『マリアンヌ』 正統派でクラシカルな作品?

 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ザ・ウォーク』などのロバート・ゼメキス監督の最新作。
 主演にはブラット・ピットとマリオン・コティヤール。
 原題は「Allied」。これは「同類の」とか「連合国側の」といった意味らしい。
 邦題はこの作品のヒロインの名前だが、かつての『わが青春のマリアンヌ』に引っ張られているのかもしれない。『わが青春のマリアンヌ』は、アルフィーの歌とか松本零士のマンガとかに影響を与えたとか言われる作品。

ロバート・ゼメキス 『マリアンヌ』 タキシードとドレスが似合うふたりはいかにもクラシカルな雰囲気を漂わせる。


 1942年、モロッコのカサブランカ。そこにスパイとして潜入したマックス(ブラッド・ピット)は、作戦において妻役を演じることになるマリアンヌ(マリオン・コティヤール)と落ち合う。作戦の目的はドイツ大使の殺害だ。敵陣のなかに入り込んで、ターゲットを殺すという難問にふたりは挑むことになる。

 前半部でマックスとマリアンヌは作戦のために偽りの夫婦を演じる。成功率は低く、共に生きて帰れる可能性はほとんどない。ふたりは誰もが羨む美男美女で、明日には死ぬかもしれないという状況が、作戦前にふたりを結びつけることになる。
 このあたりが意外と丁寧で、マリアンヌが二重スパイと疑われる後半部にも活きてくる。前半では死と賭した作戦のパートナーという大事な存在を試すための駆け引きもある。銃撃の練習では、マリアンヌはマックスが銃にかけた安全装置に戸惑ってしまう。試されたマリアンヌはその後の昼食で、わざとらしく胸元を開けてマックスの欲望の安全装置をチェックしようとする。
 そうした値踏みを経てもそれぞれが優秀なスパイであることを認め合うことになり、作戦は見事に成功することになる。ただ、スパイにおいて優秀であることは人間としてはどうなのかは考えものとも言える。スパイは人を騙していくことが必須なわけで、優秀なスパイほど嘘をつくのが上手い人間ということにもなるからだ。
 作戦を成功させたふたりはその高揚感のなかで本当に結婚するのだが、子供を授かり幸せな家庭を築いていた矢先に、マリアンヌがドイツ軍のスパイであるとの疑惑が浮上する。マリアンヌは元々優秀なスパイだけに、その本心を見抜くことは夫であるマックスにとっても難しく、マックスは疑心暗鬼に駆られることになる。

 ※ 以下、ネタバレもあり!


『マリアンヌ』 マリアンヌ(マリオン・コティヤール)とマックス(ブラッド・ピット)の偽夫婦は、作戦成功後に実際に結婚することになる。ちょっとセットっぽい感じが気になる。

 『マリアンヌ』は悲劇的な終わり方を迎えることになるわけで、ある意味では予想通りの展開と言えるけれど、わかっていても泣かされるものがある。それでもあとから冷静になって考えると疑問もある。マリアンヌはどこからマックスを騙していたのだろうか。
 マックスの上官によれば、ドイツ大使はヒトラーによって処刑命令が出されていたとのことで、つまり殺しても問題ない人物だったということだ。つまりドイツ軍のスパイであるマリアンヌはあの作戦を成功することで、マックスに取り入ることが目標だったということになる。となればマックスは始めから騙されていたわけで、子供を殺すと脅されていたなどという話はどこまでが本当だったのかとも怪しくなってくるようにも思える。
 マックスはマリアンヌの愛は本当だと考えて彼女を連れて逃げようとするわけだけれど、マリアンヌは優秀なスパイだけにどこまでが真実なのかはわからないはずなのだ。それでもこの作品を観ていると最後のブラット・ピットのわざとらしいくらいの泣き顔にも共感してしまうというのは、観客もうまく騙されているということなのかもしれない。

 たとえばふたりが初めて結ばれる砂嵐のなかでの情事では、狭い車のなかで交わるふたりの姿を捉えていたカメラがいつの間にかリア・ウインドウをすり抜けて外に出ているという技巧を見せている。いかにもさりげなくやっているのだが、CGでうまくつなげているということなのだろう。さらにこの作品のブラット・ピットが妙に若いのも気になる。ブラット・ピットが若返ったということがもしかしたらあるのかもしれないが、CG技術によって補正されているとかいう噂もあるのだとか。
 そんなゼメキス作品だから観客も色々と騙されているのかもしれない。細かい部分ではブラット・ピットが無敵すぎるとかツッコミどころ満載なのに、なぜかクラシカルな作品のようにも感じられてしまうのだから。
関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.02.12 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (8)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>マリアンヌ / Allied from 勝手に映画評
カサブランカで出会った妻は、敵国のスパイ・・・? 嘗て“異常な状況で結ばれた男女は長続きしない”と言われたものですが、マックスとマリアンヌの二人には通用しないようです。そのくらい、この二人は愛し合っているんですよねぇ。そう言う意味では、この映画は戦争映画... >READ

2017.02.12

>>マリアンヌ from 象のロケット
第二次世界大戦中。 イギリス人諜報員の男性マックスと、フランス人諜報員の女性マリアンヌは、モロッコ・カサブランカでの作戦中に恋に落ち結婚する。 二人はイギリス・ロンドンで幸せな夫婦生活を送っていたが、妻マリアンヌに信じられない疑惑が持ち上がった。 72時間以内に疑いを晴らせなかった場合、マックスは妻の命を奪うようにと命じられてしまう…。 サスペンス。 >READ

2017.02.13

>>私は「Mr.&Mrs.スミス」のほうが好きかな。(わわわわわ)~「マリアンヌ」~ from ペバーミントの魔術師
夫婦でスパイっていうと「Mr.&Mrs.スミス」がめっちゃ好きでね。あれは、敵同士のスパイと知らずに結婚して、一度は殺しあうんだけどやっぱり愛してて、両方の組織から追われながら ... >READ

2017.02.14

>>[映画『マリアンヌ』を観た] from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
☆・・・大人の抑制の感じられる、だけど飽きさせないアクションシーンも多い良作だった。 アクションは淡泊のように思え、その活躍でブラッド・ピット演じる主人公が有能な軍人であることがわかる。 だが、その有能な男が、マリオン・コティヤールという目力女優演じる、秘密を抱えたヒロインと、愛の苦悩にはまっていく。 ブラッド・ピット、かなり見た目の印象を変えて、いい演技をかましていた。 内部調査局から、妻... >READ

2017.02.19

>>「マリアンヌ」ハリウッド王道ラブ・ストーリーの復活! from シネマ親父の“日々是妄言”
[マリアンヌ] ブログ村キーワード  今やハリウッドを代表する俳優の1人となった、ブラッド・ピット。対するはフランスを代表する国際派オスカー女優、マリオン・コティヤール。2人の初共演!「マリアンヌ」(東和ピクチャーズ)。豪華な顔合わせで実現した、超正統派のラブ・サスペンスです。  1942年、ナチス占領下のカサブランカ。イギリスの特殊作戦執行部より派遣されたエージェント、マッ... >READ

2017.02.19

>>『マリアンヌ』 美男美女の映画 from Days of Books, Films
Allied(viewing film) 美男美女を主役に第二次大戦中のカサブラ >READ

2017.02.23

>>マリアンヌ from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
「カサブランカ」と同じ時代設定であり、まさに前半のモロッコ編ではスパイアクションが繰り広げられる。任務を終えて英国に戻ったらもう関係ないと思っていたら、ロンドンも空襲があい落ち着く暇もない。夫婦となった仕事仲間は詰めが甘かったのか、時代の嵐に負けてしまっ >READ

2017.02.26

>>マリアンヌ from 映画的・絵画的・音楽的
 『マリアンヌ』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)前回取り上げた『たかが世界の終わり』に出演しているマリオン・コティヤールが本作にも出演しているというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、プロペラ機の音がして、原題の「ALLIED」が映し出... >READ

2017.02.28

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR