『エクス・マキナ』 ロボットも人間も内側のことはわからない

 監督は『ザ・ビーチ』の原作者で、最近は『わたしを離さないで』など脚本家として活躍していたアレックス・ガーランド。今回が初の監督作品だが、欧米では結構評判となっていた作品で、第88回アカデミー賞視覚効果賞を受賞した。

アレックス・ガーランド 『エクス・マキナ』 アリシア・ヴィキャンデル演じるエヴァは人工知能を搭載されたロボットだった。


 IT企業で働くケイレブ(ドーナル・グリーソン)は社内での抽選に当たり、滅多に会えない社長と過ごす権利を獲得する。ヘリコプターで山奥の別荘まで送迎されたケイレブは、そこで社長のネイサン(オスカー・アイザック)から今回の滞在の目的を知らされる。検索エンジン「ブルーブック」を開発したネイサンの次の目標は人工知能で、検索エンジンで集めたありとあらゆる情報を取り込んだ人工知能を開発する。ケイレブはまだ誰にも知られていない人工知能のテストを任されるのだ。

 人工知能を取り扱った映画は最近でも『オートマタ』とか『her/世界でひとつの彼女』とか『チャッピー』など様々あって珍しいものではないけれど、ほかの作品の人工知能がいかにも機械という姿だったり、PCのOSという目に見えないものだったりするのに比べ、この『エクス・マキナ』のロボット・エヴァはビジュアル的にインパクトがあったと思う(エヴァを演じたアリシア・ヴィキャンデルのお人形さんのように整った顔立ちが無機質な役柄にとても合っていた)。
 インパクトとは言っても、身体の一部がスケルトン構造になっているというだけのアイディア勝負だ(マンガ『コブラ』のクリスタル・ボーイ風)。人間のような顔をもっているけれど、身体にはしっかりと機械仕掛けという証拠を見せている。それでもワンピースを着てカツラをつけたりすれば女の子にも見えてしまう。このビジュアルはその後の展開にも大いに関係するわけで、視覚的にもアイディアとしてもなかなか秀逸だった。

 ※ 以下、ややネタバレあり!

『エクス・マキナ』 エヴァとケイレブはガラスに隔てられながらもテストを行う。

 物語は二転三転していく。ケイレブはエヴァに対してチューリング・テストを行う。このテストは人工知能が人間と同じように知的か否かを調べようとするもの。ケイレブはガラス張りの部屋に閉じ込められているエヴァと向かい合って会話をし始めるのだが、その返答は人間を相手にしているようにしか思えない。
 だからチューリング・テストの結果としてはエヴァは合格ということになるわけだが、テストを仕掛けたネイサンには別の目的もある。人工知能エヴァと人間であるケイレブとの間で恋愛は可能なのかという、ネイサンの下世話な興味も混じっているのだ。ネイサンにはキョウコという口を利かないメイドがいて、キョウコは実はよくできたロボットなのだが、キョウコにしてもエヴァにしても性交渉は可能なのだという。つまりほとんど人間の女性と何も変わらないわけで、そうなれば恋愛だって可能だろうというわけだ。もしケイレブがエヴァを愛したとすれば、より一層人間に近い人工知能が完成したことになるとネイサンは考えたのかもしれない。

 エヴァに惹かれていくケイレブと、ネイサンを信用するなと訴えるエヴァと、ふたりの実験対象者を神のような視点から見守るネイサン。そんな3人の腹の探り合いは緊迫感があった。しかもその後にさらにひねりを加えてくる展開はなかなかスリリングで楽しめると思う。
 最後にはネイサンの別荘を抜け出して街の交差点に現れるエヴァだが、個人的にはその未来に恐ろしいものはあまり感じなかった。ネイサンから逃げ出すためには手段を選ばなかったエヴァとはいえ、人間を敵に回すようなことはしないだろう。外見的には人間のなかに紛れ込むことは可能なはずだから、監禁状態から抜け出した女の子の新しいスタートのように希望さえも感じてしまうのだ。しかしその反面では、うぶなケイレブが騙されたのと同じでエヴァの考えていることなど何も理解していないだけなのかもしれないとも思う。

 あまり物語とは関係ない部分だけれど、キョウコとネイサンのダンスシーンはちょっと見物(下の動画)。古臭い感じのダンスをふたりが真剣に踊りきるのが妙におかしい。キョウコを演じたソノヤ・ミズノは日系英国人のバレリーナだとか。
 キョウコはいかにもモデル的なスレンダーな体型で、これにはその生みの親であるネイサンの好み(使い古しのほかのロボットもみんなモデル体型だった)が反映している。一方、エヴァが完成体になったときの裸はちょっとロリータっぽい。これはネイサンが検索エンジンのログから盗み出してきたケイレブの趣味に合わせたものとなっている。現実でもそうした情報は筒抜けになっているわけで、知らない間に検索エンジンに人間の行動がコントロールされているということはすでに起こっていることらしい……。



エクス・マキナ ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.06.24 Category: 外国映画 Comments (0) Trackbacks (6)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>エクス・マキナ from 象のロケット
検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”で、プログラマーとして働くケイレブ。 彼は、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長ネイサンが所有する山間の別荘に、1週間滞在するチャンスを得る。 しかし、人里離れた別荘に到着した彼を待っていたのは、不可思議な実験だった。 ケイレブは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された、世界初の実用レベルとなる人工知能のテスト... >READ

2016.06.25

>>『エクス・マキナ』('16初鑑賞69・劇場) from みはいる・BのB
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月16日(土) シネ・リーブル神戸 スクリーン2にて 16:20の回を鑑賞。 字幕版。 >READ

2016.07.30

>>人工知能ロボをめぐる・・・ from 笑う社会人の生活
26日のことですが、映画「エクス・マキナ」を鑑賞しました。 世界最大手の検索エンジンで知られるブルーブック社で働くケイレブは滅多に人前に姿を現さない社長ネイサンの山間の別荘に招かれる そこで女性型ロボットのエヴァが現れる ケイレブはそこでエヴァに搭載され... >READ

2016.08.21

>>映画「エクス・マキナ(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし from ディレクターの目線blog@FC2
映画 『エクス・マキナ(字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら85点にします。 ざっくりストーリー 本作には「衝撃のラスト」があるため、いつも以上にあらすじ紹介は “ざっくり” です。 検索エンジンで世界最大のインターネット会社 “ブルーブック社” でプログラマーとして働く... >READ

2016.10.04

>>エクス・マキナ from 銀幕大帝α
EX MACHINA 2015年 イギリス 108分 SF/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2016/06/11) 監督: アレックス・ガーランド 脚本: アレックス・ガーランド 出演: ドーナル・グリーソン:ケイレブ アリシア・ヴィカンダー:エヴァ オスカー・アイザック:ネイ... >READ

2016.11.24

>>映画:エクス・マキナ Ex Machina 祝:日本公開決定!  ほとんど予備知識なしでみた感想は。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
今作は海外ではかなり話題になっていたが、日本ではほぼDVDスルー状態に陥っていた。 それを救ったのは、 ・アカデミー賞で視覚効果賞受賞!(及び 脚本賞ノミネート) また、 ・主演のアリシア・ビカンダーが「リリーのすべて」でアカデミー助演女優賞を獲得! 当ブログはほとんど予備知識なしでの鑑賞時の感想として、 Ex Machina 静かな世界観で圧倒する、こちらもSF豊作... >READ

2016.11.26

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR