『エイリアン:コヴェナント』 エイリアンのつくり方

 リドリー・スコットの最新作にして『エイリアン』シリーズの最新作。
 タイトルの「covenant」とは「契約」の意味。

リドリー・スコット 『エイリアン:コヴェナント』 ダニエルズ(キャサリン・ウォーターストン)の格好はリプリーのそれを思わせる。

 『プロメテウス』は『エイリアン』の前日譚だったわけだけれど、この作品はその続篇であり、『エイリアン』のシリーズ第1作目へとつながる作品となっている。個人的にはごちゃごちゃしていて不明点も多かった『プロメテウス』よりも『エイリアン:コヴェナント』のほうが楽しめた。
 監督のリドリー・スコットは、一応の主役であるダニエルズ(キャサリン・ウォーターストン)にはリプリーのパロディのような格好をさせてみたりして楽しそう。前作の生き残りであるアンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)にはウォルター(マイケル・ファスベンダーの二役)という瓜二つのアンドロイドを登場させて妖しい雰囲気で戯れてさせてみたりもする。『悪の法則』ほどではなくとも、それなりに嫌な気持ちになるラストも好みだった。

『エイリアン:コヴェナント』 デヴィッド(マイケル・ファスベンダー)誕生の場面。この場面は『プロメテウス』より前の話ということになる。

『エイリアン:コヴェナント』 今回登場するエイリアンの姿。第1作目に登場したエイリアンとよく似ている?

 冒頭はアンドロイドのデヴィッドと、それを生み出した創造主たるウェイランド(ガイ・ピアース)との会話となっている。創造主はデヴィッドにその力関係を見せつけようとしているのだが、その雲行きはあやしい。創造主と被造物の関係がこの作品のキモとなってくる点で『ブレードランナー』にも似通ってくる(『ブレードランナー』では、被造物であるレプリカントが創造主たるタイレル博士を殺すことになる)。
 前作『プロメテウス』では、人類の創造主がエンジニア(=スペースジョッキー)と呼ばれる宇宙人だったということが明らかになった。エンジニアは人類を創造し、人類はアンドロイドを創造した。『コヴェナント』ではそうした関係性のなかにエイリアンの存在も位置づけることになる。
 『プロメテウス』ではエイリアンはエンジニアが生物兵器として生み出したものであることは示されてはいるものの、『エイリアン』に登場したような完成態のエイリアンはまだ登場していなかった。『コヴェナント』ではエンジニアの星に到着したデヴィッドが様々な実験を経て、エイリアンを進化させていったことが語られる(エンドクレジットのなかには「The Selfish Gene(利己的な遺伝子)」と記載があったような気がするから進化論的な考えは前提となっているのだろう)。創造主である人間に「創造すること」を禁じられたはずのアンドロイド・デヴィッドが創造主になるのだ。
 思えば『エイリアン』シリーズの前四部作はエイリアンの退化の過程だったように思えなくもない。リドリー・スコットはこのシリーズの創造主でもあるわけだが、以後の作品の監督はそれぞれその時の旬の監督が担当することになった。雑誌のインタビューでは、『エイリアンVSプレデター』で『エイリアン』シリーズは燃え尽きてしまったなどとも語っているようだ。創造主としては複雑な想いもあったのだろう。
 シリーズの最終章に位置づけられる『エイリアン4』では、リプリーの遺伝子を受け継いだエイリアンが登場することになるのだが、その姿はグロテスクな失敗作にしか見えなかった。リドリーは新たに前日譚をつくることで、燃え尽きてしまった完成態エイリアンを再創造させたかったのだろう。
 実はこのシリーズの次作の製作も噂されているようで、その作品は『プロメテウス』と『コヴェナント』の間の話になるのだとか。今さら時間を遡って何を描くのかは謎だけれど、意外と楽しみな気もする。

エイリアン:コヴェナント 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]


【Amazon.co.jp限定】エイリアン:コヴェナント ブルーレイ版スチールブック仕様 [Steelbook] [Blu-ray]



『エイリアン』シリーズ
リドリー・スコットの作品
関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.09.28 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (5)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>エイリアン:コヴェナント★★★・5 from パピとママ映画のblog
リドリー・スコット監督による「プロメテウス」の続編にして、79年製作のSF映画の金字塔「エイリアン」へと繋がるSFホラー。地球を後にした宇宙船コヴェナント号のクルーたちを待ち受ける驚愕の運命とエイリアン誕生の秘密を描き出す。主演はキャサリン・ウォータース... >READ

2017.09.29

>>エイリアン:コヴェナント from 象のロケット
人類初の大規模宇宙移住計画のため、滅びゆく地球を旅立った宇宙船コヴェナント号は、コールドスリープ(低温睡眠)状態の2000人の入植者を乗せ、移住先の惑星オリガエ-6を目指していた。 航行中、大事故に見舞われた乗組員たちは、謎の電波をキャッチする。 発信元の惑星が地球と似た環境であることに気づき、小型船で調査に向かうが…。 SFホラー。 >READ

2017.09.29

>>エイリアン:コヴェナント from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
リドリー・スコットが監督・製作を担当して、「プロメテウス」の続編で「エイリアン」の前日談だ。といっても、第1作の単純な物語からどんどん難しくなっていく。人類移住計画で地球を捨て、巨大な宇宙船で旅をしている。新たな惑星を探す間、船の管理はアンドロイドが行う。 >READ

2017.10.14

>>映画:エイリアン コヴェナント ダークさ・凶暴さに磨きがかかったBeforeシリーズ第2弾(汗) from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
コヴェナント、とは新惑星への移住の旅を続ける宇宙船の名称。 何千人を人口冬眠させつつ、アンドロイドの David が1人で宇宙船を管理している。 ところが予期せぬ事故で冬眠中のクルーの一部が死傷、運行チームは叩き起こされる。 ここで既に某メジャー俳優が死... >READ

2017.10.20

>>映画:エイリアン コヴェナント 今作の磨きがかかった「ダークさ・凶暴さ」について、改めて検証してみた(汗) from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
すでに一度感想をアップしているが、追加で。 前の感想=ダークさ・凶暴さに磨きがかかった感じ このダークさ・凶暴さに磨きがかかった感じ、という感想は何処からきているか。 改めて考えてみた(極力ネタバレにならないようには表現しています) よくあるパターンは=ヒューマンエラーあるいは人間たちの争い だが映画中の「現在」コヴェナント号のクルーたちによる大きな過ちとか争いは発... >READ

2017.10.20

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR