『ダンケルク』 陸海空のすべての戦いを体験する

 『ダークナイト』『インターステラー』などのクリストファー・ノーランの最新作。
 イギリスでは誰もが知っているという「ダンケルクの戦い」という実話の映画化。「ダンケルクの戦い」というのは実は撤退戦で、第二次大戦中の1940年にフランスのダンケルクに追い込まれたイギリス兵たちの負け戦を描いている。

クリストファー・ノーラン 『ダンケルク』 主役のひとりトミーを演じたフィン・ホワイトヘッドは新人だとか。

 『ダンケルク』は3つのパートに分かれている。ダンケルクの浜辺で救出を待つ40万人のイギリス兵たちのパート。ここでは船に乗るために四苦八苦するトミー(フィン・ホワイトヘッド)が視点となって描かれていく。次にそれを救出に向かう民間人である小型船所有者のドーソン(マーク・ライランス)とその同行者たちのパート。そして、空でドイツ軍を迎え撃つ空軍パイロット・ファリア(トム・ハーディ)のパート。
 陸海空のすべての戦いが同時に進行していくのだが、実はタイムスパンはまったく異なる。陸では1カ月が経過するのだが、海では1週間、そして空は1時間という短い時間となる。だから場面が変わると昼の場面から夜の場面へと一気に時空を越えたりもするし、それぞれのパートの視点で同じ場面が繰り返されるために時間が遡ったりするように感じられる部分もある。たとえばファリアが空から見ていた沈没船の場面は、その後に海のパートでなぜ沈没するに到ったかという点が詳しく描写されることになり、最終的にはそれぞれのパートが交じり合って撤退戦の成功を導くことになる。

『ダンケルク』 船を待つイギリス兵たち。固まっているところを空から狙い撃ちされる場面が恐ろしい。

 冒頭で閑散とした街を逃げ回っていたトミーがドイツ軍の攻撃を受ける場面でも、ドイツ軍の姿は一切見えない。カメラは徹底的にイギリス軍の側に留まり、観客もイギリス軍の立場からこの戦いを体験していくことになる。散発的な銃撃も、不気味な音と共に出現する空から攻撃も唐突で、追いつめられたままダンケルクの浜辺に篭城する形になったイギリス側は為す術もない。
 この作品ではほとんど物語の起承転結といったものは放棄されている。浜辺に足止めされたイギリス兵たちは生き延びることだけが目標となっていて、そのためか説明的な台詞も排除されている。トミーは生き延びるために負傷兵を運んで救助船に乗り込もうとし、フランス兵なのにイギリス兵の軍服を着て紛れ込もうとするギブソン(アナイリン・バーナード)についても、その行動についての説明などない。ただ誰もが生き延びるためだけに行動しているから説明など不要なのだ。だから観客もそうした兵士と一緒になって地獄のような世界を連れまわされることになる。冒頭からハンス・ジマーの時計の音をモチーフにした音楽が響き不安感を煽り続けることになるのだが、その音が止まった瞬間の静けさが安堵を誘う。

 蓮實重彦クリストファー・ノーランのことをどこかで「アイディアの人」と言っていた。確かに『メメント』の時間軸の操作は革新的なアイディアだったと思う。それと比較すればこの作品の時間軸の操作は目新しいとは言えないだろう。ただ、イギリス以外ではあまり知られていない「ダンケルクの戦い」を効率よく世界中の観客に体験させるための工夫としてははまっていたかもしれない。
 アイディアの面では特出していなくても、リアル志向のほうでは特出している。スピットファイアーという戦闘機も本物を使用しているらしく、ミリタリーマニアなんかが見れば垂涎ものらしい。スピットファイアーだろうが零戦だろうか飛行機としか判別できない私のようなミリタリーオンチには猫に小判みたいなものなのかもしれないけれど、それでも何かしらのリアリティは伝わっているはず。CGで塗りこめたような映像を見たいとは思わないので、リアル志向は今後も維持していってもらいたい。というかリアル志向はほとんどノーランの意地みたいなものすら感じるほどの徹底ぶりなので、こちらが心配することもないと思うけれど……。

メメント [Blu-ray]


メメント [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.09.11 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (11)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>「ダンケルク」 from 或る日の出来事
ドイツ軍の飛行機は不足していたのか? >READ

2017.09.11

>>[映画『ダンケルク』を観た] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆・・・面白かった! 戦争映画じゃないね、重圧(被プレッシャー)映画だ。 なんか、巨大な物質が軋むかのような音楽が、物語全編を覆い、 銃撃の音は耳元で鳴り響く。 船も埠頭も大地も海も、なんら敵からの遮蔽とならず、攻撃の前には藻屑でしかない。  面白い... >READ

2017.09.12

>>ダンケルク from 象のロケット
第二次世界大戦中の1940年。 ナチスドイツのフランス侵攻により、40万人ものイギリスとフランスの連合軍兵士たちは、ドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクまで追い詰められていた。 圧倒的な数のドイツ敵軍が迫る中、民間船までもが関わった史上最大の救出作戦が動き出す…。 実話から生まれた戦争アクション。 >READ

2017.09.13

>>ダンケルク  監督/クリストファー・ノーラン from 西京極 紫の館
【出演】  フィオン・ホワイトヘッド  マーク・ライランス  トム・ハーディ 【ストーリー】 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミーら若い兵士たち... >READ

2017.09.13

>>ダンケルク from だらだら無気力ブログ!
迫力ある空戦は見応えあり。 >READ

2017.09.14

>>『ダンケルク』 from こねたみっくす
残酷なものほど美しい。 凄まじい映画だ。たった106分の映画なのに、何て長く感じることか。もちろん見終わった後は心身共にヘトヘトになるはずだったのに、なぜか見てはいけない美しいものを見た喜びで心の奥底が満たされている。 戦場の臨場感で震えさせたその先に、映... >READ

2017.09.14

>>映画:ダンケルク Dunkirk 「撤退」を描く異色の戦争映画、かつノーラン流「時間軸の多層構造」も入れ、最後には感動させる名人芸。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
まず戦争映画のジャンル史上、画期的な企画。 何と「撤退」がメインプロット! ドンパチというよりは、一方的に攻撃される主人公たち... このため、非常にテンション高いシーンの連発で、息つく暇もない(汗) 陸から空から水中から(Uボート魚雷)ドイツ軍に責め立てられる連合軍、総勢 40 万人! こういう創り方もあるんだ、とクリストファー・ノーラン監督に、ひとしきり感心。 一... >READ

2017.09.15

>>映画:ダンケルク Dunkirk 感想その2 「時間軸の多層構造」部分のディテール × 3、に思わず目まい。予想外の中毒性が実に危険!(笑) from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
昨日、感想をアップしたが、まだ書き足りてないことに気づき、追加。 基本、 ・「撤退」を描く異色の戦争映画 ・かつノーラン流「時間軸の多層構造」 ・最後には感動させられてしまう まだ書き足りないのは「時間軸の多層構造」部分のディテール。 実は、× 3... >READ

2017.09.15

>>『ダンケルク』 逃げまどう戦争映画 from Days of Books, Films
Dunkirk(viewing film) クリストファー・ノーラン監督の映画は >READ

2017.09.18

>>ダンケルク ~ 名もなき英雄たち from まぜごはん
午前休みで映画はいい気分。 8時台スタートの映画とかもあって、半日がたっぷり有効に使えますね。 レディスデーの水曜日に「ダンケルク」観てきました。公式HP 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルク... >READ

2017.09.18

>>ダンケルク / DUNKIRK from 勝手に映画評
第二次世界大戦の序盤、破竹の勢いで勝ち続けるナチスドイツの勢いに押された連合軍が、ヨーロッパ大陸から必死の撤退を行うダイナモ作戦を描いた作品。 『ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』などの作品で、不思議な世界をCGを使わず欲しいままに映像... >READ

2017.09.19

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR