『午後8時の訪問者』 何がジェニーに起ったか?

 『ロゼッタ』『サンドラの週末』などのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督の最新作。
 原題は「La fille inconnue」「見知らぬ女の子」といった意味らしい。
 この作品でもダルデンヌ兄弟作品の常連役者があちこちに顔を出している。

ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ 『午後8時の訪問者』 女医のジェニー(アデル・エネル)は診療時間を過ぎて鳴らされたベルを無視したことで、助けられたかもしれない命を救えなかったことに悩む。


 ある夜、診療時間を1時間も過ぎたころに鳴ったベルを、女医のジェニー(アデル・エネル)は無視してしまう。翌日、ベルを無視したことでひとりの女性が亡くなったということを知らされる。ジェニーはもしかすると助けられたかもしれない命を見過ごしてしまったことに思い悩むことになる。

 ジェニーは優秀な医者だ。診療所に現れる患者は様々な問題を抱えているけれど、医者は冷静に病状を判断して対処しなければならない。それだけに患者の痛みにあまりに繊細に反応してしまう研修医(オリヴィエ・ボノー)のことが心配でもあり、プロフェッショナルとしての対応を見せようとする。そんな事情が診療時間を過ぎてからのベルを無視するという結果を招き、それによって助けられたかもしれない命は喪われることになる。
 診療所の監視カメラには見知らぬ黒人女性が助けを求めるようにベルを鳴らす姿が捉えられていた。彼女は何から逃げようとしていたのか。ジェニーは亡くなった女性のことを独自に調べ始める。

 ※ 以下、ネタバレもあり!

『午後8時の訪問者』 ジェニーは亡くなった女性について調べることになるのだが……。常連のオリヴィエ・グルメも顔を出す。

◆主人公を追い続けるカメラ

 ダルデンヌ兄弟の作品では、最初から最後までカメラが主人公の姿を追い続けていくことになる。たとえば『ロゼッタ』では貧困のどん底にあえぐロゼッタがどうやって生きていくかが追われることになるし、『息子のまなざし』では息子を殺された父親がその犯人と出会ってしまったことで生じる葛藤を追われていく。前作『サンドラの週末』では、職を失うことになるかもしれないサンドラが、助けを求めて同僚たちを説得しに回る姿が追われることになる。
 カメラは主人公の姿を延々と追い続けるわけで、観客の興味は主人公がどうやって事態を乗り越えるのか、あるいは破滅するのかといったところに向かうし、観客は常に主人公に寄り添うことになるために主人公に対する共感の気持ちも生まれるだろう。
 しかし『午後8時の訪問者』のジェニーの場合は事情が異なる。カメラはジェニーを追い続けることになるわけだけれど、観客の興味としては亡くなった女性が一体何者だったのかという点にある。つまり、ジェニーは観客の視点の役割は果たしているけれど、観客の共感の対象とはなりづらい位置にいるのだ。
 ジェニーは事情を探り始めるけれど、ジェニー自身が切羽詰った状況にあるわけではないし、亡くなった女性の秘密を明らかにする探偵のような役割になってしまっている。探偵が活躍する推理小説では、探偵自身に対する興味よりも事件の謎のほうに興味が向くのは当然で、本作でも亡くなった女性の謎が明らかになるにつれて、ジェニーの役割が減じていくように見えるのだ。

◆手法に対する執着が空回り?
 ジェニーがあちこちを嗅ぎ回ってわかってくるのは、亡くなった女性が街娼をしていたという事実だ。さらに娼婦と関係を持っていた街の人々の後ろ暗い事情も明らかになってくる。黒人女性は移民であり、彼女の稼ぐ金で生計を立てている移民仲間の存在もほのめかされる。
 ダルデンヌ兄弟がインタビューなどでも語っているように、ジェニーと移民の関係は、ヨーロッパと移民の関係を示している。開かれることのなかった診療所のドアは、移民に対してヨーロッパが閉ざされているということになる。
 ちなみにダルデンヌ作品ではすでに『ロルナの祈り』において移民が主人公となっている。こちらの作品では観客は常にロルナのそばに寄り添うことになり、その切羽詰った状況に同情し、彼女を応援するような気持ちにもなる。しかし『午後8時の訪問者』では、移民の問題が浮かび上がってきても、主人公のジェニーとはほとんど無関係とも言える。もっとも移民という問題自体が、そうした無関心によって存在しているとも言えるわけだけれど……。

 主人公にカメラが寄り添うという手法を選択するのだとしたら、移民の問題が浮かび上がってから、ジェニーがそれまでのキャリアを捨てて患者に寄り添う診療所医師のほうを選択するという展開にしたほうがよかったのかもしれない。作品の中盤あたりでジェニーはプライベートな生活を捨てて診療所内で生活し始める。ここではジェニーのまるで菩薩のような生真面目さは感じられるのだけれど、最後に明らかにされるいくつかの打ち明け話がジェニーに対して決定的なものをもたらすわけではないために、主人公がただの視点人物に成り下がり、いささか共感に欠ける作品となってしまっているようにも思えた。

息子のまなざし [DVD]


ロルナの祈り [DVD]


ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌのその他の作品
関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.04.16 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (5)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>午後8時の訪問者 from 象のロケット
もうすぐ大病院へ移ることが決まっている若き女医ジェニー。 入院中の老医師の代理で小さな診療所を診ていた彼女は、午後8時過ぎのドアベルに答えようとした研修医ジュリアンを制止する。 もうとっくに診療時間は過ぎていたのだ。 ところが翌日、近くで身元不明の少女の遺体が発見される。 午後8時に診療所のドアホンを押す彼女の姿が、監視カメラに写っていたという。 ショックを受けたジェニーは、少女の身元を調べ... >READ

2017.04.17

>>『午後8時の訪問者』 ミニマルな映画 from Days of Books, Films
The Unknown Girl(viewing film) ジャン=ピエール& >READ

2017.04.19

>>『午後8時の訪問者』('17初鑑賞38・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 4月19日(水) シネ・リーブル神戸 スクリーン2にて 14:15の回を鑑賞。 >READ

2017.04.22

>>午後8時の訪問者 from 映画的・絵画的・音楽的
 『午後8時の訪問者』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)『ロルナの祈り』や『少年と自転車』で印象深かったダルデンヌ兄弟の作品ということで映画館に行ってきました〔補注〕。  本作(注1)の冒頭は、都市郊外にある小さな診療所の診察室(注2)。  主人公の女医・ジェニー(アデル・エネル)が、患者の背中に聴診器を当てて診ています(注3)。研修医のジュリアン(オリヴィエ・ボノー)も聴診器を当て、「... >READ

2017.04.28

>>「午後8時の訪問者」 from ここなつ映画レビュー
人が、人として高潔である、自身の人生と他人の人生に対して等しく誠実である、それは一体どういうことなのか?ということが真っ直ぐに心に届く作品。ダルデンヌ兄弟の監督作品である。いつも心に抜き難い棘を刺す作品を送り出す。ただ、その棘は近年柔らかい素材でできたものになっているような気がしている。救いの光が一筋差してくる、というか。もちろん、厳しい中にも優しい感触があるのは昔からなのであるが、それ以上... >READ

2017.05.05

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR