『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 プップクプーを飲んでプリプリプーを

 スティーヴン・スピルバーグの最新作。
 原作はロアルド・ダール『オ・ヤサシ巨人BFG』
 『ブリッジ・オブ・スパイ』では信念を持つスパイを演じてアカデミー賞助演男優賞を獲得したマーク・ライアンスが表情豊かにBFGを演じている。

スティーヴン・スピルバーグ 『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 何だか『E.T.』の名場面を思わせないでもない。


 孤児院に暮らすソフィー(ルビー・バーンヒル)は不眠症で、夜中にこっそり本を読んでいると、外の物音に気づく。そこには見たこともないような巨人がいる。それを目撃してしまったソフィーは巨人たちの国へと連れ去られてしまうのだが……。

 この映画は脚本を担当したメリッサ・マシスンに捧げられている。メリッサ・マシスンはあの『E.T.』の脚本を書いた人物で、この作品もソフィーという10歳の少女と巨人(人間とは違う生き物)との出会いを描いている。
 ソフィーをさらったBFG(=ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)は巨人たちの秘密を守るために目撃者であるソフィーをさらったのだが、意外にも心根はやさしい。巨人たちの国にはBFG以外にも個性豊かな巨人たちがいる。この巨人たちは人間を丸呑みして食べてしまうような粗暴な輩で、巨人たちのなかでは小さいBFGは彼らにいじめられている。ソフィーは巨人たちが人間狩りを始めることを知り、ある人物の助けを借りることをBFGに提案する。

『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 中央のチビがBFG。ほかの巨人はかなりデカくてなかなか個性豊か。

 ハラハラドキドキのスリルはほどほどだし、『E.T.』のような感動の涙もないけれど、ナンセンスな楽しさがある映画だった。そもそも「ビッグなジャイアント」というのは冗長だろうし、BFGは巨人たちの間では一番小さくて「チビ」などと呼ばれている。ほかの巨人たちの名前はニクスキー(英語名:ブッチャーボーイ)とか、チダラリン(ブラッドボトラー)とか、ダラリー(ミートドリッパー)などとダジャレっぽい。
 巨人たちにとっておいしい食べ物であるソフィーが「人間豆」と呼ばれているのは「human being」が間違って「human bean」になってしまったものらしい。この映画にはそうした言葉遊びみたいなものがいっぱいあるようだ(ネイティブだったらもっとおもしろいのかもしれない)。BFGは言葉を教わる機会がなかったらしく、しょっちゅう「言いまつがい」をしてソフィーに指摘されてばかりいるというのもおかしい。
 ソフィーが助けを借りることになるのは女王で、その客人であるBFGへの女王のおもてなしの場面がとても楽しい。人間界への危機が迫っているかもしれないのに、意外にのんきに豪華な朝食を食べているのも妙なのだけれど、みんなで“プップクプー(巨人国の炭酸)”を飲んで“プリプリプー(おなら)”を連発するというナンセンスが見所だろうか。ここでは女王やその飼い犬たちもマナー違反をやらかすことになるわけだけれど、しっかり者のソフィーは失敗からは逃れて澄ました顔をしていたような……。
 ラストで巨人の国と人間界と離れて暮らすことになるBFGとソフィーだが、BFGにはアリンコの話し声も聞こえるほどの聴力があり、ふたりは離れていても通じ合っている。ちょっと心温まる終わり方だった。BFGの主食である「おばけきゅうり」はゲテモノで、ゴーヤーはしばらく食べたくなくなるかもしれない。

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント [DVD]


BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント ブルーレイ(デジタルコピー付き) [Blu-ray]



オ・ヤサシ巨人BFG (ロアルド・ダールコレクション 11)


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.09.22 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (4)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント from 象のロケット
イギリス・ロンドン。 児童養護施設に暮らす10歳の少女ソフィーは、真夜中に窓から入ってきた“巨大な手”に持ち上げられ、「巨人の国」へ連れて行かれてしまう。 ソフィーを連れ去ったのは、夜ごと子どもたちに「夢」を届ける、やさしい巨人BFG(ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)だった。 しかし、ソフィーは凶暴な巨人たちから狙われることに…。 ファンタジー・アドベンチャー。 >READ

2016.09.24

>>自分の肉体を自分と思う from 哲学はなぜ間違うのか
ごっこ遊びを卒業する小学校低学年ころから、子供は他人の目を意識するようになる。自意識が芽生える。これは、他人と共有する現実世界の中にある自分の肉体を自分と思う(自分に憑依する)ようになるということでしょう(拙稿12章「私はなぜあるのか」)。 ... >READ

2016.09.28

>>優しき巨人の世界へ from 笑う社会人の生活
24日のことですが、映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」を鑑賞しました。 ロンドンの児童養護施設に暮らす少女ソフィーは真夜中に巨大な手に持ち上げられ、「巨人の国」に連れて行かれてしまう ソフィーを連れ去ったのは、子どもたちに夢を届ける 優しい巨... >READ

2016.11.19

>>BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント from 銀幕大帝α
THE BFG 2016年 アメリカ 118分 ファンタジー/アドベンチャー/ファミリー 劇場公開(2016/09/17) 監督: スティーヴン・スピルバーグ 製作: スティーヴン・スピルバーグ フランク・マーシャル 原作: ロアルド・ダール『オ・ヤサシ巨人BFG』 音楽: ジョ... >READ

2017.01.22

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR