『蜜のあわれ』 人を好きになるということは、愉しいことでございます。

 室生犀星の同名原作の映画化。
 監督は『狂い咲きサンダーロード』『シャニダールの花』などの石井岳龍

石井聰亙改め石井岳龍 『蜜のあわれ』 赤井赤子(二階堂ふみ)は老作家(大杉漣)の妄想から生まれる。

 成瀬巳喜男『あにいもうと』『杏つ子』の原作者として室生犀星という名前は知ってはいても作品そのものは読んだことがなかったのだけれど、この原作小説は会話だけですべてが成り立っている破格な作品。状況を説明する地の文が一切ないから、そこがどこなのかも時代がいつなのかもわからないし、金魚でもあり女の子でもある赤井赤子の造形に関しても語られることがない。たとえば赤井赤子はこんなふうに老作家に言う。

 おじさま、そんなに尾っぽをいじくっちゃだめ、いたいわよ、尾っぽはね、根元のほうから先のほうに向けて、そっと撫でおろすようにしないと、弱い扇だからすぐ裂けるわよ、そう、そんなふうに水をさわるように撫でるの、なんともいえない触りぐあいでしょう、世界じゅうにこんなゆめみたいなものないでしょう。


 これは金魚の言葉でもありながら女の子の言葉でもあるわけで、女の子のそれとして聞くと妙になまめかしい。原作ではこのあたりは官能小説風に読まれ、読者は好き勝手な想像を膨らませることもできる。けれど映画化となると会話からすべてを想像して世界を構築しなければならないわけで、これはなかなか厄介な映画化だったのではないかという気もする。
 金魚が人間のように振舞うというアイディアは『崖の上のポニョ』みたいだけれど、それアニメではなく実写でやるとなると演じる側が大変だ(ヘタすればまったく酷い代物になる可能性もある)。この作品の二階堂ふみは原作小説が好きだったとのことで、難しい役柄を思い切りよく愉しそうに演じていてこの作品を牽引していたと思う。

『蜜のあわれ』 二階堂ふみの衣装は金魚をイメージした赤が基調となっている。

 赤子は終始赤い衣装で登場し、昭和風のイントネーションでどこか別世界の雰囲気を醸し出している。自分を「あたい」と呼ぶ赤子はまだまだあどけない部分はあるけれど、妙に艶っぽい女となる瞬間もあって、二階堂ふみは『この国の空』に続いてギリギリのところまで露出して張り切っている(クローズアップの真ん丸いお尻だけは代役か?)。
 官能的で幻想的でもあるけれど、コミカルな要素も大きい。赤子は動くたびにポチャンという水の音を響かせ(サザエさんちのタラちゃんみたいに)、本当は3歳っ子の金魚だということを思い出させる。加えて二階堂ふみ自身が振り付けしたという創作ダンスというミュージカル的な側面もあって、珍品だけれどとても愉しい作品になっていると思う。
 金魚の赤に対抗するように白い装束の幽霊も登場する。これもまた作家の妄想が呼び出したものだろう(映画のなかでは誰かが会いたいと思ってくれるとこの世に現れることができるとされる)。この幽霊を演じるのが真木よう子で、なぜか脈絡なく観客へのサービスのごとくに赤子といちゃついて、二階堂ふみの胸を揉みしだくシーンもある。

 作家の妄想が作品そのものとなっているあたりは『女が眠る時』あたりと似ているのだけれど、その妄想のはじけっぷりは『蜜のあわれ』のほうが愉しい。金魚が女の子になるばかりか、それが胃のなかに入って、そのぬめぬめで胃潰瘍を治してくれるなんてバカバカしいことを平気で語ってしまうのだから。
 映画版では原作には登場しない芥川龍之介(高良健吾)が登場する。若くして自殺した芥川に比べ老作家は駄文を書いて生き永らえているという劣等感もあるようで、小説『蜜のあわれ』は室生犀星の晩年の作らしいのだけれど、どこかやぶれかぶれみたいに感じられるところがいい。老作家(大杉漣)は自分が創造したはずの赤子に翻弄され、次第に持て余すようになり、赤子と本気になって喧嘩を始めるあたりもおかしい。

蜜のあわれ [Blu-ray]


蜜のあわれ [DVD]



蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ (講談社文芸文庫)


関連記事
スポンサーサイト
Date: 2016.04.06 Category: 日本映画 Comments (0) Trackbacks (4)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>蜜のあわれ from 象のロケット
老作家の書斎にやって来る愛くるしい少女・赤井赤子。 自分のことを「あたい」と呼ぶ彼女は我儘を言ってばかりだが、老作家は彼女とのおしゃべりを楽しんでいる。 ある日、老作家の講演会を聞きに行った赤子は、客席で儚げな和装の女・田村ゆり子と出会う。 老作家の古い知り合いらしいゆり子は、赤子と作家との関係が気になるようで…。 ラブ・ファンタジー。 ≪人を好きになるということは愉しいものでございます。≫ >READ

2016.04.07

>>「蜜のあわれ」文芸のかほり☆衣裳展でなりきる from ノルウェー暮らし・イン・原宿
室生犀星原作の「密のあわれ」の映画化。 妖艶でエロチック、なのに健康的で可愛らしい、金魚なのに人間、人間なのに金魚がここまでしっくりくる女優さんって、他にはいないよね。 文芸のかほり高き本作は、今すぐ原作を手に取って、そしてもう一度観たくなる幻想的で小悪魔的できわどくエロティックなのにキュートでちょっとコミカルな物語。 >READ

2016.04.07

>>『蜜のあわれ』 官能と老残と from Days of Books, Films
『蜜のあわれ』は、映画と小説についていろいろ考えさせてくれる。 原作者である室生 >READ

2016.04.16

>>蜜のあわれ from 映画的・絵画的・音楽的
 『蜜のあわれ』を新宿バルト9で見ました。 (1)二階堂ふみが主演の作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、花が咲いている庭の木がカーテン越しに映しだされ、また老作家(大杉漣)が原稿を書いている机の上には、花が活けてある花瓶が置か... >READ

2016.04.21

プロフィール

Nick

Author:Nick
新作映画(もしくは新作DVD)を中心に、週1本ペースでレビューします。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド

広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ


ブログランキングに参加しました。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR