『草原の河』 少女の成長と中国の影

 一応は中国映画ということになっているけれど、チベット人の監督ソンタルジャの撮った作品で、エンドロールなどの字幕にはチベット語と思われる文字が使われているし、登場人物が話す言葉はアムド語という少数言語とのこと。
 また、この作品の主な登場人物を演じているのは、演技の経験のない素人とのこと。主人公となるのはヤンチェン・ラモという少女や、父親グルを演じているのは監督の親戚で、実際に映画の舞台となったチベットの草原に住んでいるらしい。撮影当時は6歳だったというヤンチェン・ラモは、この作品で上海国際映画祭のアジア新人賞・最優秀女優賞まで受賞した。

ソンタルジャ 『草原の河』 ヤンチェン・ラモは演技の素人だがとても表情豊かで癒される。

 ヤンチェン・ラモは草原を駆け回ったり母親に駄々を捏ねるくらいには大きいくせに甘えん坊で、未だにお母さんのおっぱいを欲しがったりする。というのも母親には新しい子供ができたばかりで、お母さんをいつまでも独占したいという気持ちが甘えにつながっているのだ。
 ヤンチェン・ラモにとって世界は未だに新しい発見に満ちている。母親から麦の増やし方を教わったヤンチェン・ラモは、大事なクマのぬいぐるみを増やすためにそれを大地に埋めて育てようとしてみたりもする。そんな勘違いを素直に信じてしまうヤンチェン・ラモがとてもかわいい。
 “かわいい”といった褒め言葉にも様々な種類があって、たとえば同じくユーラシアの草原つながりの『草原の実験』に登場する少女はちょっと近寄りがたい雰囲気すらあったのだけれど、『草原の河』のヤンチェン・ラモはわがままだったり不機嫌そうにも見えたりして、奈良美智が描いた子供みたいな雰囲気を感じさせないでもない。派手なところはない作品だけれど、とにかくヤンチェン・ラモの表情が豊かで癒されるものがある。
 撮影当時は6歳だったというヤンチェン・ラモがどれだけ意識的に演技をしていたのかはわからないけれど、草原での生活はいつものヤンチェン・ラモの生活であり、そんな普段の延長がドキュメンタリー的に捉えられている。ヤンチェン・ラモと一緒に暮らす子羊ジャチャとのやりとりは、ふたり(一人と一匹)が仲良くなければ成り立たないわけで、そんなふたりが引き離される場面は監督の演出を超えてヤンチェン・ラモとジャチャの深い交歓を感じさせる奇跡的な瞬間となっていたと思う。

『草原の河』 父親のグルは河を渡って祖父のところに行こうとするのだが……。妙に袖が長い服装はチベットの伝統的なものなのだとか。

 本作で重要となってくるのは、ヤンチェン・ラモの成長ではあるのだが、同時にその父親グルと祖父との関係も描かれていく。祖父は出家の身から一度還俗し、今ではまた世俗を離れている。グルが祖父に対して抱くわだかまりは、「世俗を捨てて生きる者」と「俗世を生きる者」との違いであり、グルは祖父の住む洞窟を訪れようとすると「草原の河」によってそれを阻まれることになる。タイトルの「草原の河」はグルと祖父の断絶を示しているのだ。
 しかし祖父の辿った変遷は祖父が移り気だったというわけではなく、チベットを支配する中国の動きがそうした状況を強いたということだ。祖父は一度還俗したことにより、グルという子供を授かることになるわけだが、祖父はもともと出家の身として生きていく決意だった。つまりは祖父が還俗することがなかったらグルは生まれていなかったわけで、ふたりの間の断絶にはそうした時代の流れが介在している。
 監督のソンタルジャ公式ホームページのインタビューでも語っているように、中国の改革解放という激変が祖父とグルの間にあるような断絶を生んでしまったということなのだ。ラストでは急激な雨で増水した河の前で、ヤンチェン・ラモも含めた三世代が佇むことになる。寡黙な男たちは何も語ろうとはしないし、作品内で国家の問題が盛んに言及されるということもないのだけれど、大きな何かに翻弄されるように世代間の断絶の象徴たる「草原の河」を見つめる姿は、「チベット問題」という中国の影を感じさせるに十分だったと思うし、それを三世代の家族の話として何気ない日常の風景のなかに盛り込んだ手腕も見事だった。

草原の実験 【プレミアム版】 [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.05.03 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (1)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>草原の河 from 象のロケット
中国・青海省海南チベット族自治州、海抜3,060mの草原地帯。 6歳の少女ヤンチェン・ラモは、半農半牧の生活をしている父グル、母ルクドルと3人で暮らしている。 文革(文化大革命:1966〜1976)の影響で僧侶を辞めざるを得なかった祖父は今、村から離れた洞窟でひとり仏教の修行に励んでおり、村人から“行者さま”と呼ばれ尊敬されているが病気だという。 修行のために家族を捨てた父親を許せないグルだ... >READ

2017.05.03

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR