『ふきげんな過去』 東京の川でワニを探す

 『ジ、エクストリーム、スキヤキ』前田司郎監督の第2作目。
 前回取り上げた『葛城事件』も演劇界出身の監督のものだが、前田司郎監督も劇団「五反田団」の主宰者。ただし味わいはかなり異なる。『葛城事件』の重苦しいテーマから比べると『ふきげんな過去』は日常的な風景を描いているし、かなりゆるい感じの作品になっている。

前田司郎 『ふきげんな過去』 果子(二階堂ふみ)はいつもふきげんな表情。


 女子高生の果子(二階堂ふみ)は死ぬほど退屈な夏休みをもてあましている。そんなとき18年前に死んだと聞かされていた叔母・未来子(小泉今日子)が突然帰ってくる。慌てふためく家族たちを尻目に「あたし生きてたのよ」と言ってのける未来子は、前科者で今も誰かに追われていて匿ってほしいのだという……。

 東京・北品川にあるエジプト風豆料理屋がこの作品の舞台。果子の家族は、まだ名前の決まっていない子供を背負った母親サトエ(兵藤公美)と、ほとんど何もしない父タイチ(板尾創路)、それからおばあちゃんと料理人でエジプト人の野村さん、さらにいとこの小学生カナ(山田望叶)をいつも預かっていてなかなか賑やかだ。
 そんな場所に帰ってきた未来子は、それまでもみんなの話題となっていた人物。爆弾作りを生きがいとしていて、タイチの指もそれで吹き飛ばしているし、自分もそれによって死んだことになっていたのだ。そんな未来子は突然現れては図々しく果子の部屋に陣取るのだが、果子は父親タイチと未来子の関係をあやしんでいて、実際にその疑いは的中する。果子の本当の母親は未来子だったのだ。

 生き別れた母と娘という題材でも感動も涙もなく、軋轢があってもプロレスごっこのようなじゃれあいに終わる。タイチを巡っての未来子とサトエ(果子の育ての親)の対立関係もそれほどドロドロとしたものは感じられない。爆弾作りという結構危険なネタさえも遊びの延長のように見える。劇中では小学生のカナまでも爆弾の被害に遭ってケガをしたりもするのだけれど、次の場面ではカナはコントのように包帯を巻いた姿で登場する。あくまでゆるい感じでそうした出来事をやり過ごして笑い飛ばしてしまう。
 確かに噴き出してしまう場面もあるし、果子たち家族の息の合ったやりとりはそれだけで楽しいのだが、それだけの作品でもないようにも思う。監督の前田司郎はエッセイ集『口から入って尻から出るならば、口から出る言葉は』のなかで「文章も映像も、いかに情報を出すかってことが重要に思えるが、実は情報をどう隠すかってことが重要なんじゃないかと思う」と記している。
 前作『ジ、エクストリーム、スキヤキ』では自殺に失敗した主人公が、過去の友達に会いに行ったわけだが、この『ふきげんな過去』では自ら望んで死人になっていた未来子が、かつて捨て去った過去(=果子)に会いに戻ってくることになる。『スキヤキ』ではロードムービーの形を採りながらも、その裏には死の匂いが感じられたのだが、『ふきげんな過去』ではゆるい笑いのなかに何を隠しているのだろうか。

『ふきげんな過去』 爆弾を試してみる。カナ、果子、未来子は横一列に並ぶ。

◆時間軸の違う3人の女
 この作品では3人の女性が一列に並ぶ。爆弾を試してみる場面では横一列に、船に乗る場面では縦一列に並ぶ。年齢順に並べれば、未来子⇒果子⇒カナ。前田司郎は「時間軸の違う同じ人間3人が、同じ場所にいる」ということを意識して脚本を書いている(こちらのサイトを参照)。つまり、タイムマシンに乗った自分が、昔の自分に会っているような場面なのだ。カナは成長して果子になり、果子は成長して未来子になる。現実では年齢の違う自分が一堂に会することはないのだけれど、この作品ではそうしたことが意図されているのだ。

 時間軸の違う3人の会話にはかみ合わない部分がある。果子はカナに「おもしろさなんて期待するのが間違いで、同じことの繰り返しのなかで感覚を麻痺させていくのね」と語るのだが、カナには通じない(山田望叶ちゃんの返しがとてもいい)。さらに未来子は果子に「いい話」を聞かせても、果子は「遠くを見てしゃべらないで」と受け付けずに取っ組み合いになってしまう。
 ここでは時間軸の差が経験の差となっているのだ。それなりに歳を重ねた未来子から見れば、果子やカナの年齢のころは無知だったことを理解している。しかし微妙な年頃の果子からすれば、先達である未来子の言葉をすんなり受け入れる気にはならないだろう。その一方で未来子とその母親の間では阿吽の呼吸で理解し合うところがあるようでもあり、ある程度の年齢を超えると経験の差はなくなっていくのかもしれない。

◆「見えないもの」、「ここではないどこか」、爆弾
 果子は川に生息するという噂のワニを探している。もちろん東京の川にワニがいるはずないというのが一般的な反応だ。けれども果子は「見えないもの」を探してしまう。というのも「未来が見える」とつぶやく果子は、日々の出来事はすでに予測可能なもので、何も変わることがないと理解しつつ、それでいて今まで見たことのないような何かを求めている。喫茶店で見かける黒ずくめの男・康則(高良健吾)に興味を抱くのも、そのあやしげな男なら「ここではないどこか」へ連れて行ってくれると期待するからだ。
 そして、未来子も「見えるものばかり見ても仕方がないじゃない」と果子と似たようなことを語る。しかも未来子の言い方は「見えないもの」が実は存在しているということに確信を抱いているように聞こえる。実際に未来子は爆弾作りのための硝石という「見えないもの」のありかを知っていたし、果子が川で探していたワニの存在を疑うこともない。それが未来子と果子の経験の差だろう。しかしふたりには共通していることもあって、果子が「見えないもの」を求めるように、未来子は爆弾作りという手段で退屈な日々を打破しようとしているのだ。
 ただそんなまとめ方は野暮と言えば野暮だろう。康則に「違う世界に連れて行ってほしいんだろう」と言われた果子もそれを認めることはないし、未来子の「いい話」もまともに聞いてはもらえず茶々を入れられることになる。「ここではないどこか」を求める気持ちというテーマがあったとしても、それを正面から打ち出すのは気恥ずかしいわけで、こんな野暮なまとめ方も茶々を入れられることになりそうな気がする。

 果子役の二階堂ふみは『蜜のあわれ』みたいなテンション高い演技とは違い、若いときにありがちなふきげんさを自然に演じている。笑顔は最後の一瞬だけだが、とても魅力的な表情だった。小泉今日子は相変わらず小泉今日子そのものだが、未来子というキャラをすんなり演じられる人は滅多にいないという気もする。カナ役の山田望叶ちゃんがふたりの大物女優を相手にいい味を出しているところも見所だと思う。

「ふきげんな過去」プレミアム・エディション【期間限定生産】 [Blu-ray]


「ふきげんな過去」プレミアム・エディション【期間限定生産】 [DVD]


「ふきげんな過去」スタンダード・エディション [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.07.02 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (6)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>ふきげんな過去 from 象のロケット
女子高生・果子の家は、東京・北品川でエジプト風豆料理屋「蓮月庵」を営んでいる。 そこへ突然、伯母・未来子がふらりと帰って来た。 果子の母サトエの姉である未来子は爆破事件を起こした前科持ちで、18年前に死んだはずだった。 未来子は「あたし生きてたの」と言い「しばらく匿ってよ」と、勝手に居候を決め込む。 果子はそんな未来子に苛立ちを隠せない…。 ヒューマンドラマ。 >READ

2016.07.04

>>ふきげんな過去 from 映画好きパパの鑑賞日記
 小泉今日子と二階堂ふみという主演女優といい、ストーリーといい、どこか演劇っぽいなと思ったら監督の前田司郎は劇作家なんですね。普通の映画と違う独特の間合いは好みが分かれるでしょう。  作品情報 2015年日本映画 監督:前田司郎 出演:小泉今日子、二階堂ふ… >READ

2016.07.07

>>ふきげんな過去 from 映画的・絵画的・音楽的
 『ふきげんな過去』をテアトル新宿で見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思い、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、東京湾近くの運河が見えるところ(注2)。  カコ(二階堂ふみ)が不機嫌そうな面持ちで運河の縁に立っていす。そこへ、ギターを背負ったヒサシ(山田裕貴)がやってきて、「なあ」とか「ねえ」とか言って彼女にまとわりついています。  ヒサシが「ここ海だからいないよ」... >READ

2016.07.26

>>ふきげんな過去 ★★★ from パピとママ映画のblog
前作「ジ、エクストリーム、スキヤキ」で映画監督デビューを飾った人気劇作家の前田司郎が、映画オリジナル脚本で挑む監督第2作。小泉今日子と二階堂ふみを主演に迎え、退屈な日々を送る女子高生と、突然現われた死んだはずの伯母が織りなす可笑しくも切ないひと夏の物語を... >READ

2016.07.28

>>『ふきげんな過去』前田司郎監督、小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、板尾創路、他 from 映画雑記・COLOR of CINEMA
注・内容、台詞に触れています。『ふきげんな過去』 監督 : 前田司郎出演 : 小泉今日子、二階堂ふみ高良健吾、板尾創路、他 物語・東京・北品川に位置する食堂で生活している女子高生・果子(二階堂ふみ)の >READ

2016.07.30

>>「ふきげんな過去」ひと夏の冒険だ! from シネマ親父の“日々是妄言”
   “なんてったってアイドル”小泉今日子と、今や日本映画界を背負って立つ“ミューズ”二階堂ふみの豪華W主演が実現!「ふきげんな過去」(東京テアトル)。退屈な女子高生を襲った、ひと夏の衝撃。人の過去と未来ってのは、思わぬところで交錯するんですね~。  毎日が死ぬほど退屈でつまらない、でもそこから抜け出すことも出来ないでいる女子高生・果子(二階堂ふみ)。商店街の喫茶店に通っては、そ... >READ

2016.09.03

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR