『ダゲレオタイプの女』 溝口的怪談と小津的階段

 『岸辺の旅』『クリーピー 偽りの隣人』などの黒沢清監督の最新作。
 今回は監督以外のキャスト・スタッフはすべて外国人で、全編フランス語の作品となっている。

黒沢清 『ダゲレオタイプの女』 マリー(コンスタンス・ルソー)はジャン(タハール・ラヒム)によって拘束器具に固定される。


 ジャン(タハール・ラヒム)はパリ郊外の屋敷で写真家ステファン(オリヴィエ・グルメ)の助手として働き始める。ステファンはダゲレオタイプという古い形式の写真に魅せられている。露光時間が長いダゲレオタイプは、モデルに長時間の拘束という苦痛を強いることになり、モデルである娘のマリー(コンスタンス・ルソー)は次第に恐怖を感じるようになる。

 『アンジェリカの微笑み』にもあったように、死者の最期の姿を写真に留めるということが19世紀にはよくあったようで、この『ダゲレオタイプの女』でも幼くして亡くなった子供をダゲレオタイプで撮影するエピソードがある。この方式は露光時間がかなり長いようで、その間、モデルはまばたきすらできないわけで遺体を撮影するのは理に適っているとも言える。
 逆に生きているモデルがそれをするとなるとかえって無理がかかる。この作品では、マリーは身体を固定する拘束器具で動きを封じられたまま長時間の撮影に耐えることになる。死体と同じように動かぬままで過ごすことはモデルにとって魂を抜き取られるような感覚だったのかもしれない。マリーが亡くなった子供の撮影を見ると少々取り乱すことになるのは、自分が死に近づいているような感覚に襲われたからかもしれない。実際に出来上がったダゲレオタイプの写真はモデルの姿を永遠に閉じ込めたような質感を持っていて、撮影する父親ステファンはさらなる完璧さを要求するようになっていく。
 助手として働くうちにマリーに惹かれていったジャンは、次第に狂気じみてくるステファンからマリーを助けようと画策することになる。


 ※ 以下、ネタバレもあり!

『ダゲレオタイプの女』 ダゲレオタイプの写真はこんな感じ。とても生々しい。

 主人公のジャンがステファンの屋敷に足を踏み入れ、カメラがゆっくりと動き出すと妖しい空気が漂い始める。扉が音もなくひとりでに開き、目に見えない何かがそこを通り抜けていくかのように感じられたかと思うと、いつの間にかに薄暗い階段の上に青いドレスをまとった女性の姿が現れる。いかにも黒沢作品らしい雰囲気を感じさせる始まりになっている。
 蓮實重彦「小津と溝口の宿命的な融合」と指摘しているように、この作品は溝口健二『雨月物語』のような怪談話であり、小津安二郎『風の中の牝鶏』の有名な階段場面を再現した映画となっていて、ファンではなくともまさに「必見」の作品となっている。

 怪談話であるからには幽霊が登場しなくてはならないわけで、マリーはある事故によって瀕死の重傷を負い、一度消えたあとに姿を現す。マリーが一度消える場所は川のそばとなっている。民俗学者によれば川岸など水辺の境界地は“この世”と“あの世”の境界を意味するという。マリーがいささか不自然にも車でその場所まで運ばれてから姿を消すのは、そうした境界というものが意識されているからで、マリーはその場所で幽霊となって姿を現すことになる。
 ちなみにジャンはその後にわざわざその場所を確認に出向いている(一度目は夜だったため)。するとその場所には川が流れ、すぐ上には高架線が走っていて電車の音が響いている。『クリーピー 偽りの隣人』のときに記したことだが、モンスターのような登場人物たちは境界に棲みつくものであり、実際に『クリーピー』のなかでも舞台のすぐそばには川を類推させる線路が走っていた。『ダゲレオタイプの女』という作品にも明確に境界が示されているわけで、“この世”と“あの世”が交じり合うような世界が描かれていくことになる。
 そうした世界を描いた作品としては『岸辺の旅』があり、『岸辺の旅』では“この世”に残された妻が幽霊となった夫と過ごすことで、最後にはその死を了解することになる。一方、『ダゲレオタイプの女』のジャンはマリーの死を認めたくないようだし、マリーも自らの死に気づいていないのかもしれない。生と死も曖昧となったような旅がしばらく続くことになるわけだが、それも長くは続かない。『岸辺の旅』がハッピーエンディングだとすれば『ダゲレオタイプの女』はその逆で、ジャンのラストの泣き笑いの表情はちょっと切ない。

 前半の妖しい雰囲気に比べ、後半に屋敷の売買のためにジャンが策を弄したりするという展開はちょっと首を捻るところがあったし、ステファンが恐れる妻ドゥニーズの幽霊はなぜかまったく怖いところがなくて、けれん味には欠けたような気もする。また、黒沢映画の名物みたいなスクリーン・プロセスで撮影されたドライブシーンもあったようなのだけれど、夜の場面(瀕死のマリーを運んで病院へ向かう場面)だったからかスクリーン・プロセスで撮影されたものとは気づかなかった。私がぼんやりしていただけなのか、いつものスタッフではなかったからいつものスタイルとなっていなかったのか……。
 とはいえ、黒沢清の映画で『ロゼッタ』『息子のまなざし』オリヴィエ・グルメ『預言者』『ある過去の行方』タハール・ラヒムの共演を見ることができたのは、それだけで価値があろうというもの。コンスタンス・ルソーの儚い感じもよかった。

ダゲレオタイプの女[Blu-ray]


ダゲレオタイプの女[DVD]



雨月物語 [DVD]


風の中の牝鶏 [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.10.18 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (4)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>ダゲレオタイプの女 from 象のロケット
自宅をアトリエにし、170年前の撮影法“ダゲレオタイプ”にこだわっている、気難しい写真家ステファン・エグレー。 亡き妻ドゥニーズに代わり、今は娘マリーが彼のモデルを務めていた。 ステファンの助手として採用された青年ジャンは、マリーと恋に落ちてしまう。 二人はステファンの屋敷を出て一緒に暮らすことを夢見るが、ある日事件が起こる…。 ロマンティック・ホラー。 ≪その撮影は永遠の命を与える愛。≫ >READ

2016.10.25

>>「ダゲレオタイプの女」:クロサワ幽霊映画の集大成 from 大江戸時夫の東京温度
映画『ダゲレオタイプの女』は、黒沢清がフランス資本でフランス・ロケで、フランスの >READ

2016.10.26

>>ダゲレオタイプの女 ★★★・5 from パピとママ映画のblog
「岸辺の旅」「クリーピー 偽りの隣人」の黒沢清監督が、オールフランスロケによる全編フランス語の作品に初挑戦し、キャストのみならずスタッフもほぼ全て現地で活躍する外国人を起用して撮り上げた異色のゴシック・ラブストーリー。“ダゲレオタイプ”という世界最古の写... >READ

2017.01.03

>>『ダゲレオタイプの女(La Femme de la plaque argentique/DAGUERROTYPE)』黒沢清監督、タハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー他 from 映画雑記・COLOR of CINEMA
『ダゲレオタイプの女』La Femme de la plaque argentiqueDAGUERROTYPE監督 : 黒沢清出演 : タハール・ラヒムコンスタンス・ルソーオリヴィエ・グルメマチュー・ >READ

2017.01.03

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR