『スプリット』 Rejoice!

 『シックス・センス』『ヴィジット』などのM・ナイト・シャマランの最新作。
 シャマランは今回も自ら予告編に登場して「結末は絶対に内緒だよ」などと煽っているし、本編にもチョイ役で顔を出して無駄話を披露したりして、復活してシャマラン印の作品が撮れるのを楽しんでるっぽい。

M・ナイト・シャマラン 『スプリット』 ジェームズ・マカヴォイの七変化!!

 拉致された3人の女子高生と、拉致実行犯の多重人格の男との攻防戦ということで、多重人格のケビンを演じるジェームズ・マカヴォイの七変化はおもしろい。同じように多重人格を題材にした『レイジング・ケイン』(ブライアン・デ・パルマ監督)では、ジョン・リスゴーが多重人格者を演じていて、このときは人格交替の際にはブランクを挟んでいたように記憶しているのだが、『スプリット』のジェームズ・マカヴォイは人格交替の場面もワンシーンでやってみせたりもしてなかなかの見せ場をつくっている。
 それからもうひとりの主人公であるケイシーを演じるアニャ・テイラー=ジョイがまたいい。拉致されたにも関わらず妙に冷静なのは、彼女が普段から危機的状況に接していたからなのだが、どことなく猫娘チックというか人間離れ(?)した容貌がこの作品とよくマッチしている。

 ※以下、ネタバレもあり! オチを知りたくない人は要注意!!



『スプリット』 ケイシーを演じるアニャ・テイラー=ジョイ。

◆トラウマすら肯定すること

 多重人格という障害は元の人格を守るために発生する病だと言われているようだ。『スプリット』ではケビンという元の人格を守るために、23の人格が現れることになる。母親からの虐待というケビンの置かれた悲惨な状況から、元の人格を乖離させることでケビンを保護しようとする。そうした人間の防衛反応が多重人格というものを生み出すらしい。
 さらにこの作品においてはフレッチャー医師(ベティ・バックリー)が主張していたように、人格が変わると身体までが変化するという可能性が示される。そしてラストでは、ケビンの24番目の人格であるビーストが登場する。ケビンのなかの一部の人格が待ち望んでいたビーストは、壁をよじ登りショットガンで撃たれても死ぬことのない、人間を超越した存在であることが明らかになる。
 トラウマを背負って多重人格という病を抱えることになったケビンだが、それこそが人間の進化につながるものなのかもしれない。このことが本作が告げ知らせる福音ということになるのだろう。だからビーストは、叔父からの虐待を受けているケイシーの人生をも祝福せんとして「Rejoice(喜べ)」という言葉を投げかけることになる。

◆さらなるオチ……
 一応はここまでで物語は終わってもいいはずなのだが、この作品の一番のオチはそれが『アンブレイカブル』というシャマラン作品と結びつくところだろう。『スプリット』は『アンブレイカブル』と世界を共有するものであり、次回作の製作も決定しているということだ。
 ただ、それが判明するのはわざわざ『アンブレイカブル』の主人公デイヴィッド・ダン(ブルース・ウィリス)が登場してその関連を説明してくれるからで、それがなければその共通点を見出すことは難しい。『アンブレイカブル』を観ていない人にとっては意味不明だし、観ている人でもあまりの唐突さにちょっと唖然とするかもしれない。

 それでもあとになって『アンブレイカブル』を観直してみると、確かにつながっている部分があるということもわかる。
 『アンブレイカブル』では壊れやすい身体で“ミスター・ガラス”と呼ばれていた男が、そんな自分の人生を肯定するために自分とは正反対のアンブレイカブルなヒーローを見出すことになる。“ミスター・ガラス”はそのためにとんでもないことを仕出かすことになるわけだが、彼に見出されるダンも人生に虚しさを感じていた。“ミスター・ガラス”もダンも、自分の人生に意味を見出そうとする点では共通している。そして『スプリット』では、トラウマを抱えた人生そのものが肯定されることになるわけだ。
 “ミスター・ガラス”に見出されたダンは街の“守護者(ガーディアン)”として活動することになるのだが、一方のビーストはケビンの“守護者”である。ケビンを守るための別人格であるビーストだが、これは街に放たれれば街の人々にとっては害悪以外の何物でもないわけで、ふたりの“守護者”は対決(対立)することになるということなのだろう。
 今回はケイシーの変貌までは描かれることがなかったわけだけれど、次回作ではそのあたりも描かれるはずで、ケイシーを演じるアニャ・テイラー=ジョイがどんな変貌を見せるのかはちょっと楽しみ。結語が「次回作が楽しみ」となってしまう点では、この作品自体は壮大な予告編とも言えるわけだけれど……。

スプリット ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]


【Amazon.co.jp限定】スプリット ブルーレイ DVDセット (オリジナル収納ケース付き) [Blu-ray]


M・ナイト・シャマランの作品


アンブレイカブル [Blu-ray]


アンブレイカブル(字幕版)


レイジング・ケイン [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.05.15 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (6)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>スプリット from 象のロケット
バースデーパーティの帰り、車に乗った女子高生ケイシー、クレア、マルシアの3人。 ところが、運転席に見知らぬ男が乗り込んできて、彼女たちは拉致されてしまう。 目を覚ますとそこは殺風景な密室だった。 ドアを開けて入ってきた男はさっきとは違う異様な雰囲気で、姿を現す度に異なる人物に変わっていく。 DID(解離性同一性障害)患者である彼ケビンには、23もの人格が宿っていたのだ。 そしてさらに、恐るべ... >READ

2017.05.20

>>『スプリット』('17初鑑賞48・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 5月15日(月) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 15:10の回を鑑賞。 字幕版。 >READ

2017.05.20

>>スプリット from ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
【SPLIT】 2017/05/12公開 アメリカ 111分監督:M・ナイト・シャマラン出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソン 誘拐された女子高生3人VS誘拐した男23人格恐怖は<分裂(ス... >READ

2017.05.26

>>スプリット from だらだら無気力ブログ!
コレ、シリーズ物だったのか。 >READ

2017.06.02

>>スプリット/SPLIT (ダニエル・キイスの24人のビリー・ミリガンファンでシャマラン映画ファンの視点から) from 我想一個人映画美的女人blog
誰ですか、シャマラン復活とか言ったの。 24人のビリーミリガン読んでいない人の方が楽しめる。 マカヴォイファンは一つの人格で数人のキャラを演じるマカヴォイを楽しめる シャマランの過去作「アンブレイカブル」を観ておいたほうがいい。 シャマランが「ぜっ... >READ

2017.06.03

>>スプリット  監督/M・ナイト・シャマラン from 西京極 紫の館
【出演】  ジェームズ・マカヴォイ  アニャ・テイラー=ジョイ  ベティ・バックリー 【ストーリー】 高校生のケイシーは、クラスメートのクレアの誕生パーティーに招待される。帰りは、彼女とクレアの親友マルシアをクレアが車で送ってくれるが、途中で見ず知らずの男... >READ

2017.06.03

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR