『だれかの木琴』 住まいのセキュリティは万全だが心のほうは?

 監督は『サード』『絵の中のぼくの村』(ベルリン国際映画祭で銀熊賞受賞)などの東陽一
 原作は『つやのよる』『愛してる、愛してない』の原作も書いている井上荒野

東陽一 『だれかの木琴』 海斗(池松壮亮)と小夜子(常盤貴子)のふたり。


 新居に引っ越してきた親海小夜子(常盤貴子)は、知らない土地の美容院で山田海斗(池松壮亮)という美容師と出会う。海斗は顧客獲得のための営業のつもりで小夜子にメールを送るのだが、小夜子は次第に海斗に執着するような行動を見せるようになっていく。

 小夜子には警備機器会社に勤める夫・光太郎(勝村政信)と、中学生の娘・かんな(木村美言)がいる。この家族は新居も手に入れて何不自由のない暮らしがある。その新居には光太郎が勤務する会社の最新セキュリティシステムが導入されていて、外部からの侵入に対して鉄壁の防御をしている。それでも家族の心のなかを守ってくれるわけではなく、小夜子の心には海斗という存在が忍び込んでくる。
 営業メールに返信するくらいは問題ないけれど、ほとんど髪も伸びていないのに美容室へ出かけるのはおかしな兆候だし、会話の情報から海斗の家を調べたりするようになるとちょっと怖い。海斗には唯(佐津川愛美)という恋人もいるし、小夜子とは一回り以上も年齢が離れている。つまりは海斗と小夜子の関係は、美容師とその顧客という以上の間柄にはなりそうもない。それでも小夜子はうつろな目をしたまま海斗の家に現れたりして、海斗と唯を怖がらせたりすることをやめることができない。

 ※ 以下、ネタバレもあり!

『だれかの木琴』 小夜子は雨の中海斗の家へと向かう。常盤貴子は最後まで硬い表情を崩さない。

『だれかの木琴』 何度か登場する踏み切りのシーン。『もう頬づえはつかない』でもそんなシーンがあった。何かしらの境界を示しているのか?

◆だれが異常なのか?
 ストーカーを描いた映画は少なくない。それらの最後はサイコスリラー的な方向へと進んでいくことが多いだろうが、この『だれかの木琴』はちょっと違う。
 確かに小夜子の行動は異常な部分があるだろう。しかし、この作品では小夜子の存在は特別なものとはされていないように思えた。もちろん小夜子の異常さは目立つのだが、そのほかの登場人物も少なからずおかしい部分が垣間見えてくるのだ。
 海斗は今では営業スマイルで取り繕っているが、過去には暴力的な事件を起こしている。小夜子を疎ましく思い旦那の光太郎にまでけんかをふっかける唯の行動だって突飛とも言えるし、趣味であり仕事でもあるらしいゴスロリの服装には何か異様なものを感じる人だっているかもしれない。光太郎だって街娼のような女と遊ぶ程度には破目を外すわけだし、唯一まともなのは中学生のかんなだけかもしれない。
 小夜子が電車のなかで目撃する印象的な風景がある。ひとりの女性が電車のなかで遺影を見つめているという場面だ。人前でのそうした姿は異様なはずだが、電車のシートに居並ぶ客たちのなかではまったく目立たない。誰もがケータイやスマホを目の前に掲げているわけで、遺影を掲げた女性は日常的な風景のなかにうまく溶け込んでしまっているのだ。そういう意味では小夜子の異常さも日常を大きく踏み外すほどではなく、ギリギリその範囲に収まっているとも言えるのだ(唯一踏み外したのは放火魔の男だろうか)。

◆「だれかの木琴」とは
 では小夜子の海斗への執着は何だったのか?
 多分恋ではなくて、夫の振り向かせるための手段だったのだろう(小夜子がそれを意識しているとは限らないけれど)。小夜子は欲求不満からかしばしば夢想に耽る。そのときの相手は決まって夫の光太郎だ。小夜子の白昼夢に海斗が登場しても、海斗は髪をなでるだけの役割で、小夜子の身体をまさぐっているのは光太郎なのだ。
 つまりは小夜子が執着しているのは海斗ではなく、夫の心だったと言えるのだろう。ただ、それだけでは十分な説明ではないのだろうとも思う。小夜子は海斗とのことが終わったあとには、別の対象を見つけることになるからだ。
 そのあたりの小夜子の状況を説明するものとして、かつて小夜子が聴いた「だれかの木琴」についてのエピソードがあるのだろう。調和のとれた音楽には「完璧さ」がある。小夜子はそうした音楽を求めている。と同時に、それがなかなか手に入らないために苛立ちも感じている。
 これは『ボヴァリー夫人』のエンマが抱えていた葛藤とも似ているだろうし、「足るを知る」という金言を弁えない人の振る舞いとも言えるかもしれない。だから小夜子は夫からの愛情を取り戻すだけでは飽き足らず、それ以外の余計なものまで欲しようとする。これは病と言えば病なのかもしれないけれど、誰もがそういう心情は持っているわけで小夜子が特別に愚かだというわけではないのだろうと思う。

 ラストの小夜子の表情は何ともあっけらかんとしている。たっぷり夢を見てすっきりしたかのようで、それまで観てきた映画がすべて小夜子の夢だったかのようにも感じられなくもない。それまでは何かに憑依されたような硬い表情をくずさなかった常盤貴子だが、最後はとても自然な笑顔だった。
 暗くなりそうな題材だけれどラストは能天気だった(サイコスリラーを期待していた人は裏切られたと感じるかも)。夫役の勝村政信が鈍感さを発揮したり、その夫と対峙する唯役の佐津川愛美も大騒ぎをしてみたりと賑やかな部分もあったからか、意外とどんよりした後味にはなっていないのが不思議なところ。

だれかの木琴 [DVD]


だれかの木琴 (幻冬舎文庫)



東陽一の作品
関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.09.16 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (5)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>だれかの木琴 from 象のロケット
専業主婦の親海小夜子は、警備機器会社勤務の夫・光太郎、中学生の娘かんなと共に、郊外の一軒家に引っ越して来たばかり。 ある日、近くで見つけた美容院で山田海斗という若い美容師に髪を切ってもらう。 海斗からの来店御礼メールを受け取った小夜子は、何度も彼にメールを送り、頻繁に店を訪れるようになっていく…。 サスペンス。 ≪私の心にその指が、触れた≫ >READ

2016.09.21

>>だれかの木琴 from 映画好きパパの鑑賞日記
 平凡な主婦がふとしたきっかけでストーカーになる男女のサスペンスで、ベテランの東監督だけあって、人物描写は細やか。だけど、ストーカー役が常盤貴子なので、これだったらストーカーされてもウエルカムじゃんと思ってしまいました。  作品情報 2016年日本映画 監… >READ

2016.09.23

>>「だれかの木琴」:もやもやと不安&不快 from 大江戸時夫の東京温度
映画『だれかの木琴』は、久々の東陽一監督作品。何とも嫌な感じが全編にわたって流れ >READ

2016.09.26

>>だれかの木琴 from 花ごよみ
原作は美容師へのストーカー行為に浸る 普通の主婦を描いた井上荒野の同名小説。 原作は読んでいます。 常盤貴子と池松壮亮の共演で映画化。 監督は東陽一。 普通の主婦の小夜子が、 初めて訪れた美容院で髪をカット。 カットを担当した美容師・海斗からの その日の... >READ

2016.09.27

>>だれかの木琴 from 映画的・絵画的・音楽的
 『だれかの木琴』をシネマート新宿で見ました。 (1)常盤貴子と池松壮亮が共演する作品というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、メゾネットタイプの家が立ち並んでいる早朝の光景が映し出され、その内の1軒に明かりが灯り、居間のカーテンが開... >READ

2016.09.28

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR