『ドント・ブリーズ』 盲人と小娘のバーリトゥード

 監督・脚本にはリメイク版『死霊のはらわた』フェデ・アルバレス
 製作にはオリジナル版『死霊のはらわた』のサム・ライミ

フェデ・アルバレス 『ドント・ブリーズ』 なめてかかっていた老人(スティーヴン・ラング)は凄腕の元軍人だった。


 ロッキー(ジェーン・レビ)は仲間のふたりと共にある家に強盗に入る。その家には30万ドルの金が隠されているという情報があり、住人は盲目の老人(スティーヴン・ラング)ということもあって簡単な仕事になるはずだった。しかし物音で住居侵入に気づかれたかと思うと、あっという間に仲間のひとりは殺されてしまう。

 『暗くなるまで待って』『見えない恐怖』のような盲人が登場するサスペンスでは、観客は盲人の立場になり、見えないことで追い込まれていく恐怖を味わう。この作品も「見える」「見えない」という非対称をうまく使っているけれども、観客は見える側に立ち、見えることが逆に恐怖の源泉になっている。
 老人は目が見えないけれど音には敏感だから、逃げるにしても音を立ててもいけないし、息をすることもはばかられる。通常のホラー映画であれば、モンスターに遭遇した瞬間が一番ドッキリするのだけれど、本作ではモンスターがすぐ近くにいて、見えているのにも関わらず主人公は動くこともできないという状態に陥り、観客は手に汗を握ることになる。

 舞台となるのは老人の住む一軒屋。そこは完全に老人のテリトリーで、ロッキーたちは内部に侵入したのはいいけれども、出口を閉じられて逃げ場を失ってしまう。さらに飛び道具として獰猛な番犬も加わるから強盗としては絶体絶命だ。
 一軒家はさほど大きいわけではない。それでも地下室や2階に屋根裏と舞台が立体的に広がっていくから、かくれんぼのフィールドとしては意外にも奥行きがある。ただ、そのアイディアだけでは間が持たないと思ったのか、別の設定が明らかになることで余計に恐怖が味わい深くなってくる。

 ※ 以下、ネタバレもあり! 結末にも触れているので要注意!

『ドント・ブリーズ』 アレックス(ディラン・ミネット)とロッキー(ジェーン・レビ)は音を立てることも、息をすることもはばかられる状況に陥る。

 盲目の老人が退役軍人で、目が見えないにも関わらず銃をものともせずに強盗のひとりを倒してしまう。それだけでは目の見えない老人の逆転劇に過ぎないのかもしれないのだけれど、老人が地下室に抱えている秘密が明らかになると、その異常性が際立ってきてモンスターらしくなってくる。
 老人は交通事故で娘を喪って、多額の賠償金で手に入れる。しかし、それだけでは飽き足らず娘を事故で殺した女性を地下室に監禁していたのだ。しかもその女性には自分の子どもを産ませようとしている。老人曰く「レイプはしない」らしいのだが、やっていることはヘタするとそれ以上におぞましい。女性であるロッキーも想定外のことに顔色が変わるのもうなずける。殺されるのも恐ろしいだろうが、こちらもトラウマになること間違いない仕打ちなのだから……。

 「強盗」VS.「殺人&誘拐」という図式となると、どちらにも正当性はない。ロッキーは追い詰められて神にすがろうとするのだが、老人は神の存在を否定する。『カラマーゾフの兄弟』のイワンの思想のように、神が存在しないならすべてが許されるわけで、神なき世界を生きている老人は自分の目的のためには何だってすることができる。
 一方でロッキーは逃げることと同時に金のことも考えている。老人がただひとつの目的に執着するのに対し、ロッキーはあれもこれもを手に入れようとするから爪が甘くなる。それでも最後の瞬間だけはすべてを捨てて逃げることだけを考えたからこそ、運良く両方を手に入れることができたのだろう。

 88分というコンパクトな上映時間もいいし、今年一番ハラハラさせてくれた作品だったと思う。すでに続編の製作も噂されているようだけれど、ロッキーは二度と老人に会いたくはないだろうし、どんな闘いになるのだろうか。

ドント・ブリーズ [Blu-ray]


【Amazon.co.jp限定】ドント・ブリーズ (最強おやじの着せ替えジャケット特典付) [DVD]



死霊のはらわた [Blu-ray]


死霊のはらわた [DVD]


暗くなるまで待って [DVD]


見えない恐怖 [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.12.26 Category: 外国映画 Comments (2) Trackbacks (7)

この記事へのコメント:

ここなつ

Date2016.12.28 (水) 14:02:21

こんにちは。

>一方でロッキーは逃げることと同時に金のことも考えている。老人がただひとつの目的に執着するのに対し、ロッキーはあれもこれもを手に入れようとするから爪が甘くなる。
ああ、確かに確かに。おっしゃる通りです。
あの年頃の女って欲張りなのかも。
最初に金庫のナンバーを知っちゃって、金に固執したのも逃げ遅れた原因ですよねー。

Nick

Date2016.12.28 (水) 21:24:07

 助かりたいなら最初から警察に連絡してしまえばいいんですけど、金に目が眩んでいるからそんなことしないんですよね。まあ、妹のためということもあるし、若いからこそ「金さえあれば」という希望があるのかもしれません。
 とりあえず色々と細かい部分ではアラもあるけど、最後まで引きこまれる映画でしたね。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>「ドント・ブリーズ」 from ここなつ映画レビュー
「20年に1本の恐怖の作品」という謳い文句。じゃあ20年前ってどの作品を指すの?などと野暮なことは聞かない。確かに怖くて思い切り異常。デトロイトからカリフォルニアへ出て行きたいと願う男女3人が、その手段として強盗で得た金を使おうとする。これが最後、の押し込み先は、イラク戦争で負傷した盲目の元軍人の家。デトロイトの中でも過疎化しているその地域、目的の家の周りは全て廃墟で家主は娘を事故で亡くして... >READ

2016.12.28

>>ドント・ブリーズ ★★★★ from パピとママ映画のblog
リメイク版「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレス監督が再びサム・ライミ製作の下で撮り上げた戦慄のサスペンス・スリラー。盲目の老人の家に盗みに入った若者3人が、相手の思わぬ反撃に遭い、逃げ道を塞がれた真っ暗闇の家の中で想像を絶する恐怖に見舞われるさまを緊... >READ

2016.12.28

>>ドント・ブリーズ  監督/フェデ・アルバレス from 西京極 紫の館
【出演】  スティーヴン・ラング  ジェーン・レヴィ  ディラン・ミネット  ダニエル・ゾヴァット 【ストーリー】 街を出るための資金が必要なロッキーは、恋人マニー、友人アレックスと共に、大金を持っているといううわさの目の見えない老人の家に忍び込む。だが、... >READ

2016.12.28

>>ドント・ブリーズ from だらだら無気力ブログ!
何だか納得いかねぇ~。 >READ

2017.01.09

>>ドント・ブリーズ from ハリウッド映画 LOVE
  新年一発目の作品。 >READ

2017.01.10

>>ドント・ブリーズ from 銀幕大帝α
DON'T BREATHE 2016年 アメリカ 88分 サスペンス/ホラー PG12 劇場公開(2016/12/16) 監督: フェデ・アルバレス 『死霊のはらわた』 製作: サム・ライミ フェデ・アルバレス 脚本: フェデ・アルバレス 出演: ジェーン・レヴィ:ロッキー ディラン・ミネット:アレックス ダニエル・ゾヴァット:マニー スティーヴン・ラング:盲目の老人 ... >READ

2017.03.23

>>「ドント・ブリーズ」(2016年、アメリカ) from 楽天売れ筋お買い物ランキング
「ドント・ブリーズ」(原題:Don'tBreathe)は、2016年公開のアメリカのサスペンス&ホラー映画です。フェデ・アルバレス監督、フェデ・アルバレス/ロド・サヤゲス共同脚本、ジェーン・レ... >READ

2017.04.28

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR