『スノーデン』 国を裏切る愛国者

 『プラトーン』『JFK』などのオリバー・ストーン監督の最新作。
 アメリカの情報機関が世界中で通信傍受を行っていることを暴露して名前を知られるようになったエドワード・スノーデンが本作の主人公。スノーデンに関しては『シチズンフォー スノーデンの暴露』(ローラ・ポイトラス監督)というドキュメンタリーがあり、第87回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞している。

オリバー・ストーン 『スノーデン』 エドワード・スノーデンを演じるのはジョセフ・ゴードン=レヴィット。

 ドキュメンタリー作品である『シチズンフォー』はスノーデンが衝撃的な暴露をした現場が記録されている。インタビュアーを務めるジャーナリストのグレン・グリーンウォルドと、それを撮影するローラ・ポイトラス監督の前で、スノーデンはアメリカが国民すべてを監視していることについて語り出す。
 一方の『スノーデン』も香港のホテルで始まったインタビューから始まっているが、この作品はスノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の過去を振り返ることで、彼がなぜアメリカを敵に回してまでも内部告発しなければならなかったのかという点に焦点が当てられている。

 スノーデンは元々愛国者である。国を守るために志願兵として軍隊に入っていることにもそれが表れているわけだが、訓練中に足にケガを負い除隊を余儀なくされ、別の形での国家への貢献のためにCIAの仕事に就くことになる。
 そのころに知り合ったリンゼイ・ミルズ(シャイリーン・ウッドリー)とのやりとりは、スノーデンが“賢い保守”ということを示している。リベラルなリンゼイが政府に対して批判的な言葉を発するのに対し、スノーデンは国を非難したくないと言い切っている。
 “賢い保守”は現実的で物事を理解しているという自負のために、夢見がちなリベラルのように無責任に政府を批判したりはしないのだろう。それでもスノーデンが政府の仕事の中枢に関わるような部分を垣間見ることになると、アメリカのために働くことが国民のためにも世界中の人のためにもならないということが明らかになってくる。

◆アメリカのやりたい放題
 テロを未然に防ぐためには情報収集が必要となることもあるのだろうし、監視対象となる者がいることも理解できる。テロ対策のためにはそれに役立つ特定の情報のみを取り出してくることが有効だ。スノーデンがCIA訓練センターで出会ったハンク・フォレスター(ニコラス・ケイジ)は、そうしたシステムを構築していたのだがCIAに採用されることはなかった。というのもテロ対策という名目ですべての情報を吸い上げてしまったほうが、アメリカにとって都合がいいという判断があったからだ。
 これによってアメリカは世界中すべての情報を監視することができる。電話による会話の内容から、メールやその添付ファイルまで、とにかくサイバースペースでやりとりされるあらゆる情報が覗かれていることになる。アメリカがその気になれば特定の個人を罠にはめ、その弱点をネタにして脅しをかけるなどやりたい放題が可能となる。
 『ドローン・オブ・ウォー』などで描かれているドローンでの空爆システムも、アメリカが世界中の情報を監視しているから可能となるシステムということだ。スノーデンは国のために働いていると考えていたわけだが、それは流用されて戦争の道具として使用されていたことになる。テロとは無関係の一般市民のプライバシーも丸見えだし、スノーデンの技術が戦争の道具としても使われていることにもなれば、彼が自分の国に反旗を翻すのも肯ける。

『スノーデン』 元上司リス・エヴァンス(コービン・オブライアン)の顔は極端な大きさで表現される。

◆愛国者として
 国家というのは巨大な存在だ。スノーデンはそれを敵に回す。それが端的に示されているのが、元上司リス・エヴァンス(コービン・オブライアン)とのテレビ電話のシーンだろう。
 映画の約束事として、スクリーンに映る人物の位置関係やそのサイズが登場人物の関係性を示すということがあるようだ(何かの本に書いてあった)。スクリーンの上段にいる男が、それより下段にいる男とやりとりをする場合、上段の位置にいる男は下段の位置にいる男よりも優位な立場にある。またスクリーンに映る人物のサイズにおいても同様で、スクリーン上で大きく示される人物はそれより小さく示される人物よりも優位にある。
 『スノーデン』では、テレビ電話の巨大モニターのなかに登場する元上司は、それを見つめるスノーデンにのしかかってくるほどの巨大な顔として表現される。スノーデンが感じている国家の力ということになるのだろうと思う。とにかくスノーデンの前に聳え立つような上司にはとても敵いそうにない。
 それでも“賢い保守”としてのスノーデンは国の悪事を知ってしまったからには、愛国者として内部告発をしなければならなかった。「国家とは何か」を一言で示すのは難しいけれど、とりあえず「国家は政府とはイコールではない」とは言えるだろう。だから愛国者だからこそ、スノーデンは政府を敵に回すことになる。

◆悪い冗談のような話
 監督のオリバー・ストーンはそんなスノーデンを共感を持って描いている。オリバー・ストーン自身が『プラトーン』で描かれたようなベトナム戦争を経験することによって、政府に対して批判的になったのと似たような経緯を辿っているからかもしれない。
 また、この作品ではオバマ前大統領も批判的に描かれていて、何も「米国第一(アメリカ・ファースト)」というのは新しい大統領だけではないらしい。というよりはアメリカ政府は国民ですら第一ではないようだし、他国など屁みたいなものなのかもしれない。
 スノーデンは日本の横田基地にも仕事に来ていて、日本のインフラも一気に潰せるようなウイルスをすでに仕込んでいるらしい。嘘みたいな話だし、まさかホントに実行するとは思えないが、脅しとしては十分に効果的に使えるネタだろう。悪い冗談だと思いたいくらいリアリティに欠ける話だけれど、国家のためという大義があればそんなことすら可能ということなのだろうか。

スノーデン [Blu-ray]


【早期購入特典あり】スノーデン(特製クリアファイル付) [DVD]



シチズンフォー スノーデンの暴露 [DVD]


オリバー・ストーンの作品
関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.02.06 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (5)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>スノーデン from 象のロケット
2013年に国家最高機密を暴露した男、エドワード・ジョセフ・スノーデン。 CIA(アメリカ合衆国中央情報局)とNSA(アメリカ国家安全保障局)の職員だった彼は、自由を愛し、恋人を想い、すべてを捨てた…。 実話から生まれたヒューマン・ドラマ。 PG-12 >READ

2017.02.09

>>「スノーデン」:ライトな正義と告発 from 大江戸時夫の東京温度
映画『スノーデン』は、かなり久しぶりに上出来のオリバー・ストーン作品。基本的に反 >READ

2017.02.19

>>映画:スノーデン SNOWDEN 彼が告発に至った「行き過ぎた国民監視」とは実際どういうことか、がわかる、という点で既にポイント高し! from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
先に「シチズンフォー スノーデンの暴露」を観てから、鑑賞。 元CIA職員 エドワード・スノーデン氏(写真) が告発した行き過ぎた国民監視。 さて、どんな行き過ぎた国民監視なのか。 劇中、スノーデンと彼女(シェイリーン・ウッドリー)との会話。 「別に悪い事してるわけじゃないんだから、情報がダダ漏れしていても、私は平気よ」 「違う! 何を言ってるんだ!!!」 この... >READ

2017.02.19

>>「スノーデン」こんなん、シャレにならんて…。 from シネマ親父の“日々是妄言”
[スノーデン] ブログ村キーワード  史上最大の内部告発を行なったエドワード・スノーデンの人物像に迫る本作「スノーデン」(ショウゲート)。果たして彼は“英雄”なのか?それとも“裏切り者”なのか?  2013年6月3日、香港のホテルのロビーに1人の青年が現れた。ドキュメンタリー作家のローラ・ポイトラス(メリッサ・レオ)、ジャーナリストのグレン・グリーンウォルド(ザカリー・クイン... >READ

2017.02.19

>>スノーデンのしたことは・・・ from 笑う社会人の生活
10日のことですが、映画「スノーデン」を鑑賞しました。 2013年6月、イギリスのガーディアン誌が報じたスクープにより アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的監視プログラムの存在が発覚する その情報を提供したのはアメリカ国家安全保障局NSAの職員である29歳の青年エド... >READ

2017.07.21

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR