『聖杯たちの騎士』 人生は解けないパズル

 『天国の日々』『トゥ・ザ・ワンダー』などのテレンス・マリック監督の最新作。
 原題は「Knight of Cups」で、通常「カップの騎士」などと呼ばれるタロットカードの1枚のこと。

テレンス・マリック 『聖杯たちの騎士』 ルベツキの撮影した映像はとても美しいのだけれど……。

 この作品もテレンス・マリックの自伝的なものを含んでいるらしい。『ツリー・オブ・ライフ』にも描かれていた弟の死や頑固な父親といった背景は、この作品とも共通しているようにも感じられる。妙に曖昧な言い方にならざるを得ないのは、物語がはっきりとわかるようなものではないから。すべてが過去から振り返ったイメージのように展開していくのも『ツリー・オブ・ライフ』以来、より一層徹底化してきている。
 主人公リック(クリスチャン・ベイル)はハリウッドで成功した脚本家という設定になっていて、夜な夜なパーティー三昧で過ごしていても物足りないのか「ここではないどこか」を求めて彷徨っていく。タイトルにもあるようにリックは騎士とされていて、女性が求めるべき宝(=聖杯)とされている。
 そのようにして出会う女性が6人いて、現れては消えていく。最後の女性を演じるのがナタリー・ポートマンで、それによってリックが新たなスタートを切るつもりになったということでは、彼女によってリックは救われたということなのかもしれない。

『聖杯たちの騎士』 主人公リックは遍歴の末にある女性にたどり着く。その女性を演じるのはナタリー・ポートマン。

 ナレーションはリックに対して「聖杯を探索するために遣わした」などと言っているのだから、語り部となっているのは神なのかもしれない。そして神に祈るようなリックのつぶやきや、女性との想い出の時を中心にして、エマニュエル・ルベツキの撮影した美しい映像が展開していく。
 監督独自のスタイルがあるというのはいいのかもしれないけれど、どの作品も同じようなものに見えてしまう気もする。『聖杯たちの騎士』のなかでも、海辺でリックが女性と戯れるイメージも、パーティーで前後不覚に陥ったりホテルにふたりの女性を招いていちゃつくという怠惰な生活も、すべてが同じような美しいイメージのなかに収まってしまうのはどうなのかとも思う。

 というわけでエンターテインメントを求める人は遠慮したほうが無難な作品で、上映開始後15分くらいで退出した観客もいた。さすがに早すぎるだろうとそのときは思っていたのだけれど、多分15分観ても2時間観てもあまり変わりがないとも言える。すでにその時点で弟の死とか父親の存在のことは示されていて、あとは代わる代わる新しい女優が登場してくるだけだから。中盤のケイト・ブランシェットとか最後のナタリー・ポートマンには出会えないけれど……。
 「人生は解けないパズル」なんてセリフがどこかにあったような気もするのだけれど、どういう文脈だったかは忘れた。ちょっと前(昨年末)に観た作品だからかもしれないし、緩急のないイメージ展開に夢見心地だったのかもしれない。そんな人生訓がピッタリとはまるかどうかわからないけれど、スッキリした気分になる作品ではないような気がする。

地獄の逃避行 [DVD]


天国の日々 [DVD]


シン・レッド・ライン コレクターズ・エディション [Blu-ray]


シン・レッド・ライン [DVD]


ニュー・ワールド コレクターズ・エディション [DVD]


ツリー・オブ・ライフ [Blu-ray]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2017.01.03 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (3)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>「聖杯たちの騎士」:ただただ美しい映像詩 from 大江戸時夫の東京温度
映画『聖杯たちの騎士』は、テレンス・マリック風味に彩られた映像詩。いや、むしろ切 >READ

2017.01.08

>>聖杯たちの騎士 ★★★ from パピとママ映画のblog
寡作ながらも世界が注目する巨匠、テレンス・マリック監督による人間ドラマ。成功を手にしたものの心にむなしさを抱える脚本家が、6人の女性たちとの出会いを通じ、自らの過去と向き合うさまを描く。自分の進むべき道を求めてさまよう主人公をクリスチャン・ベイルが演じるほか、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマンら豪華キャストが集結。マリック監督とは4度目のタッグとなる撮影監督エマニュエル・ルベツキに... >READ

2017.01.11

>>今宵もマリック監督の世界に身をまかせ from 笑う社会人の生活
30日のことですが、映画「聖杯たちの騎士」を鑑賞しました。 脚本家リックはハリウッド映画の仕事を引き受けたことをきっかけにセレブな生活を送るようになるが、その一方で 心の奥底に怯えや虚しさを抱えていた 進むべき道を見失ったリックは6人の女たちとの出会いと愛... >READ

2017.04.13

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR