『お嬢さん』 シンメトリーな関係

 『オールド・ボーイ』『イノセント・ガーデン』などのパク・チャヌク監督の最新作。
 原作はサラ・ウォーターズ『荊の城』

パク・チャヌク 『お嬢さん』 詐欺師の男(ハ・ジョンウ)は秀子(キム・ミニ)に取り入ろうと画策する。


 舞台は日本統治下の朝鮮半島。詐欺師たちに育てられたスッキ(キム・テリ)はある計画を持ちかけられる。藤原伯爵を名乗る詐欺師(ハ・ジョンウ)は、秀子(キム・ミニ)というお嬢さんを騙して莫大な財産を狙っているのだという。スッキは秀子の侍女として豪邸に入り込み、詐欺師のために秀子を騙す策を巡らせることになるのだが……。

 サラ・ウォーターズの原作『荊の城』を読んだわけではないのだが、その前作の『半身』はたまたま読んでいる。「このミステリーがすごい!」というランキングでは、どちらの本もその年の第1位となっていることからするとミステリーファンには評価が高いらしい。
 しかし、個人的には『半身』のオチには読み終わった文庫本を投げつけようかと思ったくらいで、全然ミステリーとしては受け付けなかった。それでもあとになって考えてみれば作品世界の構築はとても素晴らしいものがあったことも確か。妖しい世界のなかで展開する女同士の危険な関係という意味で、丁寧に描かれた「やおい」として楽しめる作品だったかと思う。
 『お嬢さん』も二転三転していく展開に驚かされるところもあるのだけれど、舞台となる奇妙な世界の構築のほうに重点があるような気もするし、そのなかで繰り広げられるスッキと秀子のレズシーンはもはやオチとは関係なく、ただパク・チャヌクの変態趣味を満足させんがために展開しているような感もある。韓国の女優陣に日本語で「ち○ぽ」「ま○こ」と言わせたりしているのもおもしろがってやっているように見える。
 秀子が囚われの身となっている豪邸はイギリスと日本の和洋折衷様式で、その内部にはマニア垂涎のエロい稀覯本がコレクションされていて、秀子が読み手となった朗読会という妖しい集会が催されたりもしている。そこでは日本語で卑猥な言葉が飛び交うのだが、演じている役者陣はすべて韓国人であり、訛った日本語はわれわれ日本の観客からするとちょっと気恥ずかしくもあればおかしくもある。そんな奇妙な世界観が見事だったし、エロを描いても日本のロマンポルノとはまったく異なるエンターテインメント作品になっていたと思う。

『お嬢さん』 侍女のスッキを演じるのはキム・テリ。オーディションで選ばれた新人だとか。

『お嬢さん』 お嬢さんと侍女は次第に近づいていき……。

 叔父に豪邸に閉じ込められている深窓の令嬢・秀子と、スラム育ちの侍女・スッキ。騙すつもりで秀子に近づいたスッキだが、お嬢さんの美しさとその純朴さに惹かれていく。侍女はお嬢さんの身の回りの世話をする役目であるから、いつも一緒にいることになり、ふたりは次第に身分を越えて親しい関係になっていく。
 このサイトのインタビューを参考にすると、パク・チャヌクは男女のベッドシーンとは違ったものを狙っていたようで、この作品では『アデル、ブルーは熱い色』のような濃密なレズの絡みがあるけれど、『アデル』と異なるのは裸になったふたりがまったく同じように見えてくるところだろうか。
 秀子を演じるキム・ミニとスッキを演じるキム・テリの顔はまったく似ていないけれど、すべてを脱ぎ去り髪をほどいたあとはどちらも対等で見分けがつかない。長い黒髪とスレンダーな手足、小ぶりな胸。そんなふたりがくんずほぐれつする場面は、絡み合ったふたりがシンメトリーな構図を生み出している。上下関係もなければ攻めとか受身とかもないベッドシーンは、確かに男女のそれとはまったく別物のシーンとなっていたと思う。

 最初に登場する侍女役のキム・テリは、素朴でかわいらしく導入部で観客の視点となるにふさわしい女性を演じていて、新人とは思えないくらい度胸もいい。それでもこの作品の基調となっている妖しさを体現しているのはお嬢さん秀子を演じたキム・ミニだろう。そんな意味では英題の「The Handmaiden(侍女)」よりも、原題の「アガシ(お嬢様)」からいただいた邦題のほうが内容に合っている。
 ちなみに役名の“秀子”とは日本の女優・高峰秀子から採られているとのこと。キム・ミニは高峰秀子には似ていないが、松嶋菜々子っぽく見えるときもある。首吊り未遂で揺れている姿が似合うという人はあまりいないと思うが、キム・ミニはそんな妖しい姿が合っていて幽霊役とかやらせたらはまりそう。
 ハ・ジョンウの演じた詐欺師は悪役ということになるのだろうが、慣れない日本語の台詞がどことなく憎めない印象で、その詐欺師の最後の一言が笑わせてくれる。

お嬢さん <スペシャル・エクステンデッド版&劇場公開版>2枚組 [Blu-ray]


お嬢さん 通常版 [Blu-ray]


お嬢さん 通常版 [DVD]



荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫)


荊[いばら]の城 下 (創元推理文庫)


半身 (創元推理文庫)


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.03.11 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (6)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>お嬢さん from 象のロケット
1939年、日本統治下の朝鮮半島。 孤児の少女スッキは、詐欺師から日本人の華族令嬢・秀子の侍女になるよう命じられる。 詐欺師は日本人“藤原伯爵”に成りすまして秀子と結婚し、莫大な財産を手に入れるつもりだった。 両親を早くに亡くした秀子は、希少本コレクターの叔父・上月と暮らしている。 珠子と名を変えたスッキは秀子の世話係となり、“伯爵”と秀子との仲を取り持つことに…。 官能サスペンス。 R-18 >READ

2017.03.11

>>お嬢さん from 映画的・絵画的・音楽的
 韓国映画の『お嬢さん』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)久しぶりに韓流でもと思って映画館に行きました。  本作(注1)の舞台は、1939年の朝鮮半島(注2)。  始めの方では、雨が降る中、日本軍の兵隊が行進しており、その後を子どもたちが追いかけます。  彼... >READ

2017.03.17

>>『お嬢さん』 植民地の官能 from Days of Books, Films
Handmaiden(viewing film) 『お嬢さん(原題:아가씨)』の >READ

2017.03.20

>>お嬢さん/아가씨 /THE HANDMAIDEN from 我想一個人映画美的女人blog
パク・チャヌクの最新作は、流暢じゃないカタコト日本語満載 「オールド・ボーイ」「渇き」などのパク・チャヌク作品は毎回作品が楽しみな大好きな監督の一人。 今回は、イギリスの作家サラ・ウォーターズの小説「荊の城」が原案。 舞台をヴィクトリア時代のロンドから日本統治下の朝鮮半島に移して、パク・チャヌク脚本で映画化 日本統治下にあった1930年代の韓国を舞台に、「伯爵」と呼ばれる詐欺師に... >READ

2017.03.24

>>「お嬢さん」 from ここなつ映画レビュー
「オールドボーイ」のパク・チャヌク監督作品。これは観る際には要注意だ。好き嫌いがはっきり分かれるとか、単純にそういう問題ではない。この摩訶不思議なパク・チャヌクワールドにノレるかノレないか。ノレればホント記憶に残る一作となるだろう。(役者では、流石のハ・ジョンウ、オーディションで選ばれたという新人女優キム・テリが個人的にはすごく良かった!)設定は、日本統治下の韓国。日本からの統治者側の一族と... >READ

2017.03.24

>>お嬢さん from 銀幕大帝α
THE HANDMAIDEN 2016年 韓国 145分 ミステリー/エロティック/サスペンス R18+ 劇場公開(2017/03/03) 監督: パク・チャヌク 『イノセント・ガーデン』 原作: サラ・ウォーターズ『荊の城』 脚本: パク・チャヌク 出演: キム・ミニ:秀子お嬢様 キム・テリ:スッキ・珠子 ハ・ジョンウ:藤原伯爵・詐欺師 チョ・ジヌン:叔父・上月 <ストーリ... >READ

2017.07.27

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR