『ハクソー・リッジ』 地獄で見つけた奇跡

 『ブレイブハート』『パッション』などのメル・ギブソンの久しぶりの監督作品。
 アメリカで良心的兵役拒否者として初めて名誉勲章が与えられたデズモンド・ドスという人物の実話をもとにした作品。
 タイトルの「ハクソー・リッジ」とは「のこぎり崖」といった意味で、沖縄の前田高地がのこぎりのような崖になっているのを見てアメリカ兵たちが名付けたもの。
 アカデミー賞にも作品賞や監督賞など6部門ノミネートされた。

メル・ギブソン 『ハクソー・リッジ』 アメリカ版のポスター。

 デズモンド・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)は敬虔なキリスト教徒として育ち、聖書の「汝、殺すことなかれ」という教えに忠実でありたいと願いつつ、第二次大戦で周囲の男たちが出兵していくのを見て自らも軍隊へ志願する。しかし、訓練に入ってもドスは銃を持つことを拒否することになる。
 良心的兵役拒否者というのは宗教上の理由などで戦争に行くこと自体を避けるのだろうと思うのだが、デズモンド・ドスという人物は愛国者でもあり、周囲が戦っているのに自分が安穏とした場所にいることも許せないらしい。愛国者としては国を守るためには敵を殺すことになるわけだけれど、戦場で誰もが殺し合うなかでひとりくらい助けて回る人間がいてもいいんじゃないかというのがドスの論理だ。
 ドスの信念は周囲を動揺させることになる。軍隊の上官や同僚たちは嫌がらせをして辞めさせようとするし、説得に現れた婚約者ドロシー(テリーサ・パーマー)がちょっとだけプライドを捨てればと勧めても、ドスは決して信念を曲げることはない。

 メル・ギブソンの作品は『パッション』でのキリストの受難のように、ほとんど度を越した“痛み”を嬉々として描いていく。『ハクソー・リッジ』での沖縄戦の描写もまさに地獄絵図だった。崖の上にはそれまでの激戦を物語る多くの死体が転がり、千切れた身体の一部が散乱する。戦闘が始まれば兵士たちは内臓や脳漿を撒き散らし、火炎放射で火だるまになりながら死んでいく。そんな場所を兵士と一緒に駈け回りつつも、自衛のための武器すら持たないというドスはちょっと正気とは思えない。
 この作品のなかで死んでいく兵士たちは米兵にしても日本兵にしても数多いのだけれど、日本兵がやられる場面は大方が背後から撮られていた。どちらかいえば無個性な日本兵のなかで、洞窟のなかで割腹自殺する場面だけが妙に丁寧に描かれているあたりは、単純に監督メル・ギブソンの趣味の問題なのだろう。

『ハクソー・リッジ』 死体が転がり銃弾が飛び交うなかを武器を持たないドスが駆け回る。

 この作品は一応史実に基づいているとされているのだけれど、誇張されている部分も多いのだろうと思う。手榴弾すら跳ね返してしまったりもするし……。ただメル・ギブソンが描きたかったのはドスという男の常軌を逸した信念なのだろう。それはほとんど奇跡のようなものに思えた。
 ラストでドスがハクソー・リッジから降ろされるとき、まるで彼が空を飛んでいるように描かれている。神々しく地上に降臨してくる姿にも見えるのだ。『パッション』で描かれたキリストの物語が今に至るまで語り継がれているように、ドスという男の物語も語り継がれるべきであるというのがメル・ギブゾンの信念ということなのだろう。
 ちなみに実在のデズモンド・ドスは自分が亡くなる寸前まで、映画化に許可を出さなかったのだという。「真の英雄は大地に眠る人たち」だとして自分が英雄として持ち上げられることを良しとしなかったらしい。何て謙虚な人なんだろうか。もちろん彼の行動が戦争の手助けになっているという意見もわからないのではないのだけれど、誰もがドスのようになれるわけではないし、こんな人がひとりくらいいてもいいんじゃないかと思う。

 メル・ギブソンの作品はしつこいほどの残酷描写でかなり偏っている印象だったのだけれど、この作品では戦争の地獄絵図だけではなく妙に泣かせどころがある作品になっている。アル中の父親(ヒューゴ・ウィーヴィング)が息子を想う気持ちを吐露する場面だとか、先頭に立ってデズモンドをいじめていた「すごく意地が悪い」スミッティ(ルーク・ブレイシー)との和解などあちこちでホロリとさせる。前半の薄気味が悪いほど健全なラブシーンから一転して血みどろの戦場へという急展開が、偏執的なところが薄れた分かえってアンバランスにも感じられるけれどエンターテインメントとしてはいいのかもしれない。
 主演のアンドリュー・ガーフィールド『沈黙 -サイレンス-』に続いて信念の男を演じている。しかもどちらも日本が舞台というのも不思議な縁。アンドリュー・ガーフィールドの童顔はヘラヘラしているようにも見えるけれど、それが純粋さにも感じられるところがいいのかもしれない。

顔のない天使 [Blu-ray]


顔のない天使 [DVD]



ブレイブハート(2枚組) [Blu-ray]


ブレイブハート [DVD]



パッション [DVD]



アポカリプト Blu-ray


アポカリプト [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.07.02 Category: 外国映画 Comments (2) Trackbacks (11)

この記事へのコメント:

パピのママ

Date2017.07.15 (土) 18:28:03

たくさんのTBお返しありがとうございました。
メル・ギブソン本人は、あまり好きになれない人物ですが、監督としてと、俳優としての演技などは好感が持てていいですね。
この作品も、実話だというし、最後に本人が映し出されて、それが自分の事を英雄として描かれているのに対して、「真の英雄は大地に眠る人たち」だと、謙遜して言える人間になりたいですね。

Nick

Date2017.07.16 (日) 13:32:20

デズモンド・ドスという人物は信じがたい人でしたね。
実在の人物とは思えないくらいに……。

ご指摘にあるようにメル・ギブソン本人は色々と問題があるようで、
到底尊敬できる人ではないみたいですが、
そんな人だからこそ無いものねだりでこんな人物を描いてしまうということでしょうかね。
一時期は干されていたメル・ギブソンですが、
『パッション』の続編の企画などもあるようで楽しみです。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>ハクソー・リッジ from 象のロケット
第二次世界大戦中のアメリカ。 青年デズモンドは陸軍に志願するが、訓練中も銃に触れることを断固として拒絶する。 宗教上の理由から「生涯、武器には触らない」と、固く心に誓っていたのだ。 そんな彼も、沖縄の激戦地「ハクソー・リッジ」へ赴任することに…。 実話から生まれた戦争ドラマ。 ≪戦争は命を奪うが、僕は、命を救う―。≫ >READ

2017.07.03

>>85『ハクソー・リッジ』グゥの音も出ない正しさ from シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ
メル・ギブソン監督最新作は、戦争映画の新たな鉄板! 『ハクソー・リッジ』 ~あらすじ~ 第2次世界大戦中、デズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、人を殺してはいけないという信念を持ち、軍隊に入ってもその意思を変えようとしなかった。彼は、人の命を奪うことを禁ずる宗教の教えを守ろうとするが、最終的に軍法会議にかけられる。その後、妻(テリーサ・パーマー)と父(ヒューゴ・... >READ

2017.07.03

>>『ハクソー・リッジ』のウソとマコト from 映画のブログ
 【ネタバレ注意】  デズモンド・ドス上等兵が、日本軍との戦争のさなかに日本兵を助けたのは本当なのだろうか?  戦争映画は幾つも観たが、戦闘シーンで涙が止まらない映画ははじめてだった。  『ハクソー・リッジ』は、米国バージニア州の職人デズモンド・ドスが、モーセの十戒の一つ「汝、殺すなかれ」を胸に刻みながら戦争に臨む話だ。  1919年に生まれ、2006年に87歳で没したド... >READ

2017.07.05

>>ハクソー・リッジ from 映画的・絵画的・音楽的
 『ハクソー・リッジ』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)アカデミー賞の作品賞や主演男優賞などにノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「真実の物語」の字幕。  次いで、画面には、兵士の死体が横たわっています... >READ

2017.07.05

>>ハクソー・リッジ / Hacksaw Ridge from 勝手に映画評
沖縄戦の「前田高地」での戦いに際し、その思想信条的理由から、兵器を持たずに活動して多数の兵士を救ったことにより、名誉勲章が与えられた実在の人物、デズモンド・T・ドスの体験を描いた作品である。2017年の第89回アカデミー賞において録音賞と編集賞を受賞。 この... >READ

2017.07.06

>>映画「ハクソー・リッジ(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし from ディレクターの目線blog@FC2
映画 『ハクソー・リッジ(字幕版)』(公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、★★☆☆☆(最高5つ星で2つ)。100点満点なら40点にします。 ざっくりストーリー 田舎町で育ったデズモンド・ドスは、幼少期の苦い経験から、人を殺すことを禁じる宗教の教えを固く心に誓っていた。やがて、第二次世界大戦が激化し、デズモンドは、銃を持たない衛生兵ならば自分... >READ

2017.07.08

>>映画:ハクソーリッジ HACKSAW RIDGE 1.はじめに信念があり、2.試練があって、3.ヒトは大きな成果を出す、な好事例。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
メル・ギブソンと言えば… 演技は勿論、監督になっても「やや?かなり?エキセントリック」 なので、気になっちゃう点が、× 3つ も!(笑) その1. 監督が「エキセントリック」なので、過去のごとく「暴力シーンがエグい!」 鑑賞してみると、確かにエグいシーンは多いが、そのエグさを感じきる前に、シーン転換。 なので、ハキソー(吐きそー)リッジ、には... >READ

2017.07.08

>>ハクソー・リッジ★★★★★ from パピとママ映画のblog
「ブレイブハート」「アポカリプト」のメル・ギブソン監督が、激烈を極めた沖縄戦の知られざる実話を映画化した衝撃の戦争ドラマ。武器を持つことを拒否しながらも、地獄の戦場で75人もの命を救い、終戦後、良心的兵役拒否者としてはアメリカ史上初めての名誉勲章を授与さ... >READ

2017.07.14

>>ハクソー・リッジ from だらだら無気力ブログ!
後半の戦闘シーンの描写が凄い。 >READ

2017.07.16

>>「ハクソー・リッジ」 from ここなつ映画レビュー
メル・ギブソン監督作品。宗教という名の信念の下に、人を殺さないと誓って戦場に赴く衛生兵の物語。実話をベースにしている。人を殺さないで戦場で何ができるのか?そう、傷ついた人を助ける為に彼は戦場で「戦った」のだ。戦争とは結局殺し合いのことなのだから、「助ける」と言ってもパラドクスに陥る。その矛盾に対峙できる程には思考が練れていない私である。この作品は決して単なる戦争モノではない。ましてや反戦ドラ... >READ

2017.07.19

>>『ハクソー・リッジ』 沖縄戦のリアル from Days of Books, Films
Hacksaw Ridge(viewing film) 『ハクソー・リッジ(原題 >READ

2017.07.19

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR