『パッセンジャー』 すべてのことには理由がある?

 監督は『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのモルテン・ティルドゥム
 主演はジェニファー・ローレンスクリス・プラット

モルテン・ティルドゥム 『パッセンジャー』 オーロラ(ジェニファー・ローレンス)とジム(クリス・プラット)のほとんどふたりだけで物語は展開していく。


 植民惑星へと移住するために宇宙船アヴァロン号に乗っていたジム・プレストン(クリス・プラット)は、機械の故障なのか間違って90年も早く起きてしまう。クルーたちも眠ったままで、冬眠装置に戻ろうとしても無駄とわかり、このままでは船が目的地に着く前に死んでしまうという驚きの事態にジムは愕然とする。


 ※以下、ネタバレあり! ラストにも触れているので要注意! 


 出だしは悪くないし、舞台設定の宇宙船の造形には金がかかってそうに見える。ただ予告編ですでにもうひとりの登場人物がいることは示されているわけで、いつその女性が登場するのかと気になりつつ物語は進む。
 「宇宙でひとりぼっち」という『オデッセイ』あたりを思わせる設定なのだが、『パッセンジャー』は地球に帰ることはできそうにないわけで、あとはそれなりに船内で楽しむくらいしかやることがない。バーテンをしているアンドロイドのアーサー(マイケル・シーン)との会話はそれなりの気晴らしにはなるけれど、それも1年も続けば気が滅入るわけで、ジムはよからぬことを考え出す。

 SFの設定が何らかのメタファーとして機能しているというのであれば、無理のある設定も納得がいくのかもしれないのだけれど、5000人の乗客のなかでただ一人先に目覚め、どうしもなく孤独になって気に入った女性を目覚めさせてしまうという展開は特殊すぎて何のメタファーにもなっていない。
 というかジムは船内では目的地に着くまでの90年間は神のように振舞えるわけだから、暴君として君臨してもよかったはずなのだけれど、それではジャンルが違う映画になってしまうわけで、ジムは人がいいからかそんな展開にもならず、ラブ・ロマンスといつもの自己犠牲によるトラブル回避といったハリウッドお約束の映画となっていく。

 結末から考えればふたりがいたことで宇宙船は危機を乗り越え、5000人もの命を救ったことにはなったわけだけれど、ジムが最初に選ばれたのは結局偶然にすぎないようだ。個人的にはここに一番驚いた。チラシなんかにも「2人だけが目覚めた理由は1つ」などと煽っているのに……。オーロラ(ジェニファー・ローレンス)が目覚めたのはジムからの一方的な愛とか言うのかもしれないけれど、そもそもの初めが偶然というのでは、「理由などない」と言っているに等しいわけだから。

 一方でジムに選ばれてしまったオーロラだが、何も知らない間は幸せな時間を過ごすことになるのだが、真実を知ると怒り狂う。たとえばオーロラを選んだのが神だとしても文句ぐらいは垂れるだろうし、それが一介の技術者では上流階級らしいオーロラには不満足ということだろう。アダムとイヴが互いのことを自らに釣り合うような異性ではないなどと考えることもなかったのは、ほかに比べる相手もいなかったからで、オーロラには可能性がいくらでもあっただけに余計に悔しいということだろう。
 一応は最後でオーロラがジムを選び直すことで、ふたりはめでたくゴールインということになるのだろうが、単なる偶然に支配された物語を必然のものとして受け取るほど説得力があったとは思えなかった。
関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.03.26 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (11)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>パッセンジャー from ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
【PASSENGERS】 2017/03/24公開 アメリカ 116分監督:モルテン・ティルドゥム出演:ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット、マイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシア 乗客5000人目的地まで120年90年も早く2人だけが目覚めた理由は1... >READ

2017.03.27

>>パッセンジャー from 象のロケット
20XX年。 人類史上最大の移住計画によって、乗客(パッセンジャー)5000人と乗務員258人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が 地球を出発した。 目的地の惑星到着までの約120年間、全員が冬眠装置の中で眠っているはずだった。 ところが、エンジニアの男性ジムと作家の女性オーロラだけが、なぜか90年も早く目覚めてしまう。 途方もない危機的状況の中で、2人は惹かれ合っていく…。 SFアドベンチャー... >READ

2017.03.27

>>パッセンジャー / Passengers from 勝手に映画評
ネタばれあり。 120年の航海の予定で地球を離れて旅立った宇宙船の中で、予定よりも90年前に目覚めてしまった男女。絶望的な状況の下、生き残る方法を模索する二人の姿を描く作品。 まず一言。ジム、最低! オーロラが目覚めてしまうのは、そう言う経緯ですか。そりゃ... >READ

2017.03.27

>>『パッセンジャー』('17初鑑賞25・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月27日(月) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 9:20の回を鑑賞。 2D:字幕版。 >READ

2017.04.03

>>映画:パッセンジャー Passengers 「スタートレック」はOKだが「スターウォーズ」はイマイチ、な訳を、今作をきっかけに議論(汗) from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
最初に、当ブログが「SF」に求める重要な基準、を説明したい。 それは、「将来あるかもしれない未来」を垣間見れるか、どうか、という点。この点って、とても重要!(この後、問題発言に移る) で、「スタートレック」はOKだが、比較では「スターウォーズ」はイマ... >READ

2017.04.03

>>パッセンジャー  監督/モルテン・ティルドゥム from 西京極 紫の館
【出演】  クリス・プラット  ジェニファー・ローレンス  マイケル・シーン  ローレンス・フィッシュバーン 【ストーリー】 近未来、5,000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、人々の移住地に向かうべく地球を出発。到着までの120年、冬眠装置で眠る乗客のうちエン... >READ

2017.04.03

>>パッセンジャー/PASSENGERS from 我想一個人映画美的女人blog
キアヌとサンドラの傑作「スピード」のラストでは、「異常な状況下で生まれた恋はうまくいかない」 なんて言ってるけど、人間の心理ではこういう状況は「吊り橋の心理」と言って、 同じ恐怖体験や感覚を共にすると共感しあって親近感と共鳴で恋と勘違いしやすい。と... >READ

2017.04.05

>>パッセンジャー from 映画的・絵画的・音楽的
 SFの『パッセンジャー』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編で見て面白そうだなと思い、映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭では、恒星がたくさん見える宇宙空間を、宇宙船アヴェロン号が進んでいます(注2)。  アヴェロン号は、飛んでくる隕石などの障害... >READ

2017.04.14

>>「パッセンジャー」 from 或る日の出来事
いいところに目をつけたなあと思いました! >READ

2017.04.18

>>『パッセンジャー』をトーホーシネマズ渋谷1で観て、××××じゃんふじき★★★★(ネタバレあり) from ふじき78の死屍累々映画日記
▲インテリ女と粗野な男の組み合わせってそこそこあるよなあ。 ネタバレあり記事です 五つ星評価で【★★★★予想を越えて面白かった】 原題は『PASSENGERS(乗客達)』、複数形 ... >READ

2017.04.25

>>『パッセンジャー』感想 from えらそーかんそー
※ただしイケメンに限る すげぇ面白かったし、すげぇ巧いなと思った。造りのバランス最高かよ。 このテーマでクリス・プラットですよ。巧い、巧過ぎる。かなり巧妙だよね。 原作ではどうなのか解らんけど、完ッッッ全んんんんに※だしなこの映画。※でしかないw 観た人はキャスティングっつーか、主役の2人のパターンを絶対考える訳ですよ。 これクリス・プラットじゃなかったら即死案... >READ

2017.05.08

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR