『ボヤージュ・オブ・タイム』 天地創造を担う母なる神

 『天国の日々』『聖杯たちの騎士』などのテレンス・マリック監督の最新作。

テレンス・マリック 『ボヤージュ・オブ・タイム』 瞳のなかの虹彩は宇宙の彼方の光にもよく似ている。

 この作品は誰が決めたのか一応ドキュメンタリーということになっているらしいのだが、宇宙の起源とか生命の誕生という誰かがどこかで撮影できるものではないものを描いていくわけで、記録映画というジャンルからはほど遠いものになっている。
 すでに『ツリー・オブ・ライフ』において一部そうしたものは描いているけれど、この映画はテレンス・マリックが40年来温めてきた企画ということで、派生的にできあがった『ツリー・オブ・ライフ』のほうが先に公開されたということのようだ。描写にはよく似ている部分もあって、ブランコのシーンはまた登場するし、庭の木の描写は『ツリー・オブ・ライフ』でも使われたものを流用しているように見える(ウィキペディアの記載では一部流用があるとのこと)。

 日本語版では中谷美紀がナレーションを務め、マリックらしい神への祈りのような言葉が連ねられていく。ちなみに作品冒頭では道元禅師の「世の中は 何にたとえん 水鳥の嘴振る露に 宿る月影」という和歌が掲げられる。この導入は日本版独自のもので、各国で違うバージョンが公開されているとのこと。中国では道教の教えが、アラブ圏ではコーランの言葉が、インドでは「Brahma Vishnu Shiva」というヒンズー教の神々の名前が挙げられるらしい。映像に母国語でのナレーションを合わせるというのもマリック監督の意図とのこと。字幕を読むのではなくて映像と音で体験させることを意識しているのだろう。

 この作品では「母」とか「あなた」とか呼びかけられるのは神のことなのだろうと思うのだけれど、キリスト教圏というか一神教を信奉する諸国の映画で、神が「母」のイメージで語られるのは珍しいような気もするのだがどうなのだろうか? 母なる大地とかいった言い方はあるけれど、ここで呼びかけられているのは宇宙が誕生する前の暗闇のなかをさまよっていたという存在なのであり、地球が誕生する前から存在している“何か”なのだ。
 マリックは特定の宗教についてというよりももっと普遍的なものを想定しているのかもしれず、すべてを生み出した元となったものはやはり「母」ということになったということなのだろうか。マリックの連ねる言葉は説明的ではないからそうした疑問に対する回答はないのだけれど、そんなことをぼんやり考えることになった90分だった。
 世界を見つめる瞳の描写から、その瞳の網膜のなかに入り込み、身体の内部のCGらしき映像、それが宇宙の起源のビックバンへと重ね合わせられたりする。ミクロコスモスとマクロコスモスとが照応するといった華厳哲学のようなものもほんのり感じさせたりもするもののそれ以上の展開は感じられず、『ツリー・オブ・ライフ』の二番煎じとも……。

テレンス・マリックの作品
関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.03.18 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR