『ヘイル、シーザー!』 ハリウッド万歳なの?

 ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の最新作。

コーエン兄弟 『ヘイル、シーザー!』 スカーレット・ヨハンソン演じる花形女優。賑やかで楽しい撮影現場。


 ハリウッド超大作「ヘイル、シーザー!」の撮影中、現場からスター俳優ベアード・ウィットロック(ジョージ・クルーニー)が誘拐される。スタジオの“何でも屋”のエディ・マニックス(ジョシュ・ブローリン)はスター俳優を取り戻して撮影を続行させるべく動き出す。

 一応は誘拐事件の解決というプロットはあるものの、コーエン兄弟はそれをネタにして50年代に黄金期を迎えたハリウッドの内幕物をやりたかったということなのだろう。マニックスは様々なスタジオ内のトラブルを解決していくが、そこで撮影されている映画の断片が賑やかでとても楽しい。
 スカーレット・ヨハンソンが人魚になってシンクロナイズド・スイミングをやってみせたり、チャニング・テイタムがまたもや身体能力の高いところを見せるミュージカルがあり、アルデン・エーレンライクが馬にまたがってのアクロバティックな技を披露する西部劇も登場する。エーレンライクは役得で馬や縄を扱わせると一流なのだが演技はド素人で、プロデューサーの肝入りで文芸作品に出たもののあまりに下手で監督を呆れさせるところが笑わせる。
 こちらのサイトの記事によれば、それぞれのキャラには実在のモデルがあるのだとか。劇中で撮影中の「ヘイル、シーザー!」は山上の垂訓らしき場面が登場するし、明らかに『ベン・ハー』を意識しているようで、50年代の映画に詳しい人は余計に楽しめるのかもしれない。

『ヘイル、シーザー!』 スター俳優ベアード・ウィットロック(ジョージ・クルーニー)は撮影でシーザーを演じる。

 この映画は犯人探しが目的ではないから言ってしまうと、誘拐犯は共産主義の信奉者たちだ。彼らはハリウッドで赤狩りの犠牲者となった「ハリウッド・テン」と呼ばれた人たちを思わせる設定になっているようだ。
 おもしろいのは誘拐されたウィットロックは、共産主義者たちの主義・主張ももっともだと誘拐犯たちに同調するようになっていくところ。作品の冒頭あたりでマニックスはある女優の横っ面を張り倒して真っ当な仕事へと復帰させるが、後半ではマニックスはウィットロックを散々張り倒して共産主義の洗脳から目を覚まさせることになる。

 ただ何となく気になるのは、ウィットロックを演じているのがジョージ・クルーニーだということだ。クルーニーは『グッドナイト&グッドラック』という作品を監督している。この作品でクルーニーは赤狩りに反対したエドワード・R・マローというニュースキャスターの仕事を敬意と共感をもって描いている。(*1)
 赤狩りはハリウッドでも汚点であったはずで、たとえばチャップリンはハリウッドを追放されたし、『エデンの東』のエリア・カザンは裏切り者とならざるを得なかった。そうした後ろ暗い経緯があるからこそ、クルーニーは赤狩りに反対したマローという人物のことを取り上げたのだろう。
 この『ヘイル、シーザー!』では、共産主義に対して同調的だったウィットロックを張り倒して、「ハリウッド万歳」という映画愛へと持って行くわけだけれど、そのウィットロックをわざわざ『グッドナイト&グッドラック』を撮ったクルーニーに演じさせるところが意図的なものなのか、単なる能天気なのかはちょっとはかりかねるところがあった。

(*1) マローは共産主義のために闘ったわけではない。アメリカの経済システムとは相容れない共産主義という考えでも、それを語り合う自由がアメリカにはあるということであり、その自由を守るために闘ったということになるのだろう。

ヘイル,シーザー! ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]


ヘイル、シーザー! (字幕版)



コーエン兄弟の作品


グッドナイト&グッドラック 通常版 [DVD]


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.05.19 Category: 外国映画 Comments (2) Trackbacks (10)

この記事へのコメント:

ブリ

Date2016.06.05 (日) 06:51:00

意図的でしょうねぇ。だってコーエン兄弟だものw。
なんか微妙に予告編詐欺だった。面白かったんだけど予告編の編集がうますぎ。
西部劇のアクションスターが場違いな作品に抜擢というくだりの元ネタは誰なんだか気になります。

Nick

Date2016.06.05 (日) 16:26:36

> 意図的でしょうねぇ。だってコーエン兄弟だものw。

そうですね。
個人的には何かしら込められているような気もするんですが、
特に裏づけがあるわけではありません。
ジョージ・クルーニー
は『オー・ブラザー!』『ディボース・ショウ』などコーエン兄弟のコメディ作品にも出てますから、
単に役に合っていて気心が知れていただけなのかもしれません。
張り倒されるクルーニーのびっくりしたような表情は面白かったですし。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>ヘイル、シーザー! from 象のロケット
1950年代のハリウッド。 超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中、世界的大スターで主演俳優のウィットロックが誘拐されてしまう。 事件解決を任されたのは、スタジオのあらゆるトラブルを解決する“何でも屋”エディ・マニックス。 彼は密かに身代金の準備をするが、スクープ屋の耳に入ったのか、既に事件は周囲に知られていた。 そんな中、ウィットロックは海辺のとある“家”で目を覚ます…。 ミステリー。 >READ

2016.05.22

>>ヘイルシーザー from 映画好きパパの鑑賞日記
 コーエン兄弟が豪華スターで映画愛をうたいあげたオフビートコメディー。ただ、黄金期のハリウッドを知らないと分かりにくい感じで、僕自身も元ネタが分からないのが多々ありました。  作品情報 2016年アメリカ映画 監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン … >READ

2016.05.24

>>映画万歳!~『ヘイル、シーザー!』 from 真紅のthinkingdays
 HAIL, CAESAR  1950年代のハリウッド。エディ・マニックス(ジョシュ・ブローリン)は、映画撮影 スタジオで起こる様々な揉め事や困り事を調停するフィクサーとして、多忙な日 々を送っていた。ある日、大作映画 「ヘイル、シーザー!」 の撮影中、主演 俳優のベアード・ウィットロック(ジョージ・クルーニー)が誘拐される。早速解決 に乗り出すマニ... >READ

2016.05.24

>>ヘイル、シーザー! from ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
【HAIL, CAESAR!】 2016/05/13公開 アメリカ 106分監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン出演:ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、オールデン・エアエンライク、レイフ・ファインズ、ジョナ・ヒル、スカーレット・ヨハンソン、フランシス・マクドーマ... >READ

2016.05.25

>>ヘイル、シーザー!/HAIL, CAESAR! from 我想一個人映画美的女人blog
イーサンコーエン&ジョエルコーエン監督最新作 コーエン兄弟のは、わたしの中でも作品ごとでかなり好みに分かれる。 これまで数多く観てきたけどその中でも、めちゃつまんないと思うのもあれば好きなのも。 「赤ちゃん泥棒」「未来は今」「ビッグリボウスキ」「ノ... >READ

2016.05.26

>>『ヘイル、シーザー!』 笑えないコーエン兄弟 from Days of Books, Films
Hail,Caesar!(viewing film) 『ヘイル、シーザー!(原題 >READ

2016.06.06

>>ヘイル、シーザー! from 映画的・絵画的・音楽的
『ヘイル、シーザー!』を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)ジョージ・クルーニーの出演作というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、キリストの像が大きく映し出された後、主役のマニックス(ジェシュ・ブローリン)が、教会の告解室で神父に告白をして... >READ

2016.06.16

>>コーエン流 50'sハリウッド from 笑う社会人の生活
1日のことですが、映画「ヘイル、シーザー!」を鑑賞しました。 1950年代のハリウッド メジャースタジオの命運を賭けた大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中 主演俳優のスター ウィットロックが何者かに誘拐される 事態の収拾を任された何でも屋が解決に向けて動いて... >READ

2016.06.30

>>「ヘイル、シーザー!」 from ここなつ映画レビュー
もう今週はバタバタでぐちゃぐちゃで疲れ果ててて、だからと言って来週の事も見えなくて、もうどーでもいーから週末位はノー残業(死語)で何もかも忘れてさくっと映画でも観てやる!明日の事は明日考えるんだもんね!などという気持ちになった金曜日の夜などにはちょうどいい作品。つまり、可もなく不可もなく、という娯楽作品である。しかし、しかーし!本当は深〜いのかもしれない。当時のアメリカでは(って正確にいつの... >READ

2016.06.30

>>Blu-ray:ヘイル・シーザー! Hail, Caesar! 今日「文化の日」にこの一本を鑑賞、は運命的な出会い(笑) from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
ジョエル & イーサン・コーエン兄弟 の新作。 いまいちの評判(...)に公開時を見逃し、機内映画でも ちらっと見ただけ。 やっと今日、Blu-ray で全体を通して鑑賞。 すると、次々に溢れ出る「映画愛」大爆発! に圧倒されまくる。 今はほぼ廃れてしまった、... >READ

2016.11.03

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR