『グレートウォール』 戦隊ヒーローものとして観れば楽しめる

 『HERO』などのチャン・イーモウ監督の最新作。
 中国・アメリカ合作となっていて、チャン・イーモウにとっては初のハリウッド進出とのこと。

チャン・イーモウ 『グレートウォール』 ウィリアム(マット・デイモン)は弓矢の名手。


 黒色火薬を求めて中国へとやってきたウィリアム(マット・デイモン)は、馬賊に追われて逃げ惑ううちに万里の長城にたどり着く。長城を守る禁軍に捕らわれることになるウィリアムだが、そこで饕餮(とうてつ)というバケモノが襲ってくる場面に遭遇することになる。

 万里の長城は異民族の侵入を防ぐためにつくられたとどこかで習ったような気がするのだが、とすれば本作のなかで60年に一度襲ってくる饕餮というモンスターはそうした夷狄(野蛮人)の一種ということになるのだろう。といっても饕餮の見た目は狛犬か何かのような獣の類いに見える(本作はファンタジーである)。中国人にとっては西洋人もそうした野蛮人と一緒で、中国人は仲間に対する“信頼”というものを理解するが、西洋人であるウィリアムはそれを理解しないことになっている。
 一応の主人公はウィリアムということになっているけれど、彼ら西洋人は野蛮な輩で、当時の先進国である中国から火薬という武器を盗み出そうとする取るに足らない人物として描かれている。そんなウィリアムがリン司令官(ジン・ティエン)たちとの共闘のうちに、中国人から“信頼”というものを学ぶという点では中国を礼賛する映画とも言える。

 本作がアメリカでこけたのは、本作がハリウッド的娯楽作のダメな模倣と受け取られたのかもしれないけれど、長城を舞台にした饕餮との闘いはなかなかおもしろかった。壁の上に陣取って防御する禁軍に対し、『ワールド・ウォーZ』のゾンビ並みの群れで襲撃してくる饕餮たちとの決死戦は楽しい。饕餮のビジュアルが酷いとか色々とツッコミどころも多いのだけれど、バンジージャンプ方式で攻撃する鶴軍とか、壁の間からデカいハサミで饕餮をちょん切るとか、様々なスペクタクルを見せてくれるのだ。

『グレートウォール』 戦隊ヒーローものみたいな出で立ち。

 チャン・イーモウは監督デビュー作『紅いコーリャン』などでも色彩に凝った画づくりをしていて、本作はかつてのような文芸作品といったものからはかけ離れているけれど、禁軍は部隊ごとに武具の色使いを変えて遊んだりもしている。ブルーを基調にした女だけの鶴軍の見映えなどは戦隊ヒーローものっぽい感じもするのだけれど、戦隊ヒーローものとしては金もかかっているし、動員されているエキストラの数も桁外れだ。
 北京オリンピックの演出まで手がけたチャン・イーモウは、中国での超大作を任される立場にあるようだ。一方では『妻への家路』(2015年)のような地味な作品もつくったりもしているわけで、この作品も中国映画界のために一肌脱いだということなのかもしれない。

 チャン・イーモウ作品からはコン・リー(『紅いコーリャン』『紅夢』など)やチャン・ツィイー(『初恋のきた道』など)が輩出された。この作品ではジン・ティエンが一押しのヒロインとして登場する。最近の『キングコング:髑髏島の巨神』でも、髑髏島まで行って何とか生還するもののほとんど顔出しだけといったわけのわからない役を演じていたジン・ティエン。同じ製作会社(レジェンダリー・ピクチャーズ)が関わっているだけに、予告編みたいなものだったのだろうか。
 ほかにもアンディ・ラウウィレム・デフォーなどの大物も顔を出すのだけれど、使い方が結構もったいない。猿ぐつわをかまされたまま最期を迎えるウィレム・デフォーの表情はちょっと笑えたのだけれど、なぜウィレム・デフォーがこんな役柄を引き受けたのかは大いに謎だった。

チャン・イーモウの作品
関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.04.15 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (8)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>グレートウォール (3D字幕) from ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
【長城/THE GREAT WALL】 2017/04/14公開 中国/アメリカ 103分監督:チャン・イーモウ出演:マット・デイモン、ジン・ティエン、ペドロ・パスカル、ウィレム・デフォー、アンディ・ラウ 誇り高き仲間を信じて、“伝説”に立ち向かえ。 STORY:金と名声のために強力な武器を求めて世界を旅する傭兵、ウィリアム。ある時、中... >READ

2017.04.15

>>グレートウォール from だらだら無気力ブログ!
なんだかんだで面白い。 >READ

2017.04.16

>>映画「グレートウォール(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし from ディレクターの目線blog@FC2
映画 『グレートウォール(2D・字幕版)』(公式)を本日4/16に、劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー 世界中を旅するウィリアム(マット・デイモン)ら20数名の傭兵部隊は、シルクロードの中国国境近くの砂漠地帯で馬賊の襲撃をかわし、身を潜めている所を謎の獣たちに襲われる。... >READ

2017.04.16

>>映画:グレートウォール Great Wall 万里の長城が出来たワケ、を SFアクションで。鑑賞後はスカッと全て忘れちゃうような内容だが、鑑賞中はしっかり楽しめる娯楽作。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
ユニバーサル配給とはいえ、資本は基本、ライオンズ・ゲート(中国資本) マット・デイモン主演だが、残りは基本、 中国の俳優陣。 万里の長城が出来たワケ、の話。 だと聞くと深い内容を期待しちゃったのだが、内容は基本 SFアクション。 傭兵の主人公は、火薬を求め徘徊しているうちに異民族に追われ、万里の頂上に逃げ込む。 捕虜とはいえ「ほっと一安心」と言いたい所だが、まるで違うと... >READ

2017.04.17

>>『グレートウォール』(2016) from 【徒然なるままに・・・】
監督がチャン・イーモウで、原題が「長城」とくると、これはアクション満載の史劇かな?しかし主演がマッド・デイモンで、ウィレム・デフォーやアンディ・ラウも出るとなると、西洋ミーツ東洋の異文化交流譚?「宋」の時代の中国。金のために世界中を旅してる傭兵のウィリアム(デイモン)らが、馬賊に襲われて這う這うの体で辿り着いたのは万里の長城。そこを守護する禁軍に掴まり処刑寸前、という時に突如現れる怪物軍団。... >READ

2017.04.17

>>グレートウォール from 象のロケット
黒色火薬を求めてシルクロードを旅する途中、馬賊と正体不明の獣に襲われた西洋人ウィリアムとトバールは、万里の長城に辿り着き、宋王朝(960〜1279)直属の軍隊・禁軍に囚われる。 2人を襲った獣は、二千年前から60年に一度現れる伝説の怪物“饕餮(とうてつ)”で、幾度となく国家に壊滅的な打撃を与えてきたのだった。 ウィリアムは、饕餮の大襲来を食い止めようとする女性司令官リンとワン軍師に協力し、共... >READ

2017.04.17

>>『グレートウォール』('17初鑑賞36・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 4月14日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 12:55の回を鑑賞。 2D:字幕版。 4月18日(火) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン3にて 15:00の回を鑑賞。 3D:字幕版。 >READ

2017.04.20

>>「グレート・ウォール」 from ここなつ映画レビュー
ほぼ10ヶ月ぶりに次男と映画鑑賞。最後に劇場で席を同じくしたのは「64/後編」であった。色々あってここしばらく一緒に映画に行くことが叶わなかったけれど、久々に。久々に、満を持して選んだのがこの「グレート・ウォール」だ。何故この作品を選んだのか?それは次男が観たいと言ったから。次男がTV CMを観て「これは観たい!」と言ったので、チャン・イーモウ作品だから公開されたら観るべきリストに入れていた... >READ

2017.05.06

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR