『オーバー・フェンス』 その瞬間のみ光輝く

 佐藤泰志原作の『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く「函館3部作」の最終章。
 監督は『どんてん生活』『リンダ リンダ リンダ』などの山下敦弘
 出演陣にはオダギリジョーや蒼井優以外にも個性的な面々が。舞台となる職業訓練校の仲間には松田翔太や満島真之介など。一番年上の勝間田を演じた鈴木常吉がいい味を出している。

山下敦弘 『オーバー・フェンス』 職業訓練校の面々。何だか塀のなかにいるようにも見える。


 離婚して地元に戻ることになった白岩(オダギリジョー)は、失業保険延長のために何となく職業訓練校に通っている。そんなある日、職業訓練校の仲間に誘われたキャバクラで風変わりなホステス(蒼井優)と出会う。

 主人公の白岩は空っぽな男だ。夜に遊び歩くでもなく、弁当を食べながらビールの350ミリ缶を2本だけ飲むという無味乾燥な生活を送っている。それでも外見は普通に見えるのか、なぜか職業訓練校の仲間には頼りにされたりするところもあったりもするのだが心は荒んでいる。誘われた飲み会では若い女の子たちに向かって「この先おもしろいことなんて何もないよ」みたいなことを口にして場を凍りつかせたりもする。
 そんな白岩が聡(さとし)という男のような名前のホステスと出会って再生していくというのがこの物語だ。蒼井優が演じる聡のキャラクターがとても魅力的だった。聡は唐突に道端で鳥の求愛ダンスをやってみせたりする風変わりなところのある女で、そのキャラが「魅力的」というと語弊があるかもしれない。聡は自ら「ぶっ壊れてるから」と語るほど不安定な女で、現実に出会ったとしたら遠慮したいような女性だからだ。
 しかしそんな女性を蒼井優がどう演じるかというのは、この作品の見所だろうと思う。映画のなかに登場する「こわれゆく女」は、ヘタすればとても見てられないようなものになる(思い浮かぶ例は色々とあるだろう)。蒼井優の聡にはそんなところは感じられなかったし、奇妙なダンスも『花とアリス』でも見せたバレエの素養があるからか、動きの細部にまで熱がこもっていたと思う。白岩はそんな聡に惹かれ、世捨て人のような生活から抜け出すことになる。

 ※ 以下、ネタバレもあり!

『オーバー・フェンス』 白岩(オダギリジョー)は聡というホステス(蒼井優)と出会う。

 ラストは「函館3部作」のなかでも奇妙に明るい。ただ、原作とは違って聡のキャラが情緒不安定な女となっているところもあって、ラストの明るさも未来に対する希望と受け取っていいのかちょっとわかりかねた。
 聡は外から帰ると沐浴しなければ気が済まないような何かしらの病を抱えていて、薬の世話にもなっている。唐突に怒り出す聡の不安定さは、白岩のペースを乱し翻弄していくことになる。白岩にとっての聡は、夜の動物園で鳥の羽が雪のように舞うようなマジカルな魅力を持っている。しかしその一方で、澄ました白岩も声を荒げてしまうほど厄介な女だ。
 それでも白岩に失うものはない。聡の誘いにも応じず檻のなかに留まった白頭鷲とは違い、ラストでフェンス越えのホームランを狙う白岩は、刑務所みたいな職業訓練校という檻から出て聡と生きることを選んだということなのだろう。(*1)ただ、聡があまりに気まぐれなため、その明るさも長続きしそうにないものにも思えたのだ。ちなみに白岩の元妻・洋子(優香)も精神を病んでいて、それが離婚のきっかけになっている。一度そうした失敗をしたにも関わらずそれを繰り返すのは酔狂では済まないような……。

 佐藤泰志原作の『そこのみにて光輝く』でも、朝陽が照らすラストの瞬間だけが輝いているように見えた(タイトルの「そこ」というのは、場所を示しているのと同時に「底」を示しているらしい)。『オーバー・フェンス』のラストもそうした一瞬の光だったのかもしれないのだが、それにしては底抜けに明るかったようにも感じられた。

(*1) これは『あんにょん由美香』などの松江哲明の指摘だが、山下敦弘監督は「視線を合わせない」人物配置の長回しが特徴的なのだとか。しかしこの『オーバー・フェンス』では白岩と聡の対話は「切り返しショット」で描かれている。白岩が聡と正面から向き合うことを示しているのだろう。

オーバー・フェンス 豪華版 [Blu-ray]


オーバー・フェンス 豪華版 [DVD]


オーバー・フェンス 通常版 [DVD]



そこのみにて光輝く 通常版DVD


海炭市叙景 [DVD]



黄金の服 (小学館文庫)


そこのみにて光輝く (河出文庫)


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.10.01 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (5)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>『オーバー・フェンス』('16初鑑賞91・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月23日(金) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 12:25の回を鑑賞。 >READ

2016.10.02

>>オーバー・フェンス from 象のロケット
東京の建設会社に勤めていた白岩義男は、離婚して故郷・函館へ帰ってきた。 誘われても実家には顔を出さず、職業訓練校で建築技術を学びながら失業保険で暮らしている。 ある日、風変わりな若い女・聡(さとし)と出会う。 彼女は、訓練校仲間の代島と出かけたキャバクラのホステスだった…。 ラブ・ストーリー。 >READ

2016.10.04

>>『オーバーフェンス』 鈍色の曇天の下 from Days of Books, Films
Overfence(viewing film) 冒頭、北国の鈍色をした曇天を飛ぶ >READ

2016.10.08

>>オーバー・フェンス ★★★★ from パピとママ映画のblog
近年再評価が進む不遇の作家・佐藤泰志の小説を、大阪芸術大学出身の気鋭監督で映画化する「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く“函館三部作”最終章。人生に挫折し、将来の展望のないままに孤独で無気力な日々を送る主人公が、キャバクラで働くヒロインや職業訓練校の仲間たちと織りなす不器用な交流を通して少しずつ変わっていく姿を描き出す。主演はオダギリジョー、共演に蒼井優、松田翔太。監督は「苦役列車」「... >READ

2016.10.15

>>「オーバー・フェンス」:ライトでほんわかな山下流 from 大江戸時夫の東京温度
映画『オーバー・フェンス』は、佐藤泰志原作の函館を舞台にした映画3部作の3作目と >READ

2016.10.19

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR