『パターソン』 a-ha?

 監督・脚本は『ストレンジャー・ザン・パラダイス』などのジム・ジャームッシュ
 ゲスト的な出演だけれど「a-ha?」というよくわからない相槌でおいしいところを持っていくのは、『ミステリー・トレイン』以来のジャームッシュ作品出演となる永瀬正敏

ジム・ ジャームッシュ 『パターソン』 変わらぬ朝の風景から1日が始まる。主人公には話題作に引っ張りだこのアダム・ドライバー。奥さん役は『彼女が消えた浜辺』のゴルシフテ・ファラハニ。

 舞台はニュージャージー州パターソン。その町と同じ名前の主人公パターソン(アダム・ドライバー)はバスのドライバーをしている。この作品は彼のなんてことのない一週間を描いていく。
 妻のローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)がまだ寝ているうちに仕事へと出かけていくパターソン。バスのなかで出発を待つ合間にはノートに詩をしたためる。同僚がいつものように出発時間を知らせると、それを合図に町へとバスを走らせ、仕事が終われば妻の待つ家へ歩いて帰る。夕食後は愛犬と共に散歩へと出かけ、バーでビールを一杯だけ傾ける。そうした平凡な日々の繰り返しだ。なぜか双子が何組も出てきたり、あちこちに詩人が登場したりもするけれど、他愛ないエピソードばかりなのだ。
 ただ、そうした単調な日々も決して退屈なものではない。彼はバス・ドライバーであると同時に詩人であり、日常のなかの何気ない物事を詩に謳い上げる。お気に入りのマッチ箱ですら、彼にとっては詩の題材になってしまうのだ。
 日々を楽しむ点では妻のローラも負けていない。ローラは専業主婦なのかもしれないのだけれど、毎日部屋の模様替えやらファッションやら何かしらアーティスティックな活動をしている。突然の思い付きでギターを旦那にねだったりするのは調子がいいのだけれど、パターソンはそんな奥さんのことが愛おしいらしい。

『パターソン』 主人公パターソン(アダム・ドライバー)と愛犬マーヴィン。背景には滝が見える。

 パターソンという町は名所と言えば滝があるくらいで、どちらかと言えば寂れた町に見える。この町のどこに詩情を誘うものがあるのかはよくわからないのだけれど、ウィリアム・カーロス・ウィリアムズというアメリカを代表する詩人や、ビートニクの詩人ギンズバーグなんかも輩出しているとのこと。詩人の目には日常の風景すらも詩的なものとなるのかもしれない。
 この作品では事件らしいことは何も起こらない。主人公のごく普通の生活が描かれていくだけなのだが、そこに詩情が感じられる。バスが走り出すとその窓に映り込む町の風景も流れていく。それがいつの間にかにパターソンの横顔と町の風景とのオーバーラップへと移行していくうちに、彼の構想する詩がかぶさってくる。そうした映像と音の推移がとても心地よいのだ。
 語るべきテーマなんか何もなくても映画はいくらでもおもしろくなるということを改めて感じさせる作品だったと思う。そして、パターソンに手酷い仕打ちを喰らわせることになるバカ犬マーヴィンが何ともかわいらしく、その演技はカンヌ映画祭のパルム・ドッグ賞受賞も納得のうまさだった。

ジム・ジャームッシュの作品
関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.08.30 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (7)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>パターソン from 象のロケット
アメリカ・ニュージャー州パターソン市。 バスの運転手をしている男パターソンは妻ローラと愛犬マーヴィンと暮らしている。 仕事が終わると真っ直ぐ家に戻り、犬の散歩、そしてバーで1杯飲むのが日課だった。 詩を愛するパターソンは、自分でもノートに詩を綴っている。 一方、妻はバザーに出すカップケーキ作りに夢中だった…。 ヒューマンドラマ。 >READ

2017.08.31

>>映画:パターソン Paterson 平凡な日常に潜む、ちょっとした 幸せ や 変化、をじんわりと味わう(笑) from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
前作「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」がやっとやっと久々に面白かった(笑)ジム・ジャームッシュの新作。 今作は前作の吸血鬼な派手さはなく、一つ間違えると大駄作化しかねない展開(汗) プロットは何処?というほど何も起こらない(笑) ん... >READ

2017.09.02

>>パターソン from 映画的・絵画的・音楽的
 『パターソン』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て良さそうだなと思い、映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭では、「月曜日」の字幕が映し出され、主人公のパターソン(アダム・ドライバー)とその妻・ローラ(ゴルシフテ・ファラ... >READ

2017.09.21

>>[映画『パターソン』を観た] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆・・・やっぱ、いい。 私の人生に影響を与えた30人を選ぶとしたら、ジム・ジャームッシュは欠かせない。 そのデビュー作からタイムリーに生きてこられた幸せを実感しつつ、 その市井の徒の淡々とした、でも目の離せない生き方、 スタイリッシュさ、 徹底的に構築されたデザインの数々、 詩的なカメラワークの迷宮性、 美女に美少女、ブルドッグ、バーのマスターと常連に、会社の同僚、バスのお客さんたち、街の人... >READ

2017.09.23

>>「パターソン」:「ツイン・ピークス」との符合も from 大江戸時夫の東京温度
映画『パターソン』は、ジム・ジャームッシュが初期の作風に回帰したかのような、ゆっ >READ

2017.09.24

>>『パターソン』 映像で詩を書く from Days of Books, Films
Paterson(viewing film) 『パターソン(原題:Paterso >READ

2017.09.25

>>パターソン★★★ from パピとママ映画のblog
『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュが監督を務め、『沈黙 −サイレンス−』などのアダム・ドライヴァーが主人公を演じたドラマ。詩をつづるバスの運転手の日常を映し出す。共演は『彼女が消えた浜辺』などのゴルシフテ・ファラハニや、ジャームッシュ監... >READ

2017.10.10

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR