『ジュリエッタ』 言えなかったこととは何か?

 『オール・アバウト・マイ・マザー』『私が、生きる肌』などのペドロ・アルモドバルの最新作。
 原作はノーベル文学賞受賞者のアリス・マンローの短編作品。

ペドロ・アルモドバル 『ジュリエッタ』 年老いたジュリエッタ(エマ・スアレス)と若い頃のジュリエッタ(アドリアーナ・ウガルテ)。


 マドリードでひとり暮らしをしているジュリエッタ(エマ・スアレス)は、恋人のロレンソとポルトガルで老いることを決断したところ。しかし、街角で会った知人に12年前に消えてしまった娘の話を聞くと、突然、ポルトガル行きを断念し……。

 ジェリエッタはすでに中年を迎えていて残りの人生は別天地で過ごそうと考えている。しかし娘の消息を知るとその計画を中止する。恋人のロレンソ(ダリオ・グランディネッティ)は理解ある男でジュリエッタの過去に関して追求することはないのだが、彼に隠している何かがあるということだけはわかる。やがてジュリエッタはかつて自分が暮らしていた場所へと戻り、「今まで言えなかったすべてを話すわ」という言葉と共に娘へ宛てて日記を書き始める。

 ※ 以下、ネタバレもあり!

『ジュリエッタ』 色使いが強烈! ジュリエッタはこんな雰囲気でも古典の先生。

 理解ある恋人との生活をふいにしてまですることが、娘アンティアへの日記を書くことだというのだから余程の秘密が語られるのではないかと推測させる。それから若い頃のジュリエッタ(アドリアーナ・ウガルテ)が登場し、娘の父親ショアン(ダニエル・グラオ)と出会うところから回想へと移行していく。彼女の半生はそれなりに波乱に満ちているのだが、娘に告白するべき秘密らしきことはない。「言えなかったすべて」というのは、一体何のことだったのだろうか?

 問題となるのはアンティアの父親ショアンが漁に出て嵐に遭って死んでしまうところだろう。これは事故死なのだが、アンティアは父親の死の原因が母親ジュリエッタにあると考えている。後にわかることだが、お手伝いの女がアンティアに何かしらを吹き込んでジュリエッタを悪者に仕立てたのかもしれない。それでもジュリエッタ自身はそうしたことには気づいていないために、アンティアがなぜ姿を消したのかがわからない。秘密があるとすれば娘のアンティアのほうなのだから、ジュリエッタの日記には告白することなどあるはずもなく、ただ自分の過去を振り返るだけということになる。
 ちなみにチラシでは若い女性が年老いた女性を労わるような構図になっているのだが、これは母と娘のふたりではなくてどちらもジュリエッタである。手前が年老いたジュリエッタ(エマ・スアレス)で、後ろにいるのが若い頃のジュリエッタ(アドリアーナ・ウガルテ)だ。ここには娘の存在はないわけで、結局は過去を振り返り、過去の自分に慰められているだけにも思える。
 アルモドバルの作品では母と娘の関係は重要な要素となってくるわけだけれど、『ジュリエッタ』では娘のことは単なるきっかけにしか見えなかった。最後は今後の明るい展開を予想させるけれど、メインディッシュ前にディナーが終了してしまった感じで、胃がもたれるくらいのアルモドバルの諸作品と比べるとちょっと食い足りない。

 ジュリエッタにギリシャ神話の講義をさせ、魔女めいたお手伝いの女(ロッシ・デ・パルマ)が予言らしき言葉をもらして宿命のようなものをほのめかしたり、なぜか自殺する男に遭遇して罪悪感に駆られたりもする。しかし、そうした主題が中途半端に浮かんでは消えていくばかりでまとまりに欠けたように思えた。強烈な色使いは健在だし、カッコいい女優陣の活躍は楽しめるのだけれど……。

ジュリエッタ [Blu-ray]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.11.09 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (5)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>ジュリエッタ from 象のロケット
スペイン・マドリードで一人暮らす中年女性ジュリエッタは、恋人ロレンソと一緒にポルトガルへ引っ越す準備に追われていた。 しかし、知人から「イタリアのコモ湖であなたの娘を見かけたわ。」と言われ、ショックのあまり移住プランを断ってしまう。 ジュリエッタの一人娘アンティアは、12年前に家出したまま音信不通だったのだ。 …30年前、25歳のジュリエッタは夜行列車の中で漁師のショアンと出会い恋に落ちる…... >READ

2016.11.09

>>ジュリエッタ JULIETA from to Heart
上映時間 99分 製作国 スペイン 原作 アリス・マンロー『チャンス』『すぐに』『沈黙』(新潮社刊『ジュリエット』所収) 脚本:監督 ペドロ・アルモドバル 出演 エマ・スアレス/アドリアーナ・ウガルテ/ダニエル・グラオ/インマ・クエスタ/ダリオ・グランディネッティ/... >READ

2016.11.20

>>「ジュリエッタ」:ヴィヴィッドで美しい色、色、色 from 大江戸時夫の東京温度
映画『ジュリエッタ』は、ペドロ・アルモドバルの新作。小生は若き異才としてもてはや >READ

2016.11.23

>>ジュリエッタ ★★★★ from パピとママ映画のblog
『私が、生きる肌』などのスペインの巨匠ペドロ・アルモドバルが、アリス・マンローの短編集を基に描くヒューマンドラマ。音信不通となっていた娘を見掛けたと知人に言われた母親が、愛する娘に会いたいという気持ちを抱いたことがきっかけで物語が展開していく。『バカス』などのエマ・スアレスが現在、『ワイルド・ルーザー』などのアドリアーナ・ウガルテが過去の主人公を熱演。スタッフには、衣装に『ミッドナイト・イン... >READ

2016.12.08

>>過去と向き合い・・・ from 笑う社会人の生活
22日のことですが、映画「ジュリエッタ」を鑑賞しました。 スペインのマドリードで一人生活している中年女性ジュリエッタは、ある日ずっと行方がわからなかった一人娘アンティアを知人が見掛けたと聞き ショックを受ける 12年前自分に何も告げずにこつぜんと消息を絶った... >READ

2017.02.27

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR