FC2ブログ

『グランドフィナーレ』 相反するものが同列に置かれること

 アカデミー賞外国語映画賞を獲得した『グレート・ビューティー/追憶のローマ』のパオロ・ソレンティーノの最新作。

グランドフィナーレ 『グランドフィナーレ』 マイケル・ケインとハーヴェイ・カイテルはミス・ユニバースを神と崇める。


 世界的に有名な音楽家であったフレッド(マイケル・ケイン)は、引退後のバカンスをアルプスの高級リゾートホテルで過ごしている。そこにはフレッドの友人の映画監督ミック(ハーヴェイ・カイテル)もいて、ミックは若い仲間たちと一緒に次の作品の脚本を練っている。

 中心となるのはフレッドとミックのエピソードだが、そのほかにも高級リゾートホテルに集う様々な人々の姿も描かれる。次回作の役づくりに滞在している俳優(ポール・ダノ)や、サッカー界の元スーパースター、修行中の仏教僧、会話をすることのない夫婦、客を相手に商売をしている売春婦などが登場する(ミックのミューズとしてジェーン・フォンダも)。それぞれのエピソードは断片的なもので、それらがまとまって何らかの意味を構成するというわけではない。ただ、アルプスの山々の風景とトーマス・マンが『魔の山』を執筆したという高級ホテルでの優雅な日々は、それだけでなかなか魅力的だった。

 高級ホテルが舞台ということで、登場人物は裕福な人が多く、自然と悠々自適の老人の姿が多くなる。フレッドはすでにリタイアして英国王室からの仕事の依頼も断ってしまうし、ミックは『人生最後の日』という自らの遺言となる作品を構想中だ。そんなわけでこの映画は老人たちの話ではあるのだが、原題は「Youth」となっている。
 なぜ「Youth」なのかと言えば、老人たちは次々と記憶を失っていき、若いときの記憶ばかりが甦ってくるからかもしれない。あるいは男たちがいつまで経っても子供っぽい部分を残しているからかもしれない。フレッドとミックは毎日尿の量を愚痴りあうほど身体にガタがきているのだが、スパで全裸のミス・ユニバースと出会ったときには人生最後の恋とばかりにはしゃいだりするのだ(ミス・ユニバースの裸は服を着ているほうがかえって卑猥に見えるくらい自然だった)。



 前作『グレート・ビューティー/追憶のローマ』を観たときに感じたことだが、ソレンティーノという監督は70年生まれということで、映画監督として老年というわけでもないにも関わらず、妙に老成したような雰囲気の作品を生み出している。ただ、そんななかにも妙に若々しく感じる部分もあって、そのあたりのバランスがおもしろかったのだが、今回の『グランドフィナーレ』も老人たちを描きながら「Youth」と付けるあたりにそんなバランス感覚があるのかもしれない。
 『グランドフィナーレ』にも前作以上に若々しい部分が感じられた(一部はバカバカしくもある)。フレッドはクラシカルな音楽の作曲家ということになっていて、映画の最後には「シンプル・ソング#3」という曲を女王の前で披露することになるが、劇中で使用される音楽はもっとポップなものだ。
 冒頭に登場するThe Retrosettes Sister Bandなどはとてもシャレているし、フレッドの娘(レイチェル・ワイズ)から旦那を奪うことになるPaloma Faith(実在のポップスターらしい)には彼女自身のプロモーション・ヴィデオみたいなシーンまであってちょっと呆気にとられる。

 この作品では「老い」と「若さ」が同居しているように、相反するものが同列に置かれているように感じられた。フレッドにマッサージを施す女の子は部屋に戻るとひとり熱心に踊っている。その姿はどこか高尚なものに描かれているだが、実は彼女は単にTVゲームで遊んでいるだけだ。また、フレッドは後半で亡くなったはずの妻と再会することになるが、この妻は在りし日の美しい姿ではなくゾンビめいている。『グレート・ビューティ』でもマザー・テレサ的な人物がほとんどミイラだったことを鑑みるに、そうしたものに何かしらの聖性を見出しているのかもしれない。
 ちなみにソレンティーノは「私は、フェリーニ、マラドーナ、スコセッシ、そしてトーキング・ヘッズからインスピレーションを受けた」と語っているそうだ。フェリーニとマラドーナが同列に置かれるという、何とも統一感に欠ける並びがソレンティーノの感覚なのだろう。
 『グランドフィナーレ』でもマラドーナのような風貌の元サッカー選手が登場する。現在は肥満で動けないのだが、そんな彼がかつての栄光を取り戻したかのようにテニスボールでリフティングを繰り返す場面がある。そのシーンは現実なのか夢なのかはわからない。そのほかにも劇中ではフレッドが牛の鳴き声とカウベルで音楽を奏でてみたり、仏教僧が空中浮遊してみたり、現実も虚構も境界を曖昧にして同列になっていくようだった。

グランドフィナーレ [Blu-ray]


【早期購入特典あり】グランドフィナーレ(非売品プレス付き) [DVD]



グレート・ビューティー 追憶のローマ [DVD]



イル・ディーヴォ [DVD]



きっと ここが帰る場所 [DVD]



 ↑ この作品にはトーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンが登場している。

関連記事
スポンサーサイト



Date: 2016.04.29 Category: 外国映画 Comments (4) Trackbacks (2)

この記事へのコメント:

まれ

Date2019.11.24 (日) 07:41:06

この監督の「グレート・ビューティー」における映像美への半端ない拘りが強烈なエネルギーを放出しているのに、語っていることは老人のようなアンバランスさに疲労を感じ、他の作品を観る気がしませんでしたが、俳優トニ・セルビッロは何か気になり、ロベルト・アンドー監督の「修道士は沈黙する」、「ローマに消えた男」を鑑賞。すっかり、セルビッロとアンー監督ファンに・・・笑

「Loro 欲望のイタリア」のレビューを読みまして、題材もですが、セルビッロ主演というのに興味を持ち、ちょっと監督について調べてみると、銀行家の父と専業主婦の母を16歳の時に事故で亡くしていると知りました。どうりで作品が年齢の割に達観しているわけですね。アンバランスの理由が、奇をてらったわけではないとわかると、イヤミだらけで淡々とした流れに耐えられるかというのは微妙ですが、彼の作品が観たくなりました 笑 
ジュード・ロー初主演のテレビドラマ「ヤング・ポープ」も手掛けており、この監督作品に興味を持たせてくださり、ありがとうございましたm(__)m 

Nick

Date2019.12.02 (月) 22:15:47

トニ・セルビッロは雰囲気がありますね。
パオロ・ソレンティーノ監督の作品はアンバランスさを感じます。
若くして両親を亡くしていたとは初めて知りました。
確かに妙に達観しているように感じられたのはそんな経歴からですかね。

「Loro 欲望のイタリア」ではパーティの場面で何かが降ってくるのですが、
色とりどりのタブレットみたいなものが何なのか不思議に思っていました。
誰かがブログで書いてましたが、
あれはMDMAなんだとか。
色鮮やかで模様が描かれていたりするんですね。
某女優さんが逮捕されたのもMDMAだったわけで、
セレブなパーティには必需品なのかもしれませんが、
庶民なものでまったくわかりませんでした。

まれ

Date2019.12.31 (火) 12:44:36

「Loro 欲望のイタリア」、鑑賞しました。ベルルスコーニ氏が首相になった当時は、イタリア、どうなってしまうのだろうと思いましたが、今では、どの国も・・・苦笑

パーティーにて鮮やかに振り撒かれたモノ。フランス菓子のマカロンの大きさに見えたものの、一連の薬物逮捕劇のお陰で、そのカラフルさからMDMAだろうと思って見てました。違法な上に高価で依存症になってしまうのに、何故、彼らは手を出してしまうのだろうと思いますが、この映画で描かれているようなハイテンションなパーティーを”まともに”楽しむには、服用せずにはいられないのかも、とも思いました。ソレンティーノ監督のパーティー・シーン、観ているだけでも疲れるので、このシーン、こんなに長くする必要あるのかと疑問しかありません 笑 ただ、MDMAの効果についての詳細は興味深かったです。結果、快楽に繋がるとはいえ、無生物にも愛情を持つようになるとは驚きで、クスリのメカニズム、使用してる人も、売人も知らないかもしれませんね。

「Loro」を観ていて気が付いたのですが、Loroとは主語(英語のThey)ですが、所有代名詞(Theirs)でもあるんですよね。セルビッティが1人2役で会話をしているシーンで、ベルルスコーニに”自分の夢を彼らの夢にすればいいじゃないか!”と強い口調で政界復活への助言をした際の”彼らの夢”の部分は”Loro”と言っており、ベルルスコーニという人物は自分の野望を市井の人々の希望にすり替えることで台頭してきた人物だから、このタイトルなのかな?と思ったりしました。氏について調べてみると、最初の成功をもたらしたのは、Milano Dueという民間の集合住宅開発事業で、映画でも触れてましたが、その資金源は未だに明らかではなく、元来1つの国ではなく、南北格差があり、マフィア、政界、メディアが複雑に入り組んでいて、歴史を紐解くと、イタリアはどこかアメリカに似ていると思いました。

「Loro」鑑賞後、折角なので「グランドフィナーレ」、「イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男」を観ました。

「イル・ディーヴォ」は「大統領の陰謀」的な史実に基づいて政治家の闇を暴いた作品ですが、あまり知ることのないイタリア近代史とその国家の脆弱さの理由が垣間見れ、とても興味深い作品でした。主人公である政治家アンドレオッティが暗躍?していた時代を知るイタリア人にとってはより興味深い作品だったのではないかと思いました。監督のマニアな美意識も見て取れますが、主人公の立場を鑑みると、バランスが取れている感じがしました。「ゴッドファーザー3」と同じ時代で、革新的なヨハネ・パウロ1世の暗殺が物語の中心らしく、2作の登場人物が重なるので、忘れる前に観ようと思っています。

「グランドフィナーレ」は意外にも!?良かったです 笑 美意識と完璧さと説教の三つ巴を覚悟しながら鑑賞しましたが、舞台がスイスの高級保養施設なので、奇をてらったカットも、背景が雄大な自然ですと癒される部分も多かった気がします。監督へのインタビューによりますと、クリエーターである自分が高齢になった時、どんな気持ちになるのか?というのが作品の原点だったそうで、それは、その年齢の人が描く方がリアルだろうと思いつつ、彼の年齢から”老人がどのように考えるのか?”というのが見どころなのかと。ラストで、身体的に老いゆく自分を自嘲した主人公フレッドに向かって、施設医が”貴方の外側で待っているのは若さ(Youth)です”というような一言がありましたが、老いたら、周りから若さを取り入れよう、という考えに着地したのでしょうか?加齢と共に興味も変わると思うんですけどね。塩野七生さんのエッセイにて、フェリーニ監督が「若い世代に興味がないのは、自分なりの青春を充分に生き、それを過ぎた今は今なりの生き方を充分生きたいと思うので、他人の青春なんかかまっている暇はない」とおっしゃっていたと書いてあり、多分、そういうものじゃないのかと思いました。やりたいことは全部やったんでしょうね 笑 今は人工的であっても若さや美しさが最重要で、老化への心配は昔より大きいんでしょうか。

そんなわけで、老いについては気に留めずに保養地での出来事を淡々と鑑賞してましたが、映像における老いと若さの割合が7:3程度でバランスも良く、それぞれの人生が上手に描かれていて、良い映画を観たという印象です 笑 俳優陣も良かったですね。トレイラーを見直して思い出しましたが、俳優さんたちがしっかり食べ物を食べているシーンが珍しかったです。オペラ歌手が衣装のままガッツリ食事をしている姿に驚き、その後は主要俳優陣もしっかり食事をしていて、日常を見ている感覚になりました。あと、ヴェネチアの水没シーンはCGでしたが、数週間前、連日の大雨でサンマルコ広場があれくらい水没した映像をニュースで見て、映画を撮影した当時はこんなことにはならないと思っていたと思うと、異常気象が激しくなっていますね。
この2作から観ていれば、ソレンティーノ作品への不快感、あまり感じなかったかもしれません。地味な作品なので、DVDショップの店員さんも、最近のイタリア映画のお勧めには思いつかなかったんでしょうね 笑 

Nick

Date2020.01.09 (木) 20:02:59

>ベルルスコーニという人物は自分の野望を市井の人々の希望にすり替えることで台頭してきた人物

まさにそんな感じでしたね。
トランプ大統領なんかもそうですが、保守的なブルーワーカーに支持者が多いみたいですね。
誰もがベルルスコーニやトランプ大統領みたいな富豪になれるわけではないのに不思議な気もしますが、
そういう人たちの希望につけ入ることに長けているということなんでしょうね。
ベルルスコーニはセールストークはうまそうでしたし……。

「イル・ディーヴォ」は「マニアな美意識」の部分がちょっとおもしろかったです。
「ゴッドファーザー3」に関しては公開当時に観たのですが、現実をモデルとした話だとは知りませんでした。
当時はネットもなくて調べようもなかったということもありますし、単なる歴史オンチだからかもしれません。

「グランドフィナーレ」は老いを題材にしていながらも原題は「Youth」でしたね。
「周りから若さを取り入れよう」という意識もあるのかもしれませんね。
フェリーニ監督の言葉は確かにすべてやり切った感はありますね。
そんなにフェリーニ作品を観ているわけではないですが、
「甘い生活」みたいな暮らしをしていたとしたら、そういう気持ちになるんでしょうね。
「サテリコン」のローマの酒池肉林の世界には圧倒されました。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>休暇中の中で from 笑う社会人の生活
18日のことですが、映画「グランドフィナーレ」を鑑賞しました。 80歳になり現役を退いたイギリス人作曲家フレッドは親友の映画監督ミックと共にアルプスの高級ホテルで休暇を満喫していた ある日 エリザベス女王の使者が彼を訪ね フレッドの代表作を女王のため演奏して... >READ

2016.05.16

>>映画:グランドフィナーレ youth ところどころマジカルなシーンはあるのだが、どうも相性が良くないらしい? from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
前作「グレート・ビューティー 追憶のローマ」はぶっちゃけ、全く受け付けられなかった。 <評論家筋で高く評価する人が多く、公開日にさっそく。 <今年のベスト10入りもありかも?と期待しながら… <どうしても思い出してしまうのが、フェリーニ「甘い生活」 <だがこちらのソレンティーノ監督版では、残念ながらそこ... >READ

2016.09.06

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR