『素晴らしきかな、人生』 悪意転じて福と成る?

 『プラダを着た悪魔』デヴィッド・フランケルの最新作。
 キャストはウィル・スミス、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレンと豪華。
 最近の『永い言い訳』とか『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』などと同じように、近しい人を亡くした者のグリーフワーク(喪の仕事)を題材としている(『雨の日』は主人公の壊れっぷりにちょっとついていけなかったけれど)。

デヴィッド・フランケル 『素晴らしきかな、人生』 主役のウィル・スミス以下、なかなか豪華なキャスト陣。

 主人公のハワード(ウィル・スミス)は愛娘を亡くして以来、自分で創業した広告代理店の仕事にも手がつかない。ほとんど周囲とのコミュニケーションすらできない状態で、職場には顔を出しても日がな一日ドミノをやっている(ドミノは一気にすべてが崩れ去ってしまったハワードの心情を示している)。娘が亡くなる前のハワードは広告マンとして従業員のカリスマだった。しかし娘の死で彼は腑抜けになり、その影響で会社自体も傾きかけている。
 ホイット、クレア、サイモンという同僚たち3人はハワードに立ち直ってもらいたいという願いと、会社を潰すわけにはいかないという義務感もあり、ハワードが心を病んでいる証拠を探偵に調べさせる。ハワードが取締役として適格性を欠いているという証拠があれば、会社を救うことができるからだ。
 探偵の調査で明らかになるのは、ハワードが「愛」「時間」「死」という抽象的概念に宛てて手紙を書いていたという事実だ。これだけでもかなり病的だということはわかるわけだが、同僚たちは「愛」「時間」「死」という概念を具現化した人物を役者に演じさせて、ハワードに揺さぶりをかけることになる。

 ※ 以下、ネタバレもあり!


『素晴らしきかな、人生』 ハワードの同僚の3人衆。

『素晴らしきかな、人生』 こちらは「死」「愛」「時間」を演じることになる役者たち。本当に役者だったのかは不明?

 役者たちが演じることになる「愛」「時間」「死」は、ハワードが従業員を前にした演説でも論じていた重要なキーワードだ。ハワードは「広告は人に伝えることがすべて。愛を渇望し、時間を惜しみ、死を恐れる。それこそが人々を繋ぐ要素である」といったことを語っていた(このサイトから引用)。そんなものが具現化して自分に語りかけてきたものだから、ハワードはさすがに自らの病気を自覚したのかもしれない。
 ただこの作品のミソはハワードが立ち直る部分よりも、一連の出来事によって同僚たちのほうがかえって救われるところにあるのだろう。原題は「Collateral Beauty」となっていて、字幕では「幸せのオマケ」という意訳がなされている。
 「Collateral」とは「副次的な」という意味。つまり、同僚たちが仕掛けた作戦はハワードを貶めるためのものだったはずだが、そのとばっちりがうまい具合に同僚たちに波及していくということが含意されているのだろう。「愛」「時間」「死」というキーワードは誰にでも共通することであり、それが人々を結びつけるというのがハワードの考えだった。そして、そうしたつながりこそが登場人物たちの救いの役割を果たしていくのだ。

 ハワードの親友でもあったホイット(エドワード・ノートン)は離婚して娘との関係に悩んでいる。クレア(ケイト・ウィンスレット)は仕事に専念しすぎたのか婚期を逸してしまい、子供を持つことで悩んでいる。サイモン(マイケル・ペーニャ)は自らの死期を知ったものの、それを家族に言い出すことができないでいる。
 そんな3人とペアを組む形になるのが、ハワードを騙すために雇った役者たちで、娘への愛情で悩んでいるホイットは「愛」役のエイミー(キーラ・ナイトレイ)と、婚期を逸したクレアは「時間」役のラフィ(ジェイコブ・ラティモア)と、死期を悟ったサイモンは「死」役のブリジット(ヘレン・ミレン)とやりとりするうちに、それぞれの状況を打破するヒントを得ることになる。

 「愛」「時間」「死」役の3人は、ホイットが拾ってきた役者だったのだけれど、登場の仕方はかなり胡散臭い。もしかすると3人は人間のフリをした天使のようなものだったのかもしれない。脚本全体がかなりご都合主義なのも、天使たちが仕組んだことならば納得がいくだろう。
 この作品の邦題は『素晴らしき哉、人生!』(原題「It's a Wonderful Life」)という名作からいただいてきている。その名作ではクリスマスの晩に天使が登場して主人公を救うことになるわけだが、この『素晴らしきかな、人生』(原題「Collateral Beauty」)もそのあたりはよく似ている。ただ、かつての名作と比べられるほど本作が「素晴らしい」とは言い難い気もする。それでも間違いなく泣かせる話であるとは言える。脚本のあざとさを気にせずに、存分に泣くのもたまにはいいんじゃないかと思う。

素晴らしき哉、人生! ジェームズ・スチュワート ドナ・リード CID-5011 [DVD]



関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.03.02 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (6)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>素晴らしきかな、人生 from 象のロケット
ニューヨークの広告代理店で成功を収めていた男ハワード。  しかし彼は最愛の娘を亡くした喪失感から、何をする気力もない状態だった。 同僚たちはそんなハワードと、会社の将来を心配していた。 ある日、ハワードの前に3人の奇妙な男女が現れる。 年代も性別も異なる彼らは、不可思議な言葉をハワードに投げかける…。 ヒューマンドラマ。 >READ

2017.03.06

>>「素晴らしきかな、人生」:ナマクラでご都合主義 from 大江戸時夫の東京温度
映画『素晴らしきかな、人生』は、フランク・キャプラの名作『素晴らしき哉、人生!』 >READ

2017.03.07

>>素晴らしきかな、人生 / Collateral Beauty from 勝手に映画評
順風満帆だった人生から、娘の死を切っ掛けに一気に人生のどん底に落ち込んでしまった企業経営者の男性が、自分の人生を取り戻すまでの話。 錯誤によって取締役会を主導するのは、法的に許されることなんですかね?だって、取締役会で流されたビデオは、ねつ造だよね?「... >READ

2017.03.12

>>映画:素晴らしきかな、人生 Collateral Beauty 「愛」「時間」「死」という哲学的なテーマに命を吹き込もうとするのだが... from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
仕事もプライベートも絶好調! だったはずの主人公。 ところが一気に地獄落ち… まだ小さかった大切な娘が亡くなってしまったのだ! 何もやる気がしないまま、半年以上が経過。 立ち上げた会社が危機に陥り、困って周りが考えた「復帰作戦」とは?! 出演陣がとにかく豪華。 監督がデヴィッド・フランケル(プラダを着た悪魔)だからだろうか。 主人公は、ウィル・... >READ

2017.04.25

>>素晴らしきかな、人生/COLLATERAL BEAUTY from 我想一個人映画美的女人blog
邦題がどうかしちゃってるウィルの新作 この邦題はどう考えても映画ファンなら「素晴らしき哉、人生」(1946年、フランク・キャプラ監督作) のリメイクか?と思う。(でも別につながりはない) 原題は「コラテラルビューティ」で、劇中では「幸せのオマケ」と訳されてる。 邦題が酷すぎで集客に影響してるだろうと思わせるなかなかのいい作品が多くて残念。 本作も、そう。オチには賛否両論あるけど... >READ

2017.04.30

>>『素晴らしきかな、人生』('17初鑑賞64・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 6月15日 パルシネマしんこうえん(名画座)にて 13:00の回を鑑賞。字幕版。 >READ

2017.06.16

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR