『怒り』 闘うには相手が悪い

 監督・脚本は『悪人』『許されざる者』などの李相日
 原作は『悪人』の吉田修一で、6年ぶりの李監督とのタッグとなる。
 音楽は坂本龍一

李相日 『怒り』 【千葉篇】の愛子(宮﨑あおい)と田代(松山ケンイチ)。

 八王子で夫婦が惨殺される事件が発生する。その事件の現場には被害者の血で書かれた「怒り」という文字が……。犯人の山神のことはすぐに特定されるものの、山神は捜査網を掻い潜って逃げてしまう。

 その1年後、物語は3つの場所を舞台に進行する。
 【千葉篇】では、漁港に現れた田代(松山ケンイチ)という男が漁協組合の槙(渡辺謙)のもとでバイトをすることになり、田代は槙の娘・愛子(宮﨑あおい)と親しくなる。
 【東京篇】では、優馬(妻夫木聡)はゲイたちが集う発展場で直人(綾野剛)と出会う。
 【沖縄篇】では、友人と無人島散策に来た泉(広瀬すず)が廃墟で暮らしているバックパッカーの田中(森山未來)と知り合う。

 それぞれの場所に現れた男(田代、直人、田中)は素性が明らかにされていない。もしかするとそのなかの一人は山神なのではないか。観客にそんな疑念を抱かせるように作られている。これは原作から引き継がれた一種のトリックで、観客は素性の知れない3人を殺人犯なのかという疑いの目で追っていくことになる。
 原作小説は当然ながら山神の顔そのものを提示することはできない。手配写真が出たとしても、読者にはそれが誰を示すのかはわからない。しかし映画版『怒り』では手配写真そのもの登場する。すぐに誰が犯人かわかりそうなものだが、3人のうちの誰にでも見えるような処理がされている(最初の写真は整形前のもので田代に似ているとは言えるかもしれない)。しかも過去の山神を演じているのは実際の犯人役の役者だけではなかったのではないだろうか。疑いのかかる3人を演じる役者が、顔を見せずにいくつかの場面を演じ分けていたように見えた。だから観客としては余計に誰が山神なのかと疑心暗鬼に駆られることになる。

 ※ 以下、ネタバレもあり!

『怒り』 【東京篇】の優馬(妻夫木聡)直人(綾野剛)。

『怒り』 【沖縄篇】の泉(広瀬すず)と田中(森山未來)。

 しかしこの作品は犯人探しのミステリーというわけではない。タイトルが示すように「怒り」がテーマになっている。
 【沖縄篇】が一番わかりやすい。というのも泉は米兵にレイプされてしまうからだ。泉を「死ぬほど嫌な気持ち」にさせたこの出来事に怒りを覚えない人はいないだろう。【東京篇】ではゲイに対する理解のなさに、直人は「理解しようとしない人にわからせるのは難しい」といったことを諦めと共に語る。【千葉篇】の愛子は東京で風俗嬢として働いていた。田舎ではそうした噂はすぐに広まるわけで、父親の槙は世間がそんなことを許さないと語る。付け加えれば愛子には知的障害もあり、狭い漁港の町でそういう女性が幸せに生きていくことができるのだろうかと槙は心配に駆られている。

 何かしら「怒り」は感じてはいても、それと闘うのはどうしたって無理な話なのだ。沖縄の基地問題は一人が声を挙げても如何ともしがたいだろうし、ゲイに対する無理解や世間の噂を敵に回しても勝ち目はない。だからこそ「怒り」を感じたとしても闘うことはできず、自分のことが知られていない場所へ身を隠すことになる。
 身を隠した男はそこで誰かと親しくなり、「信頼」というテーマが顔を出す。ただ素性の知れない男をどこまで信頼できるのかは難しい問題で、観客であるわれわれも3人の男を疑って見ているように、登場人物たちも男を信頼しきれずに裏切ることになってしまう。
 3人の男のうち2人は、理由があって自分が知られていない場所で息を潜めるように暮らしていたことが明らかになる。しかし周囲の人間はその2人を信じきることができなかったわけで、真相が明らかになって涙に暮れることになる。一方で犯人の男のことを信じてしまったがゆえに悲劇が起きることにもなる。
 とても重いテーマである。人は誰も人のことを裏切りたいわけではないのだろうと思う。けれども信じきれない場合もあるわけで、素性が知れないというだけで大事な人を裏切ってしまうあたりは泣かせるものがあった。

 まったく関係のない3つの場所の話だが、編集がとてもスムーズですんなりと物語に入っていくことができたと思う。【千葉篇】で槙と愛子の聴いた音楽に合わせて【東京篇】のゲイ・パーティーにつながり、その帰りに優馬が病床の母親と旅行の話をすると【沖縄篇】の透き通るような海のシーンへとつながっていく。そういった様々な編集技法が駆使されていて、真相が明らかになるまで一気に引っ張っていく力があったと思う。
 そして、その力の原動力となっていたのは役者陣の熱演だろう。ゲイ役の妻夫木聡綾野剛は新宿2丁目の雰囲気に溶け込んでいた(発展場はギャスパー・ノエの世界のようだった)。漁協のオヤジに扮した渡辺謙は漁協風のキャップが妙に似合っていたし、愛子を演じた宮﨑あおいは意外にもはまって見えた。原作では愛子はぽっちゃり体型だったはずで、宮﨑あおいとはまったく似ても似つかないはずなのだが、愛子の無垢な部分をしっかりと捉えていたのだろう。
 さらに一番酷い目に遭わされる泉を演じたのが広瀬すずだったのも驚きだった。レイプの場面はお茶を濁したような描き方になるのかと推測していたのだが、かなり容赦ない描写で製作陣と広瀬すずの本気度が伝わってきたような気もした。その分重苦しさの度合いも並大抵ではなかった。

 原作にかなり忠実な脚本で、犯人の唐突な暴れっぷりが原作を逸脱していくところなのかもしれないのだが、原作既読者には忠実すぎてもの足りなさも残るかも……。観終わってそんなことも感じていたのだが、今になっても何となく気分が晴れないような気もするのは、映像化された作品として『怒り』のテーマと向き合ったからなのかもしれないとも思う。広瀬すずの最後の絶叫には何が込められていたのだろうか?

怒り Blu-ray 豪華版


怒り DVD 豪華版


怒り DVD 通常版



怒り(上) (中公文庫)


怒り(下) (中公文庫)


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.09.19 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (12)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>吉田修一 『怒り』 映画の前に原作を from 読みつつ書き、書きつつぼんやり考える
 『パレード』『横道世之介』『悪人』などの吉田修一の作品。  ちょっと前の作品ですが映画の公開が9月に迫っているということで……。  映画版は『悪人』を監督した李相日の作品で、キャストがかなり豪華な布陣です。主役としては渡辺謙ということになるのでしょうが、ゲイ役の妻夫木聡と綾野剛も気になるところですし、きわどい場面が予想される広瀬すずや、原作では軽度の知的障害(?)がある難役には宮崎あお... >READ

2016.09.19

>>「怒り」 from ここなつ映画レビュー
愛する者が、信じた者が、もし残忍な殺人犯だったら…。渾身のラブストーリーだった!不覚にも落涙。愛を、信頼を、疑い出した時の苦悩。裏切られたと思った時の絶望感。自分自身を、そして自分が存在する世界の全てをも否定されているのではないかと感じた時の…「怒り」。以下、多少のネタバレ含みです。1年前の夏、八王子で起こった夫婦殺害事件。陰惨な現場だった。犯行現場の家の壁には血文字で「怒り」の文字が残され... >READ

2016.09.20

>>「怒り」涙さえ出てこなかった…。 from シネマ親父の“日々是妄言”
[怒り] ブログ村キーワード  日本映画界を代表すると言って過言ではない、豪華俳優陣が集結!「怒り」(東宝)。重厚な、本当の意味で“重い”映画です。  東京・八王子で夫婦殺人事件が発生。現場には“怒”の血文字が残されていた。刑事・南條(ピエール瀧)や北見(三浦貴大)等の懸命の捜査にも関わらず、犯人は顔を整形し逃亡。そして1年が経過した…。  《千葉》‐‐家出した娘・愛子(宮... >READ

2016.09.21

>>怒り from Akira's VOICE
しんどい。 人間ってしんどいよ。(´;ω;`)ブワッ だが希望はある!(´・ω・)キリッ >READ

2016.09.21

>>怒り from 象のロケット
ある夏の暑い日に、八王子で夫婦殺人事件が発生。 犯人は顔を整形をして逃亡したと見られていた。 …その後、各地に素性の知れない男が現れる。 千葉の漁港で働く田代、東京で男と暮らす直人、沖縄の無人島に居ついたバックパッカー田中。 彼ら3人はいずれも、警察の手配写真に顔が似ていた…。 ミステリー。 >READ

2016.09.21

>>『怒り』('16初鑑賞88・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 9月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:35の回を鑑賞。 >READ

2016.09.23

>>『怒り』 クールな小説とホットな映画 from Days of Books, Films
『怒り』でいちばん見ごたえがあったのは、ずらりと揃えた主役級の役者が今まで見たこ >READ

2016.09.27

>>怒り from 映画的・絵画的・音楽的
 『怒り』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)同じ原作者の小説を同じ監督が手掛けた『悪人』(2010年)がなかなか良かったので、本作もと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、空中から見た街(八王子)の光景。蝉の声が高まる中、カメラは次第に一軒の家に近づきます。なんと、その家の浴室では人が殺されているのです。一体(女性)は、浴槽の中に、もう一体(男性)はその外に。その... >READ

2016.09.30

>>映画「怒り」 感想と採点 ※ネタバレなし from ディレクターの目線blog@FC2
映画 『怒り』(公式)を先日、TOHOシネマズ試写会にて鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら65点にします。なお、原作:吉田修一氏小説『怒り』は未読。 ざっくりストーリー 猛暑の夏のある日、東京・八王子で残忍な手口の夫婦殺害事件が起こる。犯人は現場の壁に「怒」の血文字を残し、顔を整形して逃亡した。一年後、素性のわからない風... >READ

2016.10.01

>>怒り  監督/李相日 from 西京極 紫の館
【出演】  渡辺 謙  宮﨑 あおい  松山 ケンイチ  妻夫木 聡  綾野 剛  森山 未來  広瀬 すず 【ストーリー】 八王子で起きた凄惨な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平と娘の愛子が暮らす千葉の漁港で田... >READ

2016.10.06

>>怒り from とりあえず、コメントです
吉田修一著の同名小説を李相日監督が豪華俳優陣を揃えて描いた群像ミステリーです。 重そうだなあと思っていたのですけど、やっぱり観ようとチャレンジして来ました。 人を信じることの難しさをそれぞれのキャラクターに課していく展開に、最後まで心が揺さぶられるような作品でした。 >READ

2016.11.06

>>疑い、そして・・・ from 笑う社会人の生活
4日のことですが、映画「怒り」を鑑賞しました。 東京・八王子で起こった残忍な殺人事件 犯人は現場に「怒」という血文字を残し 顔を整形し逃亡した。それから1年後 千葉 洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京 大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知... >READ

2016.12.10

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR