものになってしまっている。実は『狩人の夜』を今回初めて観たのだけれど、とてもオリジナリティに溢れた作品で素晴らしかった。公開当時は評価されず、のちに再発見された作品とのこと(日本での公開も1990年)。

ブリムストーン [Blu-ray]


ブリムストーン [DVD]



狩人の夜 [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2018.01.22 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>ブリムストーン from 象のロケット
開拓時代のアメリカ。 小さな村で歳の離れた夫と2人の子供と暮らす美しい女性リズ。 彼女は言葉を発することは出来ないが、助産師として村では頼られる存在だった。 ある日、村にやって来た新しい牧師を見て、リズは顔色を変える。 その後、一家に次々と不幸が襲い掛かることに…。 サスペンス・スリラー。 R15+ >READ

2018.01.24

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR