FC2ブログ

『インフェルノ』 ラングドン教授/失敗篇

 ダン・ブラウン原作の『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』に続くシリーズ第3作目。
 監督は前2作と同様にロン・ハワードで、主役のロバート・ラングドン教授にはもちろんトム・ハンクス。共演には『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の主演ということで注目されているフェリシティ・ジョーンズ
 
ロン・ハワード 『インフェルノ』 ラングドン教授(トム・ハンクス)はシエナ(フェリシティ・ジョーンズ)と一緒にフィレンツェを駆け抜ける。


 ラングドン教授(トム・ハンクス)は頭に傷を負ってフィレンツェの病院で目覚める。自分がなぜそんな場所にいるのか思い出せないラングドンは混乱するが、そのうちやってきた警官にも命を狙われる。その場は女医のシエナ(フェリシティ・ジョーンズ)に助けられ、自分が巻き込まれている事態を探っていくと、ゾブリスト(ベン・フォスター)という男の存在にたどり着く。

 ゾブリストの主張はこうである。このままいけば100年後には人類は滅びる。そのためには人類を今すぐに半分に減らさなければならない。ゾブリストは中世に猛威をふるった黒死病(ペスト)のようなウィルスを世界に撒き散らす計画を立てる。何とも自分勝手にも思えるのだが、一応は人類愛に貫かれている。というのは、自分が居なくなったあとに人類が滅びてしまうよりは、自分も含めた半分を今すぐに間引きすることで人類の存続を図るからだ。
 とはいえ常識的にはそんなことは許されるわけもなく、ラングドン教授はその計画を阻止するために奮闘することになる。

 宗教象徴学者という肩書きのラングドン教授は前2作でも様々な謎を解き明かしてきたわけだが、今回のネタになっているのはダンテ『神曲』「地獄篇(インフェルノ)」だ。『神曲』は「地獄篇」のあとに「煉獄篇」「天国篇」と続くわけだが、一番読まれたとされているのが「地獄篇」で、本作のなかでも現在の地獄の概念を作り上げたのがダンテだったと紹介されている。
 ただダンテの謎というものが登場するわけではない。ゾブリストが残したボッティチェリの『地獄の見取り図』などに導かれ、フィレンツェの観光案内のように名所を駆け巡り、ゾブリストが隠したものにたどり着くだけとも言える。一応付け加えておけば、ラングドン教授は頭に受けた傷によって、現世に居ながらにして「地獄篇」に描かれた地獄絵図のような情景を目にすることにもなる(幻視は短いけれどそれなりのインパクトがあった)。
 ゾブリストの計画と関係のないダンテの『神曲』が選択されているのは、キリスト教を奉ずる国では「地獄篇」が大きな影響を与えているからということなのだろう。ちなみにあやしげな便利屋の総監(イルファン・カーンが軽妙な味)が若者をけなしたあとに、わざわざ「35歳にならないと」などと口走っているのは、「地獄篇」の冒頭で暗い森のなかに迷い込んだダンテが「人生の半ば」である35歳だったとされているからなのだろう。何の説明もなくそんな台詞が口にされるのは、キリスト教国では常識のレベルで理解されるということなのだろうか。

『インフェルノ』 ボッティチェリの『地獄の見取り図』のなかに暗号が……。

 本作『インフェルノ』のなかで何も忘れることがないと自分の記憶力を誇っているラングドン教授だが、今回は頭に傷を負い記憶障害の状態にある。数日前からの記憶が消え、唐突に事態の只中へと迷い込むことになる。そのためにラングドンは今回いくつかの失敗もやらかす(ダンテのデスマスクは自分で盗んだくせにそれを忘れてしまっている)。
 さらに『メメント』などでもあったけれど記憶障害のために、ラングドンは自分に接触してくる人物が敵なのか味方なのかがわからない。命を狙っているのか、彼を利用しようとする輩なのか、親切な援助者なのか、それがわからないから誰も信用できない。また事態の全容を見通せていないから謎を解いたとしても、それを誰に知らせればいいのかもわからない。謎解きに驚きはないけれど、そんな五里霧中をさまようサスペンスとしてはなかなか楽しかったと思う。

 また、今回は二組のカップルの恋愛ものといった感じもあって、その一組はラングドンとかつての恋人で、もう一組はかなりのネタバレなので一応伏せておく。ただ、そうした恋愛話がかえってスピーディーな展開を寸断しているような感じもした。
 ラングドンはかつての恋人と飛行機のなかで向き合ったとき、話好きなのに肝心なことは話さないと非難される。宗教などの薀蓄となればいくらでも滑らかに言葉が出てくるのに、肝心なこと(つまりは今向き合っているふたりのこと)に関しては言うべきことがない。そんなラングドンだったからふたりは別れ、それぞれの道を歩んだということらしい。そんなわけで今回はラングドンの活躍よりも失敗ばかりが目立つ作品だったかもしれない。

インフェルノ (初回生産限定) [Blu-ray]


インフェルノ (初回生産限定) [DVD]




インフェルノ(角川文庫 上中下合本版)



ダ・ヴィンチ・コード&天使と悪魔 ブルーレイ・コンプリート・エディション(5枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]


関連記事
スポンサーサイト



Date: 2016.10.29 Category: 外国映画 Comments (11) Trackbacks (10)

この記事へのコメント:

まれ

Date2020.05.08 (金) 14:38:55

『メメント』を観ましたので、Nickさんのレビューを拝読しようと検索しましたら、『インフェルノ』がヒット。レビューを拝読すると・・・。こんなお話だったんですね。タイムリー過ぎて・・・。
『ダ・ヴィンチ・コード』と『天使と悪魔』は小説を読み、映画も観ましたが、映画より小説が面白いので、『インフェルノ』は未読のまま、映画も観ていませんでした。他には『デセプション・ポイント』というNASAが関係する小説を読みまして、ダン・ブラウン氏は、単にフィクションと言い切れない部分も多く、『インフェルノ』は『コンテイジョン』よりドキッとしました。ターゲットは人口半分までっていつまで・・・。しかも、バッタの大群も食糧危機に拍車をかけている今、こちらの映画の方が現実味があり、怖いですね。

映画の犯人はマッドサイエンティストでしたが、社会をどう回すかを考えているエリート集団が出した答えだったら・・・とはいえ、世界を牛耳っているエリート集団なら、人口を減らさなくても十分食べていける層なのでは?と思ってしまいますけどね 笑 フィレンツェが舞台というので、いつか映像で観てみたいと思いつつ、やはり、内容がリアル過ぎて、観る気になりませんね・・・_| ̄|○

Nick

Date2020.05.18 (月) 21:31:23

そう言えば『インフェルノ』はウイルスの話でしたね。
アメリカは中国の研究所からコロナウイルスが発生したと言ったりして、
中国が作ったかのような印象を与えようとしているようにも感じられます。
ダン・ブラウンの小説は『天使と悪魔』しか読んだことがないのですが、
色々と調べて書いているんでしょうね。
しかし、どこまでが本当なのかが素人にはわかりかねますね。

本当に世界のことを考えているつもりのエリートとしては、
自分だけが食べていけることに満足できないということはあるのかもしれませんね。
全世界を守るためという名目で、
世界の人口を半分に減らすという誤った手段に訴えられたとしたら、
テロ行為にしか思えませんが。

まれ

Date2020.05.24 (日) 21:18:42

ダン・ブラウンの小説は、山崎豊子作品に似ている気がします。山崎作品は、ある程度の事実を知りえるので、より興味深いですが、ダン・ブラウン作品は、どこまでが事実か・・・。ただ、登場する建造物やその歴史を知ると、あながちと思ってしまうところが上手です。確かに、世界を牛耳っている人達の目的は、庶民の理解を軽く超えていて、リアルSFの世界ということですかね・・・

Nick

Date2020.06.06 (土) 19:02:03

なるほど山崎豊子ですか。
どちらも情報量が多そうですね。
実は山崎豊子作品は読んだことがないので、
ドラマとかのイメージでしかありませんが。

まれ

Date2020.06.27 (土) 08:45:22

山崎作品は長いので、全作品は読んでいませんが、『沈まぬ太陽』は図書館で借りて、一気に読みました。身近な企業が題材だったのと、なぜ、優待券が金券ショップに多く売っているのか?という疑問があり、なるほど・・・と思いました。

先日、『ナイロビの蜂』を観ました。御年88歳、元MI6の諜報員でスパイ小説作家が最新作を昨年発表したと知り、どんな本を書いているのか調べたところ、『ナイロビの蜂』があり、ポスターを覚えていたので、あらすじを読むと、『コンテイジョン』より怖く感じました。

コンゴとスイス・カナダの案件なのに、ナゼ、英国が介入したのか?という結末に、納得せざるを得ない部分もあり、面白い作家だと思いました。Wikiによると『ナイロビの蜂』は著者がスイスで出会った男から聞いた話を元に小説にしたというので、特に、製薬会社が凌ぎを削っている今観ると、本当にゾッとしました。

本当は著作を読みたいのですが、1作2時間と思い、つい映画化作品を観てしまいました。『寒い国から帰ったスパイ』、『テイラー・オブ・パナマ』、『誰よりも狙われた男』、『裏切りのサーカス』の4作品。『裏切りのサーカス』はカルト的人気があるようで、2度観て、解説を読んで、やっと全体を掴めた感じでした・笑 Nickさんのブログで検索しましたが、ヒットしませんでした。ご覧になっていないか、書評を書くまでもない作品だったのかな?とも思いました。著作を読みたいところですが、こちらも長編なので、いつか機会があったら・・・笑

Nick

Date2020.07.14 (火) 22:02:56

『ナイロビの蜂』はジョン・ル・カレの作品ですね。
名前は聞いたことがありますし、
誰かが『裏切りのサーカス』を褒めてたので気になってたのですが、
結局まだ本も読んだことがありませんし、
どの映画も観てません。
最近は小説を読む機会がだいぶ減ってしまったもので、
なかなか手を広げることができないでいます。
それにしても『裏切りのサーカス』は難解みたいですね。

よくわからない映画ってのはあるみたいで、
『マルタの鷹』とか何度見てもよくわからないとか言われますね。
それでも映画として成立しているし名作とも言われてますから不思議ですが。

まれ

Date2020.07.20 (月) 02:08:32

『マルタの鷹』を知らなかったので、wikiであらすじを知りました。映画になるとハテ(・・?作品なんですね・笑 面白そうなので、機会があったら観てみたいです。
『裏切りのサーカス』は説明が少ないので分かりづらいですが、決して詐欺的作品ではないと思います・笑 これまた貴族というか王族の血を引くベネディクト・カンバーバッチも出演しており、俳優陣も豪華な作品でした。よくわからない映画の筆頭はデビット・リンチですかね・・・。わからないとわかっていても観たくなる監督です・苦笑

Nick

Date2020.07.28 (火) 00:43:37

>よくわからない映画の筆頭はデビット・リンチ
まさにそうだと思います。
それにも関わらず観たくなりますね。
劇場で同じ映画を二度見ることはそんなにないのですが、
『マルホランド・ドライブ』はわからないながらも魅了されて二度観に行きました。

まれ

Date2020.08.01 (土) 23:16:49

『マルホランド・ドライブ』はテレビで観て、なんだか良くわからず、でも、デビッド・リンチだし、と放置しました 笑 その後、またテレビで放映されたので録画し、良く見直しても理解できず、ネット検索してみましたが、結局、回答のない作品を作ったのだろうと・・・苦笑 なぜ、回収されない物語なのに魅了されるのか不思議ですね。

実は『スイミング・プール』も答えがない作品なんですよね。『夏、85』のインタビューで監督が言ってましたが、物語は作り手と鑑賞者の双方で作り上げるのが好きと。そして、今更ながら『スイミング・プール』の記事を検索し、リュディヴィーヌも結末について質問され、”結末は1つではなく、観た方の考えた結末が、この映画の結末です”と答えてました。複雑な映画だったんですね 笑 初めて観た時はラストであれ?と思い、後にDVDを購入しました。どこまでが小説家の想像なのか?となると、個人の感じ方ですね。

初めはサニエは”自称社長の娘”で、家主不在をいいことに邸宅で好き勝手なことをする近郊の常連な悪い娘(笑)と思っていましたが、殺人事件、母親の小説など登場し、今は、全てサラの小説だった説です。少し、映像化した『アクロイド殺し』に似てますね。

Nick

Date2020.08.09 (日) 00:09:36

>『スイミング・プール』も答えがない作品
まさにそういうことですよね。
「全てサラの小説だった説」という解釈もあり得ますね。
なるほど。
私はラストの「あれ?」ってところで止まってましたが……。
もしかするとレビューとか書いていたとしたら、
どういう意味だったのかと考えたかもしれません。
よくわからないとあれこれと観た後に考えることになり、
それがかえって想像をふくらませることになったりもするんでしょうね。

まれ

Date2020.09.01 (火) 20:12:31

Nickさん、「あれ?」で終わってましたか 笑 なぜか、ラストの不可解さにとても惹かれ、追求してしまいました・笑 やはり、オゾン作品は捻りがあり、面白いに尽きます~

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>インフェルノ from 象のロケット
アメリカのハーバード大学教授ロバート・ラングドンは、フィレンツェの病院で目覚めるが、2日間の記憶を失っていていた。 謎の刺客に襲われ女医シエナの助けで脱出した彼は、アメリカの大富豪ゾブリストが強力なウィルスを開発し、人口増加問題の過激な解決策を実行に移したことを知る。 ウィルスの在りかを示す暗号が、ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>を基にボッティチェリが描いた「地獄の見取り図」... >READ

2016.10.31

>>「インフェルノ」 from 或る日の出来事
フェリシティさんを見ると「ローグ・ワン」に思える。 >READ

2016.11.01

>>インフェルノ from とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
ダン・ブラウン原作の宗教象徴学者ロバート・ラングトン教授の活躍するシリーズ第3弾だ。テレビで前2作を復習放送してくれたので、思い出すこともあった。レオナルド・ダ・ヴィンチ、ガリレオと来た次にダンテを取り上げて、サスペンスに仕立てるのが素晴らしい。イタリアや >READ

2016.11.01

>>「インフェルノ」:きっと小説用のネタなんでしょうね from 大江戸時夫の東京温度
映画『インフェルノ』は、ダン・ブラウン原作×ロン・ハワード監督×トム・ハンクス主 >READ

2016.11.04

>>インフェルノ from 映画好きパパの鑑賞日記
 「ダ・ヴィンチ・コード」などトム・ハンクス扮するロバート・ラングドンシリーズの第三作。原作をうまくアレンジしていますが、おまえ、なぜこの場所がわかるのか、というような突っ込みどころもあり、お気楽なエンタメです。  作品情報 2016年アメリカ映画 監督:… >READ

2016.11.08

>>インフェルノ from だらだら無気力ブログ!
相変わらずテンポいいな。 >READ

2016.11.19

>>インフェルノ / Inferno from 勝手に映画評
ネタバレあり。 『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』に続く、ロバート・ラングトンシリーズの第三弾。 ラングトンシリーズは、イタリアや宗教を描くことが多く、少し難解に感じることが有るんですが、本作では今までに増して最初のうち難解に感じました。と言うと... >READ

2016.11.19

>>「インフェルノ」 from ここなつ映画レビュー
ロン・ハワード×トム・ハンクス。磐石である。磐石過ぎるきらいはあるものの、大層面白かった。生命を賭けて成し遂げようと思える仕事があるのが羨ましい。ついこの間までは常に「自分の仕事が生命(特に人様の)に関わる仕事じゃなくて良かった…」と思っていたのだけれど、どうせ仕事をするなら生命を賭けられる仕事をする、そんな人生も良かったのかもしれない。いや、本作のストーリーなどには直接は関係ないことなのだ... >READ

2016.11.25

>>今作もラングドンは走る from 笑う社会人の生活
3日のことですが、映画「インフェルノ」を鑑賞しました。 記憶喪失状態でフィレンツェの病院で目覚めたラングドン教授は何者かに命を狙われるも、医師シエナ・ブルックスの手引きで事なきを得る 二人は人口増加を危惧する生化学者ゾブリストが人類の半数を滅ぼすウイル... >READ

2017.02.17

>>インフェルノ from 銀幕大帝α
INFERNO 2016年 アメリカ 121分 ミステリー/アドベンチャー 劇場公開(2016/10/28) 監督: ロン・ハワード 『白鯨との闘い』 製作: ロン・ハワード 脚本: デヴィッド・コープ 出演: トム・ハンクス:ロバート・ラングドン フェリシティ・ジョーンズ:シエ... >READ

2017.03.11

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR